永遠の夢に向かって「砂上の法廷」

 

「砂上の法廷」

「砂上の法廷」

















1458612757.jpg


















映画『砂上の法廷』 公式サイト - GAGA


































「砂上(さじょう)の法廷」

映画の法廷劇に傑作は多いが、ドンデン返しの法廷劇の大傑作は、ビリー・ワイルダー監督の「情婦」だろう。日本語のタイトルには不満があるが、原作はアガサ・クリスティの短編小説を自身が戯曲化した「検察側の証人」である。チャールズ・ロートンが老弁護士に扮し、練達な芝居をみせる。未亡人殺害の容疑者がタイロン・パワー、その妻役がマレーネ・ディートリッヒ。ラストは二重に仕組まれた、みごとなドンデン返しだった。この「情婦」と比べるのはいささか酷だが、このほど見た「砂上の法廷」(ギャガ配給)もまた、鮮やかなドンデン返しの法廷劇だ。映画には、背景の事情などの十分な予備知識があると、より深く広く理解できる場合が多い。逆に、ほとんど予備知識のないまま見るほうが、面白い場合がある。「砂上の法廷」は、あきらかに後者だろう。宣伝の資料には、最小限の概要しかなく、ストーリーの記述も少ない。コピーに「94分、あなたは騙され続ける」とある。多くの伏線が張られ、驚くべき告白があり、最後にドンデン返しがある。騙され続けるのも快感。まさに法廷ミステリーの王道を行く。「騙された、もう一度、よく見てみよう」、そう思う映画だ。キアヌ・リーヴスがラムゼイという敏腕の弁護士に扮する。ラムゼイが世話になっている大物の弁護士ブーン・ラシターが殺害される。ブーンは、自家用のジェット機を所有するほどの金持ちである。ブーンの妻ロレッタ役に、「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガーが扮する。コメディ役もこなすが、もはや熟女、ここでは、シリアスな演技を見せる。ブーン殺害の容疑者が、ブーンの息子で、17歳のマイクである。ロレッタの依頼で、ラムゼイはマイクの弁護を引き受けることになる。マイクは、法律家になろうとしているせいか、法律の知識がある。いざ裁判になっても、マイクは何も語らない。ところが……。ざっとの設定であるが、ドラマは、驚きの連続である。呼ばれた証人たちの証言は、なんだか嘘くさい。突然、今まで沈黙を守っていたマイクが、衝撃の事実を語り出す。ドラマは一気に加速し、法廷は緊張に満ち始める。比較的、無表情な演技の多いキアヌ・リーヴスが、やはり、あまり表情を変えない。弁護側にとっては不利な状況を、なんとか変えていこうと邁進する。さらに、大物弁護士の協力を得て、不思議な才能を持った女性弁護士とチームを組むことになる。「砂上の楼閣」という言葉がある。一見、立派に見えても、基礎がもろくて、長く維持できないもののたとえだ。観客は、ラムゼイたちが担当する法廷が、どのように変化していくのかを見守ることになる。監督は、「フローズン・リバー」を撮ったコートニー・ハント。弁護士の資格を持つせいか、法廷での演出は、ひときわリアル。押さえた照明で撮られた法廷シーンは見事と思う。監督自身、「チャイナタウン」や「評決」へのオマージュと言う。なるほど、そうか。改めて、「情婦」や「評決」を見直したくなった。アメリカの南部。大邸宅に住む大物の弁護士ブーン・ラシターが殺害される。逮捕された容疑者は、ブーンの息子で17歳のマイク(ガブリエル・バッソ)。拘留されたマイクは、何も喋らない。マイクは、父親と同じ法律家を目指していて、法律にも詳しい。ラシターの妻ロレッタ(レニー・ゼルウィガー)は、家族ぐるみでつきあいのある敏腕の弁護士ラムゼイ(キアヌ・リーヴス)に、息子の弁護を依頼する。法廷でも、マイクは発言しない。検察側の証人たちは、マイクに不利な証言をする。ラムゼイは、ある大物の弁護士に協力を頼む。ラムゼイの許に、まだ若いジャネル(ググ・ンバータ=ロー)という女性弁護士がやってくる。ジャネルは、証人の偽証を見破る才能を示し、ジャネルとラムゼイは、検察側の証人たちの偽証を見破っていく。マイクに不利な状況が変化し始めた頃、マイクが衝撃的な発言をする。法廷でのやりとりが一気に変化する。検察側は、マイクの有罪を主張する。弁護側はマイクの無罪を主張する。陪審員が見守る中、果たして、裁判の行方は?(文・二井康雄)













14586127572.jpg


14586127573.jpg















パックマンのゴースト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif