スバリスト

スバリスト

















世界販売台数では国内メーカー最小も利益率では純利益はトヨタ、ホンダ、日産に次ぎ4位という高い収益のスバル。そのスバルにはなんといっても熱狂的なファンである「スバリスト」がいるのが強みで、特にアメリカを中心に海外でスバリストが急増しており、業界から一目置かれる存在となっている。

















impreza-wrc.jpg


















SUBARU/STI MOTORSPORT | 公式モータースポーツサイト


















































FIA 世界ラリー選手権 (FIA World Rally Championship、通称: WRC) は、FIAが主催する世界各国で行われるラリーの世界選手権である。1973年、それまで世界各地で単独に開催されていたラリーをイベントとして組織化し、世界選手権としてスタートした。市販車をベースに改造した競技車両を使用し、一般道路の一定区間を一時的に閉鎖したり、競技場などの施設内に作られたコースのSSと、一般車に混じり現地の交通法規に従って移動する区間のリエゾンを走行し、SSの合計タイムが最も少ない車両が優勝となる。他の自動車競技同様チームオーダー的行為は禁止されているが、半ば黙認されている。競技車両にはドライバーとドライバーをサポートするコ・ドライバーの2名が乗車し、ドライバーはコ・ドライバーが読み上げるコース上のコーナーや路面状況などを記載したペースノートに従い運転操作を行う。競技時間は基本的に日中だが、イベントに因っては早朝や夜間に行われることもあるため、その場合はライトポッドと呼ばれる高輝度の4連補助灯などを装着する。競技車両は市販車両をベースに製作することと規定されているため外観はベースモデルと大差無いが、特に最上位のWRCクラスが使用するWRカーは、エンジンや各パーツ、駆動方式の変更など、内部は別物となっている。ECUにはSS用の“ステージモード”、リエゾン用で低燃費となる“リエゾンモード”の2種類が設定されており、走行状況に合わせて切り替える仕様となっている。競技ライセンス“国際C級レース除外”を取得し、規定に合致した車両を用意して抽選に通れば、実際にプライベーターとして出場することも可能である。ワークスの車両と同じコースを走りタイムを争い、時にはプライベーターがランキングの上位に食い込むということもある。尚、コ・ドライバーもドライバーと同等の競技ライセンスが必要である。サーキットで行われる周回競技と異なり、一般道路や林道などを一時的に閉鎖して行われるため、設営された観客席は少ない。観客はコースを間近で見られることもあり、熱心なファンは足繁く観戦ポイントに出向く。しかし、車両がコースオフし客席に飛び込む恐れもあるために観戦には危険も伴い、過去には死亡・負傷事故も起こっている。観客達が大きくコースオフした車両をコースに戻したりすることも多々あるが、本来ドライバー、コ・ドライバー以外の人間が競技車両に触れることはルール違反なため、ドライバーはペナルティを受けてしまうことが多い。逆に観客が競技の妨害を行うこともあり、開催中にコース上の冊が閉められたこともある[3]。運営側が観客をコントロール出来ないと判断された場合はSSそのものがキャンセルとなり、実際にラリー・ポルトガルがこの理由で一時WRCから外された。広大なエリアでは、時に観客がプロに代わるカメラマンとして活躍することがある。2005年のキプロス・ラリーでは、フランソワ・デュバルがコースオフ・車両炎上のシーンにおいて、観客が撮影した映像が国際映像として放映された。












STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif