永遠の夢に向かってイエロー・リバー

 

イエロー・リバー

イエロー・リバー

















151210123828-new-us-army-tag-exlarge-169.jpg



















Christie - Yellow river 1970









































70年代の洋楽ポップスを代表する曲。70年代初めにラジオを聞いていたBoys and Girlsだったら、誰でも知っているクリスティの「イエロー・リバー」。イギリスで結成されたクリスティ。メンバーは、ジェフ・クリスティ(Bass & Vocal)、ヴィック・エルムズ(Guitar)、マイク・ブレイクリー(Drum)のトリオ、イメージ的には、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の小型版という感じでした。この曲、元々は、ジェフ・クリスティが、「サイレンス・イズ・ゴールデン」などのヒットで知られるトレメローズというグループに提供した曲でした。しかし、不本意な事に、シングル曲として採用されず、アルバムの中の収録曲としての扱い・・・『自分でグループを作って、シングル・リリースしたらどうだい』というアドバイスもあり、急きょ、結成したバンドというのが “クリスティ” でした。しかし、この曲のバックの演奏は、新グループのものでなく、トレメローズのバック・トラックが使用されている為、実質的には、“ジェフ・クリスティ&トレメローズ” と言った方が正しいのかもしれません。ギター担当のヴィック・エルムズのお兄さんが、トレメローズのメンバーだった事も影響してか、この曲の売り出しにトレメローズもコンサートなどで「イエロー・リバー」を演奏するなど、かなり売り出しに協力したという事です。しかし、自分達がシングル・リリースを見送った曲、しかも、自分達のバック・トラックを拝借した曲が、大ヒットになった時のトレメローズのメンバーは、どんな気持ちだったでしょうか?さて、話をクリスティの「イエロー・リバー」に戻しますが、この曲は、ベトナム戦争に行った兵士が除隊証明書を貰い、イエロー・リバーに帰れるのを喜んでいるといった内容、歌の中の川は"The Yellow River"としていないことから、俗にいう“黄河”の事ではなく、架空の場所のようです。しかし、ジャケットを見ると、何となく黄河を連想してしまいます。キャッチーで覚えやすいメロディのこの曲は、本国のイギリスで1位を、全米23位の大ヒットとなりました・・・・














YELLOW RIVER

CHRISTIE



So long boy you can take my place, got my papers I got my pay,
so pack my bags and I'll be on my way to yellow river

Put my gun down the war is won
Fill my glass high the time has come
I'm going back to the place that I love, yellow river

Yellow river yellow river is in my mind and in my eyes
Yellow river yellow river is in my blood it's the place I love
Got no time for explanations got no time to lose
Tomorrow night you'll find me
Sleeping underneath the moon at yellow river

Cannon fire lingers in my mind I'm so glad I am still alive
And I've been gone for such a long time from yellow river

I remember the nights were cool I can still see the waterpool
And I remember the girl that I knew from yellow river

Yellow river yellow river is in my mind and in my eyes
Yellow river yellow river is in my blood it's the place I love






イエロー・リバー

クリスティ



さよなら 後はしっかり頼んだぜ
除隊証明書はもらったし 給料ももらった
荷物をまとめて家路につく
イエロー・リバーへ帰るんだ

銃は下ろした 戦いに勝ったんだ
グラスを満たして高く上げ さあ時間だ
ボクの好きな場所に戻るんだ
イエローリバーへ帰るんだ

イエロー・リバー イエロー・リバー
脳裏に浮かぶ 目に浮かぶ
イエロー・リバー イエロー・リバー
ボクの血の中にある愛すべき場所

説明する時間はない 時間がもったいない
明日の夜はボクがいるのは
月の下で寝ている
イエロー・リバー

大砲の音は耳に残っている
生きていて本当にうれしい
だいぶ離れて久しい
イエロー・リバー

夜はひんやりしてたっけ 川淵が目に浮かぶ
イエロー・リバーで会った女のコを今でも覚えている

イエロー・リバー イエロー・リバー
脳裏に浮かぶ 目に浮かぶ
イエロー・リバー イエロー・リバー
ボクの血の中にある愛すべき場所

説明する時間はない 時間がもったいない
明日の夜はボクがいるのは
月の下で寝ている
イエロー・リバー


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif