カワサキ

カワサキ

















1082022736000.jpeg



















川崎重工業株式会社




































川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう)は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。明治時代の造船所に始まる老舗企業であり、大正時代の第一次世界大戦による造船活況、そして世界大恐慌、昭和時代の第二次世界大戦、戦後の高度成長期と日本の近代史・産業史とともに存続してきた。現代においては、三菱重工業、IHI(旧石川島播磨重工業)と共に、日本の重工業における三大企業の一つである。 かつては川崎財閥(松方コンツェルン)の主要企業であった経緯から、川崎製鉄(現JFEスチール)・川崎汽船とも関係がある。本社は神戸市中央区の神戸クリスタルタワーである。また東京都港区海岸に東京本社も設置している。 なお「川崎」は創業者の川崎正蔵の姓が由来であり、神奈川県川崎市とは無関係である。現在はKawasakiを図案化した「フライングKカワサキ」を川重グループで使用している。かつて、川崎の川を図案化した「リバーマーク」を制定し、川崎造船所時代から長年、社章・社旗・オートバイを除く製品等で用いていた。(川崎製鉄も独自マーク制定迄はリバーマークを使用していた。)オートバイ部門は1960年代からフライングKカワサキを使用していた。(それ以前はリバーマーク。一部車種はメグロを使用。)川重製オートバイの海外認知度向上より日本国内でもフライングKカワサキを鉄道車両等オートバイ以外の製品・サービスにもよく使われるようになり、2007年リバーマークからフライングKカワサキを川重グループの新たなコーポレートマークに制定した。2016年1月7日、創立120周年を記念しリバーマークを基にした「120周年ロゴマーク」を発表。1年間限定であるがリバーマークが復活した。広報活動等で使用される。製造する商品は多岐にわたる。同社は製造製品の分野ごとのカンパニー制度をとっており、2016年(平成28年)現在では以下のカンパニーで構成されている。グループ連結での売上構成は、船舶海洋事業9.6%、車両製造事業10.9%、航空宇宙事業16.0%、ガスタービン・機械事業16.5%、プラント・環境事業7.2%、モーターサイクル&エンジン事業19.1%、精密機械事業11.4%、その他事業9.2%となっている(2016年3月期)。














Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif