永遠の夢に向かってホンダ シティ

 

ホンダ シティ

ホンダ シティ

















honda1.jpg






honda2fgfgfg.jpg






hondahrhfhfhf3.jpg


















本田技研工業株式会社

































ホンダ シティが初登場したのは1981年11月11日のことです。当時のホンダは今のように「軽自動車」「コンパクトカー」「ミニバン」と言う印象がありません。「シビックが売れているから増産しろ!」「大排気量のアコードを製造して海外に売り出すぞ!」等々、スポーツ分野・セダン分野と言った車種を続々と作り上げていました。ですが当時、大きな問題が生じました。スポーツ・セダン分野ばかりに集中したため、ホンダのコンパクトモデル「ライフ」の製造を中止したのです。確かに大型車種が売れているのはありがたいが、これではコンパクトモデルを求める客層を逃がしてしまう!そこで急遽、1,000cc~1,200ccぐらいの排気量を持つ車、尚且つコンパクトモデルとして「シティ」が誕生したのです。このシティは一見すると「軽自動車のような見た目」ですので、見た目からは到底、ある意味伝説のマシンとは見えませんよね?しかし伝説となったのは「1982年以降」に発売された「ターボモデル」「ターボIIモデル」「カブリオレ」です。伝説となったモデルとしてまず紹介するのは1982年に追加された「ターボモデル」です。1981年に発売されたシティは確かに利便性は良かったものの、残念ながら「パワー不足」に悩まされていました。そこで当時のホンダは「それならエンジンを改良しよう」とのことで、小型ターボ+電子燃料噴射装置「PGM-FI」搭載したエンジンを開発したのです。このエンジン、特に何の変哲もなさそうですが実はこれヘリコプターやジェット機に用いられる「ガスタービンエンジン」を参考にして作り上げたエンジンなのです。もともと自動車メーカー「クライスラー」が1963年にガスタービン搭載モデルを完成したことがきっかけになりました。当初50台しか生産されなかった「実験機」でしたが、ガスタービン搭載のエンジンがどれだけ魅力的か? と言うのを世界にアピールするには十分な代物でした。ホンダの社内でも小型のシティであれば、ガスタービンエンジン特有の「小型」「高出力」「高馬力」は非常に魅力的になると考えたのです。確かにガスタービンを参考にすれば小型ターボを開発するのも容易でしたが、ガスタービンエンジンの欠点である「燃費」「環境配慮(排気ガスによる大気汚染)」がネックになりました。そこで当時のホンダは「できない」で終わらせず「ガスタービンエンジンの魅力+ガスタービンの欠点が無いエンジンを作ろう」と言うところに至ったのです。その結果、小型のターボを搭載しつつ後にホンダの車・バイク等様々な場面で利用されることになる「PGM-FI」を開発したのです。小型でありながら高出力のパワーを生み出せるとあって、シティとの相性は抜群でした。その恩恵もあってか発売当初の最高出力「67PS/5,500rpm」遥かに超える「100PS/5,500rpm」と言う数字を叩き出したのです(カスタマイズによっては100PSを遥かに超える出力を出せると話題にもなりました)車重についても「655~745kg」と言う今では考えられない軽量ボディのため、改造次第では他の車が追いつけない程の速度を搾り出せる車に変わったのです。そうなると車好きの若者の間で発売当初のモデルではなくターボモデルが人気を博したのです。このようにターボモデルが大人気となりましたので、ホンダはより洗練されたシティを追加しました。ホンダシティはターボモデルでとんでもないエンジンをシティ内に詰め込みました。しかし出力は向上したものの、ホンダ社内では馬力不足が悩みどころで「どうしたら馬力不足を改善できるだろう…」と言う会議が日夜行われていました。そこで1983年10月26日に馬力不足を改善し、より出力を向上させた「ターボⅡモデル」を市場へ投入しました。こちらは伝説と言うよりも搭載されているシステムが話題になりました。それが「スクランブルブースト」です。このシステムは回転数が3,000rpm以下の際、アクセルを全快にすると約10秒間の間、過給圧が10%向上する特殊なシステムです。これによりエンジン内部へ強制的に圧縮された空気が入り込むためカタログスペック以上の出力・馬力を向上させることができたのです。もちろん、そのシステムによりエンジンを駄目にしないよう「インタークーラー」が付属していますので、よっぽどエンジンをカスタマイズしなければ壊れることは少ないです(しかし当時は非常に改造しやすい車種だったため出力を向上させるためにカスタマイズする方が後を絶ちませんでした…)今のホンダでは考えられないような、とんでもないエンジン・とんでもないシステムを搭載したシティ。しかし当時ある意味「変態」と呼ばれたホンダの勢いは止まりません!では次のシティはどんなモデルへと変化したのでしょうか?「ターボモデル」「ターボIIモデル」と数々のシティを世に送り出してきたホンダ。続くモデルもさぞすごいのだろうと、ホンダ愛好者やスポーツカー好きは登場を待ちわびていました。そして迎えた1984年7月4日、ホンダ愛好者・スポーツカー好きの予想を大きく超える「カブリオレ」が登場したのです。エンジン等の仕様変更は無かったものの、予想を大きく超えたのが車のデザインです。カブリオレには3つのデザインがあります。1つ目はターボIIとそこまで変わらないデザインです。こちらはあくまでも外装を少し変更したモデルでしたので特に驚くところではありません。多くの人を驚かせ伝説となったのは2つ目のモデルと3つ目のモデルです。2つ目のモデルは普通車では初めてとなる幌付きのオープンカーです。当時、マツダのロードスターは発売されていなかったため「オープンカーに乗りたい!」と言う方々のニーズを満たし大ヒットになりました。もちろんエンジンの仕様に変更はありませんので、オープンでありながら軽量ボディにスクランブルブーストと言う組み合わせですので、速度を出せば出すほどスリルあるドライブを楽しめます。3つ目のモデルは「フルオープン」です。フルオープンとのことでフロントガラスのみであとは潔く窓がなくなっています。まるで外車のように思える車でしたが、あまりにも不評だったため今では2つ目のモデルまでとなっています。2つ目・3つ目のモデルは今のホンダにはない「破天荒」なデザインとして大きな話題となりました。そして当時のホンダを物語る「やってみよう!」と言う物作りに対する挑戦意欲、情熱を感じられます。現在のホンダも当時のような物作りに対する挑戦意欲・情熱が戻れば良いのですが……












STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif