永遠の夢に向かってチェルノブイリ

 

チェルノブイリ

チェルノブイリ

















ホント、丸い地球は誰のものなんだろう。

















9ac876d1.jpg


















THE BLUE HEARTS - チェルノブイリ


































チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最大の原子力発電所事故の一つである。当時、チェルノブイリ原子力発電所にはソ連が独自に設計開発した黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)のRBMK-1000型を使用した4つの原子炉が稼働しており、そのうち4号炉が炉心溶融(俗にいう「メルトダウン」)ののち爆発し、放射性降下物がウクライナ・白ロシア(ベラルーシ)・ロシアなどを汚染した、史上最悪の原子力事故とされた。1991年のソ連崩壊以後は原子力発電所が領土内に立地しているウクライナに処理義務がある。2013年現在もなお、原発から半径30km以内の地域での居住が禁止されるとともに、原発から北東へ向かって約350kmの範囲内にはホットスポットと呼ばれる局地的な高濃度汚染地域が約100箇所にわたって点在し、ホットスポット内においては農業や畜産業などが全面的に禁止されており、また、その周辺でも制限されている地域がある。事故当時、爆発した4号炉は操業休止中であり、外部電源喪失を想定した非常用発電系統の実験を行っていた。この実験中に制御不能に陥り、炉心が融解、爆発したとされる。爆発により、原子炉内の放射性物質が大気中に量にして推定10t前後、14エクサベクレルに及ぶ放射性物質が放出された。これに関しては、広島市に投下された原子爆弾(リトルボーイ)による放出量の約400倍とする国際原子力機関 (IAEA) による記録が残されている。当初、ソ連政府はパニックや機密漏洩を恐れこの事故を内外に公表せず、施設周辺住民の避難措置も取られなかったため、彼らは数日間、事実を知らぬまま通常の生活を送り、高線量の放射性物質を浴び被曝した。しかし、翌4月27日にスウェーデンのフォルスマルク原子力発電所にてこの事故が原因の特定核種、高線量の放射性物質が検出され、近隣国からも同様の報告があったためスウェーデン当局が調査を開始、この調査結果について事実確認を受けたソ連は4月28日にその内容を認め、事故が世界中に発覚。当初、フォルスマルク原発の技術者は、自原発所内からの漏洩も疑い、あるいは「核戦争」が起こったのではないかと考えた時期もあったという。日本においても、5月3日に雨水中から放射性物質が確認された。爆発後も火災は止まらず、消火活動が続いた。アメリカの軍事衛星からも、赤く燃える原子炉中心部の様子が観察されたという。ソ連当局は応急措置として次の作業を実行した。火災の鎮火と、放射線の遮断のためにホウ素を混入させた砂5000tを直上からヘリコプターで4号炉に投下。水蒸気爆発(2次爆発)を防ぐため下部水槽(圧力抑制プール)の排水(後日、一部の溶融燃料の水槽到達を確認したが水蒸気爆発という規模の現象は起きなかった)。減速材として炉心内へ鉛の大量投入。(炉心にはほとんど到達しなかった。)液体窒素を注入して周囲から冷却、炉心温度を低下させる。(注入したときには既に炉心から燃料が流出していた。)この策が功を奏したのか、一時制御不能に陥っていた炉心内の核燃料の活動も次第に落ち着き、5月6日までに大規模な放射性物質の漏出は終わったとの見解をソ連政府は発表している。砂の投下作業に使用されたヘリコプターと乗員には特別な防護措置は施されず、砂は乗員が砂袋をキャビンから直接手で投下した。作業員は大量の放射線を直接浴びたものと思われるが不明。下部水槽(サプレッション・プール)の排水は、放射性物質を多く含んだ水中へ原発職員3名が潜水し、手動でバルブを開栓する作業だが不動により失敗(作業員は大量に被曝したがその後の消息は不明とされる)。これを受け消防隊12名がプール排水のためポンプとホースの設置作業を行いこちらはおおむね成功した。爆発した4号炉をコンクリートで封じ込めるために、延べ80万人の労働者が動員された。4号炉を封じ込めるための構造物は石棺(せきかん / せっかん)と呼ばれている。事故による高濃度の放射性物質で汚染されたチェルノブイリ周辺は居住が不可能になり、約16万人が移住を余儀なくされた。避難は4月27日から5月6日にかけて行われ、事故発生から1か月後までに原発から30km以内に居住する約11万6000人全てが移住したとソ連によって発表されている。しかし、生まれた地を離れるのを望まなかった老人などの一部の住民は、移住せずに生活を続けた。放射性物質による汚染は、現場付近のウクライナだけでなく、隣のベラルーシ、ロシアにも拡大した。













チェルノブイリ

THE BLUE HEARTS


誰かが線を引きやがる
騒ぎのどさくさにまぎれ
誰かが俺を見張ってる
遠い空のかなたから

チェルノブイリには行きたくねぇ
あの娘を抱きしめていたい
どこへ行っても同じことなのか

東の街に雨が降る
西の街にも雨が降る
北の海にも雨が降る
南の島にも雨が降る

チェルノブイリには行きたくねぇ
あの娘とキスをしたいだけ
こんなにちっぽけな惑星の上

丸い地球は誰のもの
砕け散る波は誰のもの

東の街に雨が降る
西の街にも雨が降る
北の海にも雨が降る
南の島にも雨が降る

チェルノブイリには行きたくねぇ
あの娘とキスをしたいだけ
こんなにちっぽけな惑星の上

丸い地球は誰のもの
砕け散る波は誰のもの
吹き付ける風は誰のもの
美しい朝は誰のもの

チェルノブイリには
チェルノブイリには
チェルノブイリには行きたくねぇ

















THE BLUE HEARTSの、1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発事故をテーマにした曲。チェルノブイリ原発事故の2年後に発表されたこの歌は1988年、日本の新たな原子炉の稼働に抗議して作られた曲だと言われております。自主制作版で片面のみのシングルとして発売され、CDシングルは「ブルーハーツのテーマ」のカップリングとして発表されました。この曲はマーシーの作詞・作曲です。この曲を聴いてどう考えるか、どう受けとめるかは人それぞれでしょう、ただ単純に歌詞をストレートにうけとめる人はあまりブルーハーツを知らない人かな!?この曲は発売当時も賛否両論でした。私が今までに色々見たり、聞いたりしてきた この「チェルノブイリ」についての意見や考え方の中で、核心を突いているだろうな〜と思ったものをネットから抜粋します。原子力発電なんていらない。核廃棄物という手に負えない廃棄物を生み出す上に一度制御不能になれば、人体に深刻な影響を及ぼす放射能をまき散らす原発などいらない。誰にも汚すことのできない、誰のものでもない地球で、「あの娘」と仲良くしていたいだけなんだから、だれもそれを汚さないでくれ。私も本当にそうだと思う!ブルーハーツは単純にそれを訴えたかったのだと思う!日本がこんな事になる20年以上前から!この曲が初めて演奏されたブルーハーツ初めての日本武道館ライブのアンコールでヒロトが、その日新たに稼働を始めた原子力発電所の話をした後に、チェルノブイリ原発事故について知らない人は自分で調べて、一人ひとりが考えを持っておくことが大切だと言っていらしいです。ブルーハーツから言わせれば、それみたことかって話ですよ!発売当時この曲にしかめっ面をしていた、大人達、政治家、東電関係者、原発推進派、ほ〜れ見ろ!なんですよ!ブルーハーツに言わせればですけどね!原発が必要か必要じゃないかなんて、私にはデカい事は言えません。実際、原子力発電の恩恵は受けてきたわけだし、ブルーハーツの様に以前からメッセージを送ってきたわけでもないから・・・ただ、今回のような事故が起こると必ず浮き彫りになる事! それはその事によって至福を肥やしていた奴らが沢山いて、そいつらは事故によって犠牲になった、あるいは犠牲になっている人達のことなんて何も考えていないってこと。俺のように事が起きてから考え、避難するのは誰でも出来る、ことが起こる20年以上前から訴えていたブルーハーツはやっぱすげ〜と思う。この曲によって社会派ロックバンドと言われ始めたザ・ブルーハーツ。

『Eiju Craft 〜Off〜』より















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
リンダリンダ  ←リンダリンダ 【2016年06月】の更新記事一覧 →タリホー  タリホー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif