永遠の夢に向かってスリーピング・イン・マイ・カー

 

スリーピング・イン・マイ・カー

スリーピング・イン・マイ・カー
















ecbc5b5b58a09827ac2f94e08d59b7206be61b2.jpg

















Roxette-Sleeping in my car 1994







































ロクセット (Roxette) は、スウェーデン・ハルムスタッド出身のバンドで、ギターとヴォーカル担当のペール・ゲッスルとヴォーカル担当のマリー・フレデリクソンからなる男女デュオ。バンド名の由来はドクター・フィールグッドの同名曲から。ペールとマリーが初めて出会ったのは1976年のことであった。ただしこの時は、お互い別々のバンドで活動をしていた。その後マリーがソロとなり、ペールのバンド「Gyllene Tider」(ユーレネ・ティーデル、スウェーデン語で「黄金時代」の意味)にゲストヴォーカリストとして参加するようになった。1985年、ペールとマリーの2人が「ロクセット」名義でシングル「ネヴァーエンディング・ラブ」("Neverending Love") をリリース。これがスウェーデンでトップ10に入るヒットとなり、続くデビューアルバム『Pearls of Passion』(1986年)によって、スウェーデン国内では人気グループの仲間入りを果たした。続くアルバム『Look Sharp!』(1988年)に収録された「THE LOOK」が、当時スウェーデンに留学していたミネアポリス出身の学生によってアメリカに紹介され、ローカルラジオ局を中心に注目を集めるようになった。これを受けて『Look Sharp!』はアメリカで発売され、「THE LOOK」は翌年4月に全米シングルチャートで第1位を獲得。その後も「リスン・トゥ・ユア・ハート」("Listen To Your Heart", 全米1位)、「あぶないお前」("Dangerous", 全米2位)、映画『プリティ・ウーマン』挿入曲の「愛のぬくもり」("It Must Have Been Love", 全米1位、年間チャートでも2位)、「ふたりのときめき」("Joyride", 全米1位)、「消えゆく花のように」("Fading Like A Flower (Everytime You Leave)", 全米2位)などの楽曲が相次いでヒットし、ロクセットの人気は世界的なものとなった。2002年にマリーが脳腫瘍を患っていることが明らかになったが、その後手術は成功し、順調に回復していると公表された。オリジナルアルバムとしては2001年の『Room Service』以降、ペールのソロ活動、マリーの健康問題などで活動休止状態が続いていたが、バンドのデビュー20周年に当たる2006年暮れに新曲「ワン・ウィッシュ」("One Wish") を発表した。2009年5月、マリーとペールの二人が『Night of the Proms』ライブツアーに参加することが発表された。この発表の翌日、ペールがソロ公演を行っていたアムステルダムでのステージにマリーがゲストとして登場し、8年ぶりに二人での演奏を行った。『Night of the Proms』の後、ロクセットは2011年に『Charm School』、2012年に『Travelling』と続けてアルバムを発表した。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif