ホンダ FTR

ホンダ FTR

















76103110073.jpg



















FTR・スタンダード ¥421,200(消費税抜本体価格 ¥390,000)



















































本場アメリカのダートトラックの雰囲気を持ち込んだ「FTR250」

モトクロス、トライアルなど、オフロード競技のひとつであるダートトラック。土を固く敷きつめたオーバルコースを左回りで競う単純なものだが、アメリカのGPライダーは誰もが経験していて、滑る感覚を完璧にマスターしていた。つまり、ロードレースでのずば抜けた速さの秘訣はここにあったというわけだ。そんなフラットトラックの雰囲気を日本に持ち込んだのがFTR250だ。アメリカでは盛んだったが日本ではほとんど知られていなく、ダートトラックの伝道者となった。低重心化を図った専用設計のダブルクレードルフレームに、エンジンはオーソドックスな空冷OHCシングルだが、バルブシステムにはRFVCを採用したXR、XLR系ベースのもの。低回転から高回転までフラットな特性ながら、フラットバルブのPJキャブを採用し、瞬時のアクセルに対応した。外観はダートトラックのワークスマシンRS500Dをコピーし、幅広ハンドル、足着き性の良い低シート、低重心、ショートホイールベースを実現。リアの足回りにはホンダお得意のプロリンクを採用し、ブレーキは前後ディスク。前後タイヤはFTR250専用のものが開発されたほどで、本格的なダートトラッカーとなっている。また、セル付きとキック仕様を選ぶことができた。保安部品は簡単に取り外せるようになっており、すぐにコースで使える設計となっていた。そんなスライドコントロールの楽しさを教えてくれる唯一のバイクだったにもかかわらず、日本においてはイベントとしての盛り上がりに欠け、モトクロスやエンデューロのようなブームになることはなかった。こうしてラインナップから外れて約10年後、スタイル重視のストリート系のブームで登場したFTR223は、FTR250そっくりの外観で登場。ベースとなるフレームやエンジンこそ異なるが、街乗りのみならず、ダートトラックでも楽しめる高いポテンシャルも受け継がれている。


ダートトラックレーサーをイメージした手軽なストリート・シングル

今から20年以上前、性能と速さを追求するレーサーレプリカが全盛だった時代に、ある1台のバイクが登場した。アメリカで人気のモータースポーツである、土の上を豪快にスライドさせながる走るフラットトラック競技に出場するマシンのイメージを、そのまま公道モデルに落としこんだFTR250だ。実際にフラットトラックレースに出場できるだけの性能と装備をもって登場したFTR250だが、ロードレース全盛時代の流れには逆らえず、モデルとしての寿命は短命で終わってしまった。しかし、1990年代後半からはじまったテイスト系バイクへの注目とカスタムブームの隆盛により、にわかにFTRへスポットが当てられることとなるが、絶版となって年月の経つモデルだけに在庫数も少なく、それに変るモデルの登場が多くのユーザーから待ち望まれていた。そして2000年秋、FTRが「FTR223」という形で復活を果たす。軽量・コンパクトなボディに、トルクフルな空冷単気筒エンジンを搭載、先代同様フラットトラックレーサーのスタイルで新生したFTRはまたたく間に大ヒットモデルになり、今やストリート・シングルの定番モデルとも言える存在になっている。多くのライダーに支持されるFTRとは一体どんなバイクなのか。試乗を通して、その実力を確かめてみたい。


素材としての美しさを感じるシンプルな作りが魅力

フラットトラックレーサーをイメージしたFTRは、シンプルな車体構成が特徴だ。余計な電子デバイスは付与されておらず、オーソドックスな設計となっている。搭載されているエンジンは、トレールバイクで実績を積んだ223ccの空冷OHC単気筒4ストローク単気筒エンジン。5,000回転以下の常用域でトルク特性を重視しており、街乗りに向いた仕様に設定。また、セルスターターが搭載されているので始動は容易だ。サスペンションはフロントにテレスコピックフォーク、リアにモノショックサスペンションを採用したコンベンショナルな構成で、街中における安定性だけでなくフラットトラックでの走破性も考慮したとセッティングとされている。そして、何より特徴的なのがフレームだ。軽量ながらも高い剛性を確保するために、タフなオフロードモデル同様のセミダブルクレードルフレームを採用。そして、剛性を保持しながらもできる限り補強プレートを使わない設計とすることで、「フレーム自体の美しさ」を強く意識したデザインとなっている。シンプルさで言えば、外装も簡素さと美しさを兼ね備えたデザインだ。フラットトラックレーサーの雰囲気を漂わせる装備類は、必要充分な機能を備えるが派手さは抑え目。メッキパーツを使わないソリッドなスタイルは、FTRが持つ「素のバイク」としての美しさを引き出している。FTRは、近年のカスタムブームにおいて、中心的存在の一つだ。カスタムが似合うバイクというのは、何でもいいわけではない。ベースとしてのマシンが美しいからこそ、カスタムが映えるのだ。モーターサイクル本来の美しさをシンプルに表現しているからこそ、多くのライダーがFTRでカスタムを楽しむのではないだろうか。


いつでもどこでも気軽に走れる高い走破性と安心感が魅力

とにかく気軽。これこそFTRが持つ最大の美点だ。スリムな車体と低いシート高が実現する高い足つき性は、身長174cmの筆者だと両足がべったりと着き、まったく不安がない。軽い車体は取り回しもよく、押し歩きも全く苦にならないレベルで、走行中も軽快感がある。ホンダの歴代トレールバイクで熟成された223ccの空冷単気筒エンジンは、絶対的なパワーこそ大排気量車に比べて物足りないものの、分かりやすいトルク感と適度な鼓動感が心地よい。ブレーキやサスペンションもずば抜けて高性能というわけでなく、このクラスのモデルとしては標準的なレベルだが、それゆえに「ブレーキでつんのめるかも」とか「サスを使い切れないかも」などといった気負いを感じずにライディングを楽しめる。例えば、ふと思いついたようにバイクに乗りたくなったとき、大きいバイクだと乗るだけでも面倒に感じることがあるし、いくらパフォーマンスが良くても、それを使えるシチュエーションを探すのは難しい。しかし、FTRなら思い立ったらすぐに乗ってバイクを楽しめる。街中でストップ&ゴーや寄り道を繰り返しながら乗っていると、そんな風に感じてしまった。もちろん、気軽だからといって走りのレベルが低いわけではない。むしろ、乗れば乗るほど懐の広さを感じてしまう。フラットトラックレーサーを意識した幅広のハンドルはコントロールが容易で、ブロックパターンのタイヤは荒れたアスファルトも気にせず乗り越えられる。ハンドル切れ角が大きいため小回りが効き、荒れた道でも細い路地裏でも気にせずどんどん入っていけるのだ。実際にダートでも走行してみたが、これがまた面白い。トレール車のように起伏を楽しむ乗り方には向いていないが、フラットなダートをマイペースで走り、時にはアクセルを大きく開ければ、ちょっとしたレーサーのような気分が味わえてしまう。そこにも、気軽に乗れる軽量・コンパクトな車体が活きてくる。ちょっとやんちゃをしても恐怖感が少ないのだ。いつでも、どこでも楽しめる気軽さこそ、FTRの魅力。スペックには現れないこの気心知れた感覚は、乗ったライダーだけが分かる面白さかも知れない。


通勤・通学の足からレジャーまで毎日使えるバイクとして最適

気軽で扱いやすいFTRは、まさに街乗りバイクとして最適だ。排気量ゆえに高速巡航は得意ではないが、それ以外のシチュエーションで不足を感じることはない。単気筒ゆえに燃費もよく、各種消耗部品の寿命も比較的長いため、毎日使い込んでもコストをあまり気にせずにすむだろう。また、高い走破性は週末のちょっとしたツーリングやバイク遊びにもうってつけ。お気に入りのスニーカーのように、毎日を一緒に過ごすバイクが欲しいライダーにとって、FTRはおすすめできる選択肢と言えるだろう。もちろん、フラットトラックレーサー風の見た目に惚れたなら、それもアリ。ホンダワークスのトリコロールが足というのも、なかなかカッコいいのではないだろうか。


スペックシートだけでは伝わらない肩に力を入れずに楽しめるバイク

っきり言ってしまうと、FTRは「速い」バイクではない。排気量250ccに満たない排気量は高速巡航には向いていないし、スーパースポーツのように凄いスピードも出ない。スペックシートだけで比較してしまうと、上位に来るバイクではないだろう。けれども、スペックとバイクに乗る面白さが常にイコールとは限らない。シチュエーションを選ばなければいけない高性能や、街中で息が詰まる巡航性能よりも、どこでも楽しめる気軽さが面白いときがあるのだ。バイクに乗るのは非日常で特別なことかも知れないが、それだけに固執してしまってはつまらない。FTRは力の入りすぎたライダーの肩を揉み解し、素直にバイクを楽しませてくれる魅力を持っている。軽くて、乗りやすくて、道を選ばないマシンで街を流せば、今まで見えていなかった表情がきっと見えてくるはず。ばっちり決めたライディングスーツではなく、カジュアルな普段着でライディングを楽しむ。そんな素直な面白さを、FTRは教えてくれる。このスペックではない面白さは、きっとベテランライダーこそ感じられるものだろう。小排気量だからビギナー向け、などと思わずに、一度体験してみて欲しい。最近の高性能化の中で置き忘れてきた、バイク遊びの原点に触れるような感覚がそこにあるはずだ。


SPECIFICATIONS – HONDA FTR

フラットトラックレーサーをイメージしたスリムなボディに、軽量コンパクトな空冷4ストローク223ccエンジンを搭載。ダート走行も可能なブロックパターンタイヤを採用している。

■エンジン = 空冷4ストロークOHC単気筒 223cc
■最高出力 = 12kW[16PS]/7,000rpm
■最大トルク = 18N・m[1.8kg・m]/5,500rpm



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

いまだに人気ですよねー。

出た当時は、「ずいぶんニッチなつやを出したなあ、誰が乗るんだろう?」
って思っていました。
だって、ダートラ風モデルですからね。
僕なんかは・・・
●本格的にダートを攻められるわけでなく
●オンロードで早いわけでもなく
●妙に足つき性が良くて軟弱で、男が乗るのか女が乗るのか
・・なんて思っていたんですよ。
ところがその逆でしたね。
オンロードのツーリングでも、林道からみのツーリングでも、
街乗りでも、男でも女でも、大人でも若者でも、ファッションでも・・・
なんて、いろんな人に愛されるバイクになりました。
やーねわからないものですよね、人気って。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif