永遠の夢に向かってスコット・フリー・プロダクション

 

スコット・フリー・プロダクション

スコット・フリー・プロダクション



















Bild-ScottFree.jpg


















SCOTT FREE PRODUCTIONS







































スコット・フリー・プロダクションは1995年に創立された、ともに著名な映画監督であるリドリー・スコット(兄)と故トニー・スコット(弟)のスコット兄弟運営されているフィルムとテレビ番組製作プロダクションです。スコット・フリー・フィルムは、近年世界的にヒットを放った”ロビン・フット”や”アンストッパブル”、また大きく評価された"Cracks"、"Welcome to the Rileys"、"Cyrus"をフォックス・サーチライトに提供し、最近では、YouTubeのバックアップで「Life in a Day」を製作しています。スコット・フリーの次回作にはリドリー・スコット監督の先進的な抒情詩「プロメテウス」がノオミ・ラパス、マイケル・ファスビンダー、シャリーズ・セロンの出演で、フォックス配給で2012年6月のリリースを控えています。さらにジョー・カーナハン監督による”ザ・グレイ”がリアム・ニーセン主演で2012年1月の公開間近です。今、ちょうどフォックス配給・パク・チャヌク監督(オールドボーイ)の英語による監督初作品となり、二コール・キッドマン、ミア・ワシコウスカ、マシュー・グッド出演の"ストーカー"の製作を終え、現在は、Zal Batmanglij監督による、Brit Marling、ander Skarsgard、エレン・ペイジ出演のフォックスサーチライト配給"The East"を製作中です。スコット・フリー・テレビジョンは、エミー賞®およびゴールデングローブ賞®にノミネートされ、Peabodyでも高く評価されたドラマを製作。CBSの"グッド・ワイフ"は3シーズン目を迎えています。来年には、ケン・フォレットの国際的ベストセラー"大聖堂―果てしなき世界"の8時間ドラマ化をシンシア・ニクソン、ベン・チャップリン、ミランダ・リチャードソンの出演で手掛けています。また、ロビン・クックの小説"Coma"をジーナ・デイヴィス、ジェームズ・ウッズ、リチャード・ドレイファス、エレン・バーンスタインの出演で4時間ドラマにし、2012年のメモリアルデイにA&Eで放映予定です。 PeabFreeでは、エミー賞®およびゴールデングローブ賞®にノミネートのミニシリーズ、”The Pillars of the Earthfor Starz”と、6シーズン目を迎えたヒット番組"ナンバーズ”はともにフォックスで放映中です。ロスアンゼルスとロンドンのオフィスを拠点に、スコット・フリーは、世界で最大級で最も成功を収めている商業プロダクション、RSA Filmsと緊密な態勢で仕事をしています。






hqdefaultDFSDF.jpg






リドリー・スコット(Ridley Scott)は、イギリス(イングランド・サウス・シールズ)出身の映画監督、映画プロデューサー。主にアメリカで活動している。弟の故トニー・スコット、長女ジョーダン・スコットも映画監督。息子のジェイク・スコットは、ミュージックビデオやCMのディレクター。ウエスト・ハートブール美術大学でグラフィックデザインや絵画、舞台美術を学び、その後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに進学し、グラフィック・デザインを専攻する。卒業後、BBCにセット・デザイナーとして入社。やがてドキュメンタリーやテレビドラマの演出をするようになるが、テレビディレクターに限界を感じ、退社した後、CFの制作会社を設立。数多くのCFを制作し、各国の国際映画祭で数々の賞を受賞。手がけたCFの本数は1900本以上にのぼり、1984年の全米スーパーボウル中継でたった1回だけ放映されたアップルコンピュータのMacintosh 128KのCMも含まれる。その後、映画界に進出。デビュー作『デュエリスト/決闘者』(1977)でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞。1979年の監督作『エイリアン』の世界的大ヒット以降は、活動の拠点を米国に移す。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を映画化した『ブレードランナー』(1982)では、映像化は困難とされていた原作を卓越した手腕で描き、数多くのファンを獲得する。1998年にイギリスのサンダーランド大学・人文学の名誉博士、2015年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートから名誉博士号を授与される。1億ドルを超える制作費と破格の宣伝費を費やした大作『グラディエーター』(2000)で、第73回アカデミー賞作品賞並びに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞。興行的にも世界的大ヒットを記録し、名実ともに不動の地位を確立した。2003年にはナイトの称号を授与されている。2008年、トニー・スコットとともにマイケル・クライトン原作『アンドロメダ病原体』のテレビミニシリーズの製作を担当。2015年、『オデッセイ』で、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015・監督賞を受賞。作品としては主演男優賞、脚色賞も受賞した。BBC時代から映像製作に関するすべての作業に熟知しており、絵コンテの執筆や撮影などを自らの手で行うことも多い。特に作品のイメージをまとめた絵コンテやイメージボードの画力はハイレベルであり、映画愛好家のコレクターズアイテムともなっている。また、撮影に関しては使用するフィルムからレンズ、照明についても熟知しており、そのため、アメリカで映画撮影を行う際には、オペレートなどの点で仕事の範囲を侵犯するため撮影監督と対立し、トラブルを引き起こしたケースも少なくない。映画界屈指の映像派として知られ、初期の作品では幻想的な映像美が見られるが、美術から照明など細部にわたり構築していく完璧主義がたたり、製作ペースの遅れやスタジオとの対立から数多くのディレクターズカット版が作られるなど辛酸をなめたケースも少なくない。自他ともに認める几帳面な性格の持ち主。『マッチスティック・メン』公開時のインタビューによると神経質な主人公のキャラクターには自身の性格が投影されているとのこと。英国の自宅に日本人女性の高尾慶子をハウスキーパーとして雇っていたことがあり、高尾の著書で、スコットの性格やその母親とのエピソードを知ることができる。広告業界では既に成功を収めており、『デュエリスト/決闘者』で映画監督デビューする前に、既に数千本のCMを監督していた。代表作は、アップル社のMacintoshのCM「1984」。『テルマ&ルイーズ』(1991)以降は一時期低迷したが、『グラディエーター』(2000)と『ハンニバル』(2001)の世界的ヒットで名声を取り戻した。テレビ業界では、多数のテレビドラマで製作総指揮を担当している。監督賞には縁が薄く、1977年のカンヌ国際映画祭で新人監督賞(『デュエリスト/決闘者』)を受賞したのみ。これまでにアカデミー監督賞3回、ゴールデングローブ賞監督賞2回、英国アカデミー賞監督賞2回にノミネートされているが、いずれも受賞を逃している。作品によっては、『エイリアン』や『ブレードランナー』など映画史に残る傑作と評されることもあるが、『レジェンド/光と闇の伝説』や『ロビン・フッド』などのように酷評されること(『ブレードランナー』も1982年当時は酷評され[3]、興行的にも赤字だった為に失敗作の烙印を捺された)や、もしくは『悪の法則』のように賛否両論激しいことも多いなど、評価が極端に分かれる監督である。音楽家のヴァンゲリスは『ブレードランナー』、『1492 コロンブス』のサウンドトラックを担当している。また、ドイツ人作曲家ハンス・ジマーは、1989年の『ブラック・レイン』以降の作品のほとんどに曲を提供している。編集では『JFK』でオスカーを受賞したシチリア人編集者のピエトロ・スカリアが97年の『G.I.ジェーン』以降、ほぼ全てのスコット作品を編集している。ロサンゼルスとロンドンに製作会社RSA(リドリー・スコット・アソシエーツ)社を置く。スコットが27歳の時に設立したプロダクションで、CMとミュージックビデオの製作を受注、10名前後の若手監督達が所属している。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif