永遠の夢に向かって邪魔をするな

 

邪魔をするな

邪魔をするな

















o0ibhj17_convert_20160807013954.jpg



















Rolling Stones - Doncha Bother Me


































『アフターマス』(Aftermath)は、1966年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。本作は、ジャガー/リチャーズによるオリジナル曲のみで構成された最初の作品で、ストーンズの重要なターニングポイントとなった作品。本作も、ブライアン・ジョーンズによる実験的な作品とも言える。「マザーズ・リトル・ヘルパー」は、ビートルズの「ノルウェーの森」でジョージ・ハリスンがシタールを使ったことに影響されて導入。さらに「レディ・ジェーン」「アイ・アム・ウェイティング」では、ダルシマーを使用した。それとは対照的に、キース・リチャードはギターの演奏に集中した。本作レコーディング前からミックとキースによるバンドの支配が強まり、結成時からのリーダーであったブライアンはフラストレーションが高じることとなった。彼は、そのはけ口として様々な楽器を演奏するようになる。ブライアンのバンドへの寄与は、1969年6月の脱退までますます減っていった。イギリスではシングル「19回目の神経衰弱」と「黒くぬれ!」の間にリリースされ、UKチャートに8週記録された。イギリス盤のジャケットには白抜きの「AFTERMATH」の文字に紫色の影が加えられた物が初期にごくわずかリリースされ、現在はコレクターズアイテムとなっている。アメリカでは14曲は多すぎると考えられ、「マザーズ・リトル・ヘルパー」「アウト・オブ・タイム」「テイク・イット・オア・リーヴ・イット」「ホワット・トゥ・ドゥ」がカットされ、シングルNo.1となった「黒くぬれ!」を加えた11曲でリリースされた。ジャケット写真も変更された。アンドリュー・ルーグ・オールダムとストーンズの妥協にもかかわらず、アルバムチャートで2位を記録し、プラチナ・アルバムを獲得した。2002年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」において、108位にランクイン。その8月には、イギリスとアメリカ両ヴァージョンがアブコ・レコードによるリマスタリングで、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif