永遠の夢に向かってヒューマン・ベインズ

 

ヒューマン・ベインズ

ヒューマン・ベインズ

















NYC-サンクスギビング-メイシーズ-パレード

















The Human Beinz - I've Got To Keep On Pushing
































米国オハイオ州ヤングスタウンで結成されたガレージ・サイケ・バンド。リードギター「Richard Belley」,リズムギター「Ting Markulin」,ベース「Mel Pachuta」,ドラム「Mike Tatman」が結成メンバー。1968年米国8位の「Nobody But Me/ノー・ノー・ノー」が代表曲。地元クラブなどでの活動を経てローカル・レーベル「Gateway」で複数曲を録音。1967年には「Capitol Records」と契約してシングル「Nobody But Me」及び同名アルバムでデビュー、同アルバムからセカンド・シングル「Turn On Your Love Light」も米国80位を記録しますが、1968年リリースのセカンドアルバム「Evolutions」が不発に終わり早々に解散。また同68年に来日公演を果たし日本のみのシングル「Hold On Baby/ホールド・オン・ベイビー」、ライブ・アルバム「In Japan」などのリリース。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif