永遠の夢に向かってパリ 狂騒の1920年代

 

パリ 狂騒の1920年代

パリ 狂騒の1920年代

















metro19.jpg

















1920s Paris

































1918年の第一次大戦終結の後、1920年から1929年まで、パリは様々な人々が集まり「狂騒の20年代」を形作った。ピカソ、モディリアーニ、シャガール、ダリ。アヴァンギャルド、シュルリアリズム、アール・デコ、ジャズ・・・。世界各地から芸術家たちがパリに集まり、現代ヨーロッパ文化の基礎とも言うべき巨大なうねりを生み出した。フランス・テレビジョンは、この時代のパリを記録した白黒映像をカラー化した。戦争の痛みを忘れ、つかの間の平和を謳歌しようとした華やかなパリの姿がよみがえる。極彩色のスカラ座のレビュー、ジョセフィン・ベーカーの褐色の肌を引き立てる青い衣装、ドーヴィル海岸で派手な水着の女性と楽しむ藤田嗣治の姿など、1920年代の風俗や流行が鮮やかにカラーで再現されている。その一方で、人類初の大規模な殺戮が繰り広げられた第一次世界大戦の後遺症や、戦後の荒廃から簡単には立ち直れなかった農村部の貧困などもカラー化によってより生々しく描かれている。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif