SAAB 消滅

SAAB 消滅

















saab-900-turbo-convertible-prototype-07_convert_20160710054150.jpg


















SAAB 2017


































サーブ、欧州の名車ブランドが消滅する意味


自動車ブランド構築の流れが変わってきた。自動車ブランド「サーブ」が2017年をもって消滅

70年の歴史を有するスウェーデンの自動車ブランド「サーブ」(SAAB)が2017年をもって消滅することが決まった。サーブの運営会社である、スウェーデンのナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)が、2017年に初の量産EV(電気自動車)を導入するにあたって、新ブランドを「NEVS」とすることを2016年6月21日に発表。サーブの商標ブランドを使用しないことを表明した。1980年代、バブル経済とともに日本に最初の輸入車ブームが訪れたころ、サーブは独特のスタイリングで人気を博し、ファッショナブルな憧れの輸入車として注目を集めていた。創業70年のブランド消滅の陰には、いわば自動車産業の長い歴史の縮図が隠れている。サーブというブランドネームの端緒は1937年、Svenska Aeroplan AB(SAAB)、すなわちスウェーデン航空機会社が創業されたときにさかのぼる。当初は軍用機の製造だけを目的としていたが、第二次大戦の終戦とともに民間機の製造、そして自動車の製造にも進出する。1945年にはSvenska Automobile ABを創業。飛行機会社から自動車会社を派生したという経緯はスバルやBMWと共通しており、これらの2社と同様、航空機技術を自動車産業に転用したことがサーブの特徴であった。具体的には、たとえば1949年に登場したサーブ・92というモデルでは、空気抵抗係数(Cd)の値がわずか0.30と、現代の乗用車でもトップレベルといえるほど低く抑えられていた。軽量化とサスペンション技術にも優れており、3世代目の量産モデルであるサーブ96/96V4は世界ラリー選手権において、荒れた路面が多いことで知られるRAC(英国Royal Automotive Club)ラリーで5勝を収めるなど、1960年代後半に大活躍した。


生き残るためにGMの完全子会社に

その後サーブ・オートモービルが1989年に米ゼネラル・モーターズ(GM)の傘下に入った理由は、ヨーロッパでプレミアム・ブランドを探していたGMと、当時世界一の自動車会社の傘下に入ることで、部品、設計やサービスのスケールメリットを享受することを目指した同社の利益が合致したからだ。生産技術が未熟で部品を供給するサプライヤーの守備範囲も狭かった当時は、小さな自動車メーカーが生き残るには、「400万台クラブ」の一員を標榜する大きな自動車メーカーと資本提携を結ぶ以外にないと信じられていた。2000年にサーブはGMの完全子会社となり、航空部門とは無関係の会社になる。残念ながら、いま考えればこの判断がサーブの自動車ブランドとしての運命を暗転させたといわざるをえない。サーブの大黒柱であったサーブ・900は1994年にモデルチェンジを受けるが、それは同じGM傘下のオペル・ベクトラを多少ぜいたくな内装とともに化粧直ししたもので、サーブならではの直進安定性と優れた重量配分に寄与した縦置きエンジンをごく普通の横置き搭載に変更したほか、時代の流れかもしれないが鉄板の厚みに代表されるどっしりした感触も失われてしまったのだ。いわば老舗の名店がファミリー・レストランのチェーンに飲み込まれてプレミアムを名乗らされているようで、旧来の顧客が離れていく結果となった。さらに、21世紀に入るとサーブを吸収した側であるGMの経営が急速に悪化、2009年にはスウェーデン政府にサーブの救済を求めたものの、これが拒否されたことでサーブ・オートモービルは経営破綻に追い込まれる。2010年初頭にはオランダのスーパースポーツカー・メーカーであるスパイカーがサーブを買収、しかし事業の収益化は見込めずサーブ車の生産は中断、中国でクリーン・エネルギー関連事業を手掛けるNMEホールディングへ2012年8月に転売された。中国の自動車メーカーは(中国市場では)十分な資本と技術を持っていても、ブランドを持たないことで苦労していたため、海外の歴史あるブランドやデザインを手に入れることに躍起になっていた。サーブはNMEホールディング傘下で中国とスウェーデンに拠点を置き、中国の3大自動車メーカーである東風汽車や日本の半導体大手ルネサスと提携を結んでいるNEVSのブランドとして、9-3のプラットフォーム上にEVのパワートレインを搭載した量産車として生まれ変わり、2020年までに中国で15万台の供給を目指していた。


量産EVはサーブの商標を使用しない

しかし、2017年に開始される予定のこの量産EVはサーブの商標を使用せず、NEVS自らの商標を使用することになったという。9-3のプラットフォーム技術だけを残してサーブの商標を売却することも考えられるが、おそらくこの約10年間で徹底的にイメージが傷ついてしまったサーブ・ブランドを再生するよりも、新しいEVを訴求するにあたっては新しいブランドを打ち出したほうがいい、と判断したと考えるのが自然だ。事実、EVで世界をリードする米国のテスラ・モーターズは、既存の自動車ブランドとはまったく縁もゆかりもないところからスタートして現在の世界的な注目を集めるに至っている。今年のジュネーブ・モーターショーには数多の無名ブランドが、EVの高出力パワーユニットを搭載したスタイリッシュなスポーツカーで注目を集めていた。自動車ブランドとしてのサーブの消滅は、世界の自動車ブランド構築の流れが変わってきたことの証しなのかもしれない。














blog saab900
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif