永遠の夢に向かってフットルース

 

フットルース

フットルース

















footloose+nikes_convert_20160627020216.jpg


















Footloose - Kenny Loggins


































「フットルース」(Footloose)は、ケニー・ロギンスによる1984年のシングルである。映画『フットルース』の主題歌であり、アメリカ合衆国のBillboard Hot 100で3週連続1位となった。日本のオリコン洋楽シングルチャートでは1984年5月21日付から4週連続1位を獲得。アメリカ映画協会による『アメリカ映画主題歌ベスト100』では96位となった。ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)はアメリカのミュージシャン。日本では、特に「フットルース」や「デンジャー・ゾーン」などの映画主題歌のヒットで1980年代に人気を博した。ワシントン州エベレット生まれ。カリフォルニア州アルハンブラにて育つ。音楽出版社に勤める傍らABCレコード所属の作曲家としても活動。旧友ジム・メッシーナのプロデュースでデビュー・アルバムを制作するにあたり、メッシーナとのデュオ、ロギンス&メッシーナを結成する。1972年にデビュー。アコースティックでポップなサウンドで、「プー横町の家」、「ママはダンスを踊らない」などのヒットを飛ばす。ロギンスが作曲した「ダニーの歌」や「愛の歌」は、カナダの女性歌手アン・マレーが採り上げ、全米ナンバーワンヒットを記録したことでも有名である。1977年からはソロとして活動を開始し、1978年、スティーヴィー・ニックスと共演した「二人の誓い」がヒットした。作曲家としても、ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」をマイケル・マクドナルドと共作しグラミー賞を受賞するなど、高い能力を示している。転機となったのは1980年代。1984年には映画『フットルース』の同名主題歌が全米1位を獲得。一躍トップ・スターの仲間入りを果たし、1985年にUSAフォー・アフリカに参加。「ウィー・アー・ザ・ワールド」で2小節リードボーカルをとっている。1986年には映画『トップガン』の主題歌「デンジャー・ゾーン」が全米第2位の大ヒットとなり、映画とともに世界中でヒットを記録した。「デンジャー・ゾーン」は、日本では近藤真彦出演の「日産・マーチスーパーターボ」のCM曲にも使用され、同車が生産終了する3年後の1989年まで放送された。1997年にはトヨタ・カルディナのCM曲にも採用され、さらに2010年にはトヨタ・ラクティスのOEM車である、スバル・トレジアのCM曲としても採用された。1990年代以降も、地道にアルバムをリリースして活動中。2005年にはロギンス&メッシーナを再結成。大規模な全米コンサートツアーを行い、アルバム Loggins and Messina Sittin' in Again をリリースした。2013年9月17日に発売されたグランド・セフト・オートVのゲーム内ラジオのDJを務めており自身の曲も収録されている。
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
愛は吐息のように  ←愛は吐息のように 【2016年06月】の更新記事一覧 →GHOST  GHOST
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif