永遠の夢に向かってI GET AROUND FOR PUNKS

 

I GET AROUND FOR PUNKS

I GET AROUND FOR PUNKS

















budweise2.jpg
















I GET AROUND - THE BEACH BOYS Pop Punk Cover







































パンク(punk)は、パンク・ロックを中心に発生したサブカルチャーである。音楽、イデオロギー、ファッション、アート、ダンス、文学、映画などの表現形態がある。パンクは独自に派生を遂げた小さな派閥から構成されており、その一部はさらに発展してパンクとは異なる独自のサブカルチャーを形成するに至っている。パンクというサブカルチャーを体現する人々をパンクス (punks) と呼ぶ。1人の場合はパンク (punk) である。なお、本来は「青二才、チンピラ、役立たず」などを意味する俗語。パンクは1970年代中頃、アメリカとイギリスで生まれた。具体的な発祥地ついては諸説ある。オーストラリア、南アフリカ共和国、日本の大都市でも比較的初期にパンクの影響が見られた。初期のパンクは様々な影響から生まれたもので、Jon Savage はこのサブカルチャーを、西洋で第二次世界大戦以後に存在したあらゆる若者文化を「安全ピンでまとめてとめた」ような「ブリコラージュ」だと称した。様々な哲学的ムーブメント、政治的ムーブメント、芸術的ムーブメントがこのサブカルチャーに影響を与えた。特にパンクはいくつかのモダンアートの系統に触発されている。パンク的美学の形成には、多くの作家、書籍、文学運動が重要な役割を果たしている。パンク・ロックにはロックンロールだけでなく様々な音楽的起源がある。最初期のパンク・ロック(後からプロトパンクと呼ばれるようになった)は、1960年代末のアメリカ北東部でのガレージロックのリバイバルを始点とする。最初に当時から「パンク」と呼ばれる音楽が登場したのは、1974年から1976年のニューヨークでのことである。それとほぼ同時期か直後にロンドンでもパンクが見られるようになった。間もなく、3番目の場所としてロサンゼルスでパンクが見られるようになった。これら3都市が急成長のバックボーンを形成したが、ブリスベンやボストンなど他の多くの都市にもパンクは広がっていった。1977年ごろ、パンクというサブカルチャーは2トーン、オイ!、ポップ・パンク、ニュー・ウェイヴ、ノー・ウェーブといった分派に分かれていき、裾野が広がっていった。アメリカでは1980年代初めごろ、パンクに後から導入されてきた軽薄さを排除し、本来のパンクを復興するというハードコア・パンクが生まれた。同じころイギリスでも似たような動きがあり、こちらはストリートパンクと呼ばれた。元々のパンクと同様、ハードコアとストリートパンクもサブカルチャーとして広まっていった。1980年代中ごろから1990年代初頭のアメリカでは、アンダーグラウンドなサブカルチャーは直接パンクから進化したか、少なくともその姿勢を新たなスタイルに適用し、オルタナティヴ・ロックやインディーズが生まれた。アメリカでは1990年代初めから中ごろにかけて、ハードコアの装飾の一部を廃してパンクを復興させようとする新たな動きが見られるようになった。














Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif