永遠の夢に向かってHEY JUDE 世界が平和でありますように・・・

 

HEY JUDE 世界が平和でありますように・・・

HEY JUDE 世界が平和でありますように・・・

















1280x720-jQR.jpg
















LOVE PSYCHEDELICO OFFICIAL SITE
































KUMI(クミ)ボーカル・ギター他担当。千葉県出身。帰国子女で2歳から7歳までアメリカのサンフランシスコに住んでおり、ネイティブな英語が話せる。そのせいか日本語(イントネーション)が少しおかしいと言われる事もある。音楽をちゃんと聴き始めたのは大学以降。大学に入っていろいろ聴いていくうちに、自分がビートルズ、ボブ・ディラン、ローリングストーンズ、レッドツェッペリンといった70年代の音楽が好きだということに気づいた。ギターを始めたきっかけはボブ・ディランの「ミスター・タンブリン・マン」で、ギターを弾きながら歌うスタイルに魅かれた。

NAOKI(ナオキ)ギター・ベース他担当。静岡県出身。本名:佐藤直樹(さとう なおき)。初期のリリース作品にはNAOKI SATOと表記されていた。敬愛するミュージシャンはヴァン・ヘイレン、ビートルズ、ジョン・レノンなど。ビールが好きなようで、(ジョン・レノンの影響もあるのか)ライブ中に缶ビールを飲むパフォーマンスをよく行う。THE BAWDIESのプロデュースを行っている。

LOVE PSYCHEDELICO(ラブ サイケデリコ)は、日本の音楽ユニット。略称はデリコ。所属レーベルはビクターエンタテインメント、所属事務所はJVCエンタテインメント。ボーカルのKUMIとギターのNAOKIの男女二人によるユニットで、1997年に青山学院大学の音楽サークルで結成。もともとは大学でNaokiがKUMIに「一緒にバンドやらない?」と声を掛けてなにげなく始まったバンドで、当初はプロデビューなどという野心はまったくなかった。ファーストアルバムも、そのバンドがなくなって後任のベースとドラムとキーボードを探すまでの間に2人で作っていたデモテープがそのままCDになってしまった。本来のバンド名は「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA」であったが、長すぎるのでORCHESTRAの頭文字「O」を取ってPSYCHEDELICの後ろにつけ、現在の名称になった。デビュー当時は、自らがDJを務めるラジオ番組を持っていたものの、メディアに対するプロモーションには消極的で、テレビやラジオには出演せず、主にCDのリリースを中心に活動していた。しかし、2ndアルバムリリース後は全国ツアーや、各地のフェスティバルに出演するなど、ライブ活動に対してより積極的になる。それと同時に、全国のラジオ番組に積極的に出演したり、映画のメインテーマ曲の提供や「めざましテレビ」への出演など、メディアに対する動きも大きくなる。1st, 2ndアルバムなどのジャケットカバーやオフィシャルグッズに使われているKUMIに似たイメージキャラクターの女性の名前は「デリコちゃん」。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
Help!  ←Help! 【2016年07月】の更新記事一覧 →クイックシルバー  クイックシルバー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif