永遠の夢に向かってファン ファン ファン

 

ファン ファン ファン

ファン ファン ファン

















IMGbxcbxb6785.jpg
















The Beach Boys - Fun Fun Fun












































アメリカNBCテレビの人気司会者ジミー・ファロンと俳優のケビン・ベーコンがビーチ・ボーイズの名曲「ファン・ファン・ファン」の忠実なパロディーを披露した。この曲では全編にわたってハンバーガースタンドについて歌っている。ザ・ビーチ・ボーイズ(THE BEACH BOYS)は、1961年に結成されたアメリカのロックバンド。1960年代の若者の新しいリズムであったサーフィン、ホット・ロッドのグループとしてデビュー。60年代はサーフィンのイメージが強く、「ペット・サウンズ」は当初それほど評価されなかった。70、80年代は低迷期、90、2000年代は停滞期となっている。60年代後半のアルバムが評価されだしたのは90年代に入ってから。ヒット曲の多くは60年代に集中し、80年代は「ココモ」がヒットしている。米国西海岸の若者文化、特に青い海、ビキニの娘、サーフィン、自動車などをテーマにした軽快な楽曲で知られている。しかし同時に、複雑精緻で非常にユニークな『ペット・サウンズ』のような作品も作り上げており、エルトン・ジョンやリンジー・バッキンガム、山下達郎、桑田佳祐など、ビーチ・ボーイズを敬愛するミュージシャンは多い。音楽的ルーツはR&Rや黒人のドゥーワップにあり、チャック・ベリーの「スウィート・リトル・シックスティーン」をアレンジ(歌詞の他、編曲の部分の変更を含む。ロイアリティの問題もあった)して「サーフィン・U.S.A.」を作ったことが典型的な事実と言える。「サーフィン・U.S.A.」のメロディーは「スウィート・リトル・シックスティーン」とほぼ同じであり、そのことはビーチ・ボーイズ側も認めている。この件は、映画『ドリームガールズ』でも題材として象徴的に取り上げられている。ウェストコースト・ロックの元祖に位置付ける見方もあり、アメリカン・ロックでは多くのバンドがそのハーモニーの影響を受けている。結成当時のオリジナルメンバー5名のうち2名は故人となっているが、明確な解散宣言はしておらず、オリジナル・メンバーを含む数名がバンド名を引き継ぎ、ライブを中心に活動を続けている。最盛期に多くのヒット曲を送り出した中心人物であるブライアン・ウィルソンは、ソロとして活動を行っている。現在[いつ?]は共和党大会に、保守的なカントリー歌手らとともに出演したりしている。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第12位。バンド結成時当時流行していた、サーフィン&ホットロッドと呼ばれる楽曲群は、単純なコード展開にギターソロを加えたインストゥルメンタルが中心だった。ここにロックン・ロールと異なる分野の音楽と思われていたフォーフレッシュメンなどを代表とするコーラスによるハーモニーを乗せたところにビーチボーイズのオリジナリティがあった。初期の楽曲群はハーモニー以外の点で、大きく当時の流行とかけ離れたものではない。しかし、ソングライターでもあるブライアン・ウィルソン自身がアルバムのプロデュースをおこなうようになって以降、一見シンプルに感じられる楽曲でも、実際には複雑なコードやベース音の展開が使われていたり、アレンジにさまざまな工夫が施されるようになった。例としてよく取り上げられるものに「カリフォルニア・ガールズ」のイントロ部分や、「神のみぞ知る」のベース音の処理、「グッド・ヴァイブレーション」におけるテルミンの導入、「キャロライン・ノー」の犬の鳴き声や列車の踏み切り通過音などの効果音の使用がある。これらの特徴は、ブライアンが敬愛したフィル・スペクターの影響も見られるものの、オリジナリティが強く他人に真似ができないものが多かった。ザ・ビーチ・ボーイズは孤高の存在であり、フォロワーが多く発生したビートルズと、時代の音楽の流れの中での位置付けに大きな違いがあると思われる。
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ジーン・ケリー  ←ジーン・ケリー 【2016年07月】の更新記事一覧 →SAAB 消滅  SAAB 消滅
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif