永遠の夢に向かってキング・オブ・ポップ

 

キング・オブ・ポップ

キング・オブ・ポップ

















Moonwalker-michael-jackson-12449242-1593-917_convert_20160705221734.jpg



















Michael Jackson - Come Together








































マイケル・ジャクソン(Michael Jackson、1958年8月29日 - 2009年6月25日)はアメリカ合衆国のエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサーなど、活動は多岐にわたる。「キング・オブ・ポップ」と称される。1958年8月29日、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーのアフリカ系アメリカ人街の家庭に六男として生まれる。父ジョセフは貧しいクレーン操縦士、母キャサリンはデパートのパートタイム従業員として家計を支えていた。マイケルの兄ジャッキー、ティト、ジャーメインは父のギターを隠れて演奏していた。しかしある時ティトが弦を一本切ってしまう。張り替える間も無く見つかり、いつものようにジョセフは体罰を振るおうとするがティトが「僕にだって弾けるんだ」と抵抗を示し「なら弾いてみせろ」と言われ必死に演奏するとジョセフは中々上手いことに気付く。ジョセフは自身もバンドメンバーであった経験を生かし子供達に音楽を教えることを決意する。1963年、当初マイケルはグループに参加していなかったものの、キャサリンがジョセフに「この子は歌えるのよ」と助言したことからグループに加入。この頃から「ジャクソン5」と名乗るようになった。1967年、ニューヨークのアポロ・シアターにまで進出。そこではジェームス・ブラウンやジャッキー・ウィルソンのパフォーマンスを生で学んだという。1968年1月、スティールタウン・レコードから「Big Boy」でデビュー。この頃ライブの前座でボビー・テイラーに出会う。ジャクソン5の素質を見出したボビーはモータウン・レコードと契約させるべくジャクソン・ファミリーを無理矢理デトロイトに連れて行く。それが功を奏し、7月にモータウンとの契約を結ぶ。1969年10月、「I Want You Back」でジャクソン5としてメジャーデビュー。デビュー曲でありながらいきなり全米チャート1位に登り詰めた。続く「ABC」ではビートルズの「Let It Be」を首位から引き摺り下ろし再び1位になった。続く「The Love You Save」、「I'll Be There」もチャートを制し、デビュー早々4曲連続全米チャート1位という偉業を成し遂げた。1971年10月、「Got To Be There」でソロデビュー。しかしこの頃ジャクソン5とモータウンの方向性の違いが露呈。マーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーが自身で作詞作曲、プロデュースする姿をみて自分にも同様の権利を求めたがモータウンは拒否。1975年、エピック・レコードに移籍。しかしモータウンが「ジャクソン5」の名前の使用を認めなかった。そのため「ジャクソンズ」に改名することになる。1978年、ミュージカル映画『The Wiz』に出演。エピックからのデビューシングルは映画のサウンドトラックに収録される「You Can't Win」だった。現場でクインシー・ジョーンズに出会う。マイケルが「誰か僕に合うプロデューサーはいないかな」と話したところクインシーが「私じゃ駄目かな」と答えたという逸話が残っている。















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif