永遠の夢に向かってラジオ・スターの悲劇

 

ラジオ・スターの悲劇

ラジオ・スターの悲劇

















All-the-Presidents.png

















Presidents of the United States - Video killed the Radio Star
































The Presidents Of The United States Of America (プレシデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ)

『ラジオ・スターの悲劇』のカバーを演奏するのは、アメリカで一世を風靡した陽気なトリオ・バンド『The Presidents Of The United States Of America (プレシデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ)』。中心人物のクリス・バルーとデイヴ・デトラーは1985年頃からシアトルで音楽活動を開始していたが、1990年頃には一緒に活動するようになったらしい。1991年頃には、元Skin YardでLove Batteryに在籍していたジェイソン・フィンが参加するようになり、1993年に正式なトリオバンドとして活動を開始した。PopLlamaからデビューアルバムがリリースされると、すぐさまメジャーレーベルが目をつけ、1995年にデビューアルバムをリミックスしたものがコロンビアよりリリースされた。このアルバムは最終的にで400万枚以上売り上げた。このバンドの特徴といえば、陰鬱やダークネストは無縁でとにかく陽気なこと。大ヒット曲のKitty(ネコの唄)やPeachesの歌詞を読めば如何にコミカルなのかがわかる。ネコにさわりたいだとか、田舎に帰って桃を食いたいとかくだらないものだ。シアトルは陰鬱なサウンドだけではないということを知らしめたバンド。またベースが弦2本、ギターが弦3本しかないのもこのバンドならでは。以前クリスがモーフィンの2弦ベーシストと活動していたことが影響しているようだ。しかし弦が少ないからといって音楽が単純すぎるわけではない。そこらのメロコアよりはアイデアが豊富だ。バンドは1998年にツアーの疲労や家族との時間を大切にしたい思いから突然解散。しかし2年後には活動を再開し、現在も継続中。

『ラジオ・スターの悲劇』のオリジナルは、イギリスのバンド、バグルス(The Buggles)が1980年に発表したファースト・アルバム。現在の日本語タイトルは、1979年にヒットしたデビュー・シングルから取られている。バグルス(The Buggles)は、当初はトレヴァー・ホーン、ジェフ・ダウンズ、ブルース・ウーリーの3人でデモ・テープを作っていたが、ウーリーはデビュー前に脱退した。そして、バンドは1979年にデビュー・シングル「ラジオ・スターの悲劇」を発表して全英1位を獲得するが、その時点で完成していたのは同曲とB面の「キッド・ダイナモ」、それに「クリン・クリン」だけだったため、バグルス(The Buggles)はプロモーション活動の合い間に残りの曲をレコーディングして、1979年のクリスマス前にミックス・ダウンを終了した。本作からのシングル・カット曲は、いずれも「ラジオ・スターの悲劇」ほどの成功を収めることはできず、「プラスティック・エイジ」は全英16位、「クリン・クリン」は全英38位、「思い出のエルストリー」は全英55位であった。ただし、音楽評論家のJeri Montesanoはallmusic.comにおいて「バグルス(The Buggles)は楽しく風変わりなシングル"Video Killed the Radio Star"で国際的に注目を集めたが、この曲はアルバムの魅惑的で未来的なビジョンの一部に過ぎない」「1曲目の冒頭の音から、トレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズは聴き手をリビングから宇宙家族ジェットソンのような世界へ飛ばす」と評している。シングル「クリン・クリン」を発表した後、トレヴァー・ホーンとジェフ・ダウンズはイエスのアルバム『ドラマ』(1980年)に参加して、バグルス(The Buggles)としての活動を一度休止する。なお、元メンバーのブルース・ウーリーは、脱退直後の1979年にトーマス・ドルビーらと結成した「ブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブ」名義で発表したアルバム『イングリッシュ・ガーデン』で、初期バージョンの「ラジオスターの悲劇」と共に「クリン・クリン」をセルフカバーしている。2000年に発売された再発CDには、シングル「プラスティック・エイジ」のB面曲「アイランド」、シングル「クリン・クリン」のB面曲「テクノポップ」、シングル「思い出のエルストリー」のB面に収録されていた「モノレールのジョニー」の別ヴァージョンの計3曲がボーナス・トラックとして収録された。2010年に日本発売されたSHM-CDは、2000年盤のボーナス・トラックに加えて、更に6トラックを追加収録している。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif