永遠の夢に向かってオール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

 

オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

















apple-logo.jpg
















All I've Got To Do The Beatles






























「オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ」("All I've Got To Do")はイギリスのロック・バンド、ビートルズの楽曲である。本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。アメリカでは『ミート・ザ・ビートルズ』で初めて発表した。レノンは"trying to do Smokey Robinson again,"と言っており、イアン・マクドナルドはミラクルズの"You Can Depend on Me"と音楽面と詩の両方で比較した。オール・ミュージック・ガイドのRichie Unterbergerはこの曲はロビンソンだけでなくアーサー・アレキサンダーにも音楽的に似ていると指摘する。ビートルズの伝記作家のBob Spitzはこの曲を「落ち着きがなく憂鬱で、気まぐれ」と評し、シュレルズの「ベイビー・イッツ・ユー」や初期のドリフターズと比較している。「オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ」はレノンが『ウィズ・ザ・ビートルズ』向けに書いた3曲あるソロのうち1曲である。他の2曲は「イット・ウォント・ビー・ロング」と「ナット・ア・セカンド・タイム」である。レノンはこの曲を特にアメリカ市場向けに書いたと言う。彼女を電話で呼ぶと言う考えなど1960年代のイギリスの青年には想像もできないことであった。例として、レノンは「ノー・リプライ」に関するインタヴューで"I had the image of walking down the street and seeing her silhouetted in the window and not answering the 'phone, although I have never called a girl on the 'phone in my life! Because 'phones weren’t part of the English child’s life."(僕は通りを歩き、窓に見える彼女のシルエットをのぞき、電話には出ない。けれども僕は人生で1度も少女に電話を掛けたことがなかった。なぜなら電話はイングランドの子供にとって生活の一部ではなかったから。)と語っている。
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif