永遠の夢に向かってヒューイ・"ピアノ"・スミス

 

ヒューイ・"ピアノ"・スミス

ヒューイ・"ピアノ"・スミス

















021-68330.jpg


















Huey "Piano" Smith & The Clowns - Don't You Just Know It







































ヒューイ・"ピアノ"・スミス (Huey "Piano" Smith) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズのR&Bピアニスト。1950年代より自身のバンド、ザ・クラウンズを率いて活躍。底抜けに明るいノヴェルティ・ソングの数々を生み出した。そのサウンドは、ドクター・ジョンらニューオーリンズのミュージシャンたちに影響を与えるに留まらず、ロックンロールのサウンド形成にも大きく寄与したといわれている。ヒューイ・スミスは、1934年1月26日、ニューオーリンズに生まれた。15歳の頃からニューオーリンズのクラブ・シーンで活動するようになり、ギター・スリム、アール・キングを始め、スマイリー・ルイス、ロイド・プライスなど数多くのアーティストのバックを務めるようになった。リトル・リチャードのバンドでも活躍し、彼のレコードでもピアノを弾いている。1957年、ヒューイ・"ピアノ"・スミス&ザ・クラウンズを結成。ジョニー・ヴィンセントのエイス・レコードと契約し、同年"Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu"をリリース、これがR&Bチャート5位を記録するヒットとなった。クラウンズは、60年代にかけて他にも"Don't You Just Know It"、"High Blood Pressure"、"Pop-Eye"などの楽曲を世に送り出している。クラウンズの歌手は、この数年の間にボビー・マーシャン、ジェリー・ホール、カーリー・ムーアと変わっていった。60年代に入ってエイスとの契約が終了すると、スミスはインペリアル・レコードと契約するが、エイス時代の成功を再現するには至らなかった。この後、スミスはエホバの証人となり、音楽活動から引退した。以降、何度か単発的なカムバックはあったものの、今日まで本格的に音楽活動を再開してはいない。日本では、2005年に放映されたサントリーの飲料「DAKARA」のCFに、スミスの"Don't You Just Know It"使用され話題となった。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif