永遠の夢に向かってナイト・オン・ザ・プラネット

 

ナイト・オン・ザ・プラネット

ナイト・オン・ザ・プラネット

















night-on-earth.jpg

















NIGHT ON EARTH 1991

































夜をマッタリと過ごしたい人に、是非ともオススメな作品

地球という星の、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキという5つの都市で、5人のタクシー・ドライバーが乗客を乗せた。同じ夜にそれぞれに繰り広げられる5つの物語。タクシー運転手と客のやりとりを5つのオムニバス形式で見せるこの映画。ジャケットにも使われている1話目のウィノナ・ライダーが運転手の回だけで2時間行ける。というかこの映画、オムニバス形式ってのを知らずに観たから「え、ウィノナ終わりかよ!?」ってくらい薄汚れてガサツで煙草をすぱすぱ吸ってるウィノナ・ライダーが魅力的だった。無理して演じてると言うか、どことなくぎこちない感じもまた良い。背が低いから電話帳を尻の下に敷いているのとかさり気ないディティールも好感が持てる。可愛いウィノナを拝めるだけで価値はあるよ。限定空間の面白さ&人と人。タクシーっていう車内の限定空間と運転手とお客の組み合わせだけで、これだけ魅せてくれるとは。1991年の作品なんだけど作りも古臭くなく今っぽし、色んな映画に影響を与えた作品なんかな?と思ったり。2話目もかなり好きで、ペーペーのオジさん運転手を見兼ねて街を知ってるテンション高めな黒人の客がオジさんと交代して運転しだすトリッキーな話。この話ももっと観ていたいなと思わせてくれる、子気味良い会話劇だ。3話目はまさに『女座頭一』なる盲目の女性を乗せる不思議な空気感が漂う話。4話目も良いけど5話目然り若干尻つぼみを感じてしまうけど、ただ1本通して観ると素敵で味わい深い作品だなと。話が全て『夜』で統一されてるのも良いよね。窓から余計な風景や情報が入って来ないから車内や会話に集中出来るし、曇りガラスに写るネオンや街の明かりのボケ感がさり気なくいい雰囲気を出してるのよ。監督はジム・ジャームッシュ。本作は特にキャラクターのディテールとクスッとさせるさり気ないユーモアが良かった。この人の作品は全然観たことなかったけど、本作を観て俄然他の作品もチェックしたくなった。















night-on-earth-53f4c5cc8d4bb.jpg


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif