終りなき夏

終りなき夏

















featureopen.gif


















THE ENDLESS SUMMER 2



































「ビッグ・ウェンズデー」より遙か以前に製作されたサーフィン映画「終りなき夏」の30年ぶりの続編。前作に引き続き“終わりなき夏”を追い求める若者の話。世界中を旅する二人の若者の、夏と波、そして友情を描いていく。コスタリカでは、前作に登場したサーファーとの競演も見られる。現役のトップ・サーファーが大挙出演しているのも見どころの一つ。1964年に撮られたサーフィン・ドキュメントの代表作『エンドレスサマー』は5万ドルという低予算で制作し、全世界で3千万ドル以上の収益をあげた、永遠不滅のサーフィン・ムービー。本格的なサーファー映画として製作者とサーファー2人のたった3名で作られた異色の映画として知られる。当時28歳のブルース・ブラウン、そして21歳と18歳のマイク・ハインソン、ロバート・オーガストの2人のカリフォルニアのサーファーは、世界中を旅すれば必ずどこかに夏があることを利用して世界中の夏と新しい波を追い求めていく旅の計画を立てて(サーフワックスとバンドエイド1枚で?)実行に移していく。サーファーたちの究極の望み『終りなき夏』の旅を実現する唯一の方法は夏を追って世界中を旅すること。 さまざまな人との出会い。危険な海でのライディング、最高の波を見つけた喜び……。二人の心に刻まれた夏に終わりはない・・・撮影は3年6ヶ月を要した。訪れたのは、初めて入る不安の中でのライディング=セネガル、未開の地でフレンドリーな地元の人たちと触れ合う日々=ガーナ、水温30℃=ナイジェリア、南アフリカ(民族大移動=ケープタウン、ヒッチハイクと砂漠横断の末にたどりついた究極の波=ケープ・セント・フランシス)、波のないサーフスポット=オーストラリア(途中、波の有るワイメアベイ)、パーフェクトグーフィー=ニュージーランド、アウトに向かって波乗り=タヒチ、「常夏の国」ハワイなどであった。現在のように交通網も情報網も発達していない時代にカメラ1台とサーフボードを肩に、秘境ともいえる場所での撮影は困難を極めたが、台本無しのハプニングの連続や新発見などをドキュメンタリー風に仕上げたストーリー構成はサーフィンを知らない人々の冒険心をもくすぐり、当時の「ライフ」「タイム」「ニューヨーカー」「プレイボーイ」誌などで絶賛され全米だけでなく世界的にも大きな話題となった。そして30年後、ブルースは再び『終りなき夏』を求めたノンストップのスリルを求めた冒険旅行記『エンドレスサマーⅡ』を監督し、アメリカでオープンニングの興行成績10位を記録するという評価を再び得たのだ。ある晩テレビで伝説のサーフィン映画、“エンドレス・サマー”を見た2人の若者 、黒髪のロバート・ウィングナット・ウィーバーと、金髪のパトリック・オコーネル。サーフボードもロングとショートと好対照な二人は、全てのサーファーの夢、『終りなき夏』を追いかける旅に出発する。コスタリカ、フランス、南アフリカ、フィジー、オーストラリア、インドネシア・・・。ワールド クラスのサーファー達や未開の波と出会い、時には猛獣に追いまわされながら、二人の冒険の旅は続く。なぜ30年もたってから、「エンドレスサマー」の続編を作ったのか?「エンドレスサマーⅡ」を作って-番多く聞かれる質問がこれです。私の答えは、「自分の見たい映画がなかったから・・・」「エンドレスサマー」の後、サーフィンにまつわる冒険、その楽しさ、そしてサーフィン精神を描いた映画を誰も作らなかったからです。  30年前に比べて世界は大きく変わりました。サーフィンも例外ではありません。ショートボードやパワーコード、ウェットスーツなどによって、技術的には格段の進歩を遂げました。しかし、サーファーの心はどうでしょうか?本物のサーファーの精神は 当時と全く同じです。地球上のいたるところで、自然が我々に波を与えてくれる、しかもひとつとして同じ波はない。その事実に驚き、そして感謝する気持。初めての場所に行く時のわくわくした気持、未知の文化に対する興味、新しい友達を作り、旧友との 再会に心を躍らせる。こういったことは、変わっていないし、これからも決して変わらな いでしょう。なぜなら、それがサーフィンの、そしてサーファーの本質だからです。この映画のカメラクルーは少人数でもベテラン揃いで、サーフィンシーンの撮影 では、世界最高のレベルの者ばかり。最悪のコンディションでも、仕事を完成させる ことができました。また、みんな仕事熱心で時にはこちらの方が心配になることも・・・特に南アフリカのライオンシーンの撮影では、本当にひやひやさせられました。ライ オンがその気になれば、防ぎようがなかったでしょう。サーフィンシーンの撮影中には、水中カメラマンが波に飲まれ、リーフに叩き付け られることもありました。いいショットを撮るためには、一番いい場所「インパクト・ゾーン」 でカメラを構えていなくてはなりませんから……。息子のディナと私は、脚本、撮影、編集と2年間以上、時には1日18時間以上、 休みなしでこの映画にかかりきりでした。「エンドレスサマーⅡ」は、楽しい、リラックス した映画に仕上がっていますが、作る側もそうだったというわけではなかったのです。「エンドレスサマーⅡ」は、サーフィンと、そして世の中の良い面に焦点をあてて います。結局我々は、毎日、新聞やテレビで悲観的な世界をいやというほどみている のですからね。せめて、映画を見ている時くらいは、楽しくハッピーになってほしい。それが、私の望みです。                         

監督 ブルース・ブラウン















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif