永遠の夢に向かってエディ・コクランの時代

 

エディ・コクランの時代

エディ・コクランの時代

















maxresdegdfgdfgd.jpg



















Beautiful Rockabilly


















































ロック 、ロックン・ロール、ロカビリーを語る上でエルヴィス・プレスリーの存在は欠かせない。そして、ロカビリーの原点は彼のサン・レコード時代の録音にある、ということもよく知られている。しかし、ロカビリーとロックン・ロールは必ずしも明確には区別されてはいない。そこで、エルヴィスのサン・レコード時代の録音がロカビリーの原点とするならば、何をもってロカビリーなのかを「音楽学」的に考えてみたい。ロカビリーを「音楽学」的に考えることは、後のロックなどのポピュラー音楽研究にも有効である。ここでのロックは次のように説明できる。1955年からのポピュラー音楽の支配的なタイプ。この用語は、厳格な狭義では1960年代半ばに表われた音楽スタイルを指し、広義ではロックと1950年代後半と1960年代前半に普及したロックン・ロールを含む。その2つのスタイルは沢山の類似点をもつ。両方とも電気増幅を用い、電気楽器 (通常はリード・ギター、ベース・ギターとドラムズの顕著なリズムセクション、そして時にリズム・ギターと鍵盤楽器)は 強いリズミック・ドライヴをもっていて、聴取者をダンスまたは他の方法でリズミカルに動かし元気づけようと仕向け、原則的に若い人々に訴える。そういった特定のタイプの音楽が「ロック」と称される一方、ロック・スタイルは 多くの他のポピュラー音楽と用語に影響を与え、特に1960年代中盤以降の全てのポピュラー音楽を包括するように使われている。ロックン・ロールは、大体次のような特徴をもつ。ロックン・ロールはレコードが米国のポピュラー音楽の普及の主要メディアとして 最終的にシート・ミュージックから取って代わったときに出現した。それはよくビル・ヘイリーと彼のコメッツがビルボードに米国での売り上げとラジオ放送で最も人気があると 判断された週の初めである1955年7月29日に始まったとされることが多い。これはスタイル的には革新的な歌ではなかった。—中略—1950年代半ばのロックン・ロールは、それより何年か前のリズム・アンド・ブルーズから発展していった。リズム・アンド・ブルーズの曲の構造は主にブルーズの構造が基になっていた。一連のコーラス部分のそれぞれが計三つの4小節の楽句から成り、和音の組織はI-I-I-I、IV-IV-I-I、V-IV-I-Iのようになっている。時々小さなヴォーカル・グループを伴うソロ歌手を当時のジャズと共通した楽器を用いたアンサンブルが伴奏した。リズム・セクションはウッド・ベース、ドラムズ、そして時に鍵盤楽器が入った。一つまたはそれ以上の電気増幅したギター又はエレキ・ギター、そしてサクソフォン、また時には他の管楽器も入った。 歌唱スタイルはブルーズとオーセンティック・ジャズのものである。粗い、ザラザラしたしわがれ声で表情豊かに歌い、多くの装飾音をいれる。歌は適度に速い4/4拍子で、重いダウン・ビート、2分と4分音符の強いバック・ビート、そしてテンポの速いジャズの躍動的なリズムを伴う。彼は米国では107曲のトップ40ヒットを持ち、死後にリリースされたトリビュート盤やRCAからの 『エルヴィス・サン・セッション』(1987年) 、出版された本の数などを考えても、その影響力は大きい。

ロカビリー(rockabilly)は、1950年代に誕生した音楽。RABなどと略記する場合もある。当時はロッカビリー(Rock-A-Billy)と呼ばれ、バップ(黒人ブルースマンなどが、床を'TAP'するより強く'BOP'した個人ダンス)やジャイヴ、ジルバを踊った。1950年代初期のアメリカ南部、メンフィスなどの地域において、黒人音楽のブルースから生まれたロックンロールと白人音楽のヒルビリーやカントリーが融合して生まれ、1954年から数年間流行した。1950年代当時のロカビリーは、ビル・ヘイリーやエルヴィス・プレスリーらの人気シンガーがブームの牽引役だったが、やがてそのウッドベースによるダイナミックなスラッピングベースもエレキベースに取って代わり、鋭い切り口は1957年ごろには削られ60年代のツイストブームやソフトな大人受けするポップミュージックの台頭により人気が廃れてしまう。然しながら1970年代のパンク・ニュー・ウェイヴなど他のジャンルに影響を受けて、70年代末から80年代前半にネオロカビリー(Neo Rockabilly)というブームが訪れた。ネオロカビリーはネオロカともいう。 ロカビリーに欠かせない音楽的特徴として「スラッピングベース」奏法(コントラバスの弦を指で引っ張りつつ滑離し、低音とネックに当たる「カチッ」という中高音をミックスさせた音を出し、更に手の平で弦をネックに叩きつけてパーカッション効果を出す)が挙げられる。1920〜30年代、黒人のスイングバンドでは必須の奏法であった。日本では1970年代後半から80年代初め、オールディーズブームと共に一部、50sファッションやコントラバスをスラップする音楽スタイルが見られたが、90年代のバンドブームにより多数の本格的なロカビリーバンドが登場し、音楽のみならずフラットトップやダックテール(ロカビリーのヘアスタイル)および50sアトミックデザインの生活用品やパターン、バップとジャイブ(ロカビリーのダンススタイル)と言った『ライフスタイル』のひとつとして認識され始める。2005年、湯川れい子・小野ヤスシ・高田文夫らにより「全日本ロカビリー普及委員会」が発足。その会長に日本を代表するロカビリーシンガーのビリー諸川が就任した。歌い方はしゃっくりするように語尾をしゃくりあげるヒーカップ唱法、どもるように口ごもって発音するマンブリング唱法、従来からのカントリー系の歌唱方法であるホンキートンク唱法、また器楽の特徴ではスイングバンドの黒人ベーシスト特有のウッド・ベース奏法であるスラップ奏法やカントリー〜ロカビリーのギター奏法であるギャロッピング奏法が用いられることが多い。エレクトリックギターはグレッチ(エディ・コクラン)かギブソン社のフルアコースティックギター(スコティ・ムーア)で、ベースはウッドベースを使用するイメージが強い。ホロー・ボディーのギター以外にもカントリー用として開発されたテレキャスターもゆるがせにできないだろう。例えば、ジェームズ・バートンはミスター・テレキャスターの異名を持つ。












STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif