永遠の夢に向かってジャンピン・ジャック・フラッシュ

 

ジャンピン・ジャック・フラッシュ

ジャンピン・ジャック・フラッシュ

















IMG037_convert_20160822040812.jpg

















The Rolling Stones - Jumpin Jack Flash































『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』 (Jumpin' Jack Flash) は、ローリング・ストーンズの1968年のシングル。ミック・ジャガー・キース・リチャーズ作詞作曲。ローリング・ストーン誌は「スウィンギン・ロンドンの超自然的なデルタ・ブルース」と評した。サイケ調アルバムであった『ビトウィーン・ザ・バトンズ』、及び『サタニック・マジェスティーズ』から、ブルースに回帰した作品と見做(みな)されている。この曲と同時期に作られたアルバム『ベガーズ・バンケット』により、ストーンズのブルージーな方向性が再確認された。バンドの代表曲として多くのコンピレーション・アルバムに収められ、「サティスファクション」と共に、バンドのイメージを大きく象徴付けた1曲。ビル・ワイマンは、この曲のメインリフを作ったのは自分だと主張しているが、キースは断固としてその主張を認めていない。但し、ワイマンによるベースラインには工夫の跡が見られ、その主張も強ち的外れではないと言える。モノラル・ミックスのイントロはテープスピード不良によるピッチの揺れが確認できる。ウーピー・ゴールドバーグ主演の映画『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』(1986年公開)の主題歌として起用されたほか、多くのロックミュージシャンは無論、近年ではヒップホップ・ミュージシャンが取り上げるなど、ジャンルを超えて聴かれる機会が多くなっている。『フルハウス』ではこの曲をサイレント演奏するというシーンがある。













STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif