永遠の夢に向かってトウェンティ・フライト・ロック

 

トウェンティ・フライト・ロック

トウェンティ・フライト・ロック

















BCBCBCB


















Robert Gordon - Twenty Flight Rock













































ロバート・ゴードン(Robert Gordon)はアメリカのロック歌手。パンク・ロックからスタートし、1970年代から1980年代にかけてロカビリー・スタイルで活躍。他にもオルタナティブ・ロック、ロックンロールまで幅広い音楽をプレイした。また俳優としてもいくつかの作品に出演している。ワシントンD.C.郊外のメリーランド州ベセスダ出身。1956年、9歳の時にラジオでエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴いてロックンロールを志す。彼は、ジーン・ヴィンセント、エディ・コクラン、ジャック・スコット、ビリー・リー・ライリーなど、当時のスターの曲を片っ端から聴き、影響を受けた。ベセスダのチェビー・チェイス高校では演劇部で「ウエスト・サイド物語」のトニーを演じた。1964年、ザ・コンフィデンシャルズのシンガーとして17歳でデビュー。ゴードン(当時はボブ・ゴードン)をメインシンガーとしてフィーチャーしたコンフィデンシャルズは、「Summertime」,「Money」,「There is something on your mind」など、当時のヒット曲のカバーをレコーディングした(これらの曲は2004年に彼の40周年記念CDがリリースされるまで陽の目を見なかった)。しかしこの頃から、ロックンロールよりも、黒人アーティストのR&Bやソウルミュージックに夢中になる。当時のブリティッシュ・インヴェイジョンにはさほど興味がなく、ジェームス・ブラウン、オーティス・レディングなどのソウルシンガーの方が好みであった。彼はワシントンD.C.の有名なハワード・シアターで働きながら、数多くのR&Bシンガーを間近に観た。反戦ムードが高まった1960年代後半の不穏な時代、彼はワシントンD.C.の州兵として働いた。後に「ベトナム戦争に行きたくなかった。」と述べている。













Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif