ポエトリー

ポエトリー

















sdgdfgd0004.jpg




















Poetry in Motion - Johnny Tillotson







































60年代前半に活躍した米国シンガーソングライターであるジョニー・ティロットソン(Johnny Tillotson)の代表曲。彼にとって5枚目のシングルで60年10月に全米2位(翌年全英1位)を獲得している。ポール・カウフマン&マイク・アンソニー作。日本発売は少し遅れて64年で邦題は「ポエトリー」。ジョニー・ティロットソンは60年代前半にこの曲を含む3曲のトップ10ヒット、14曲のトップ40ヒットを飛ばしている。しかし後述のように日本語で日本独自のヒット曲をいくつも飛ばし、米国以上に日本での活躍が目立った。ジョニー・ティロットソンのデビュー。ジョニー・ティロットソンは1939年にフロリダ州ジャクソンヴィルに生まれる。そして高校生となった1957年には自作の曲を地元のコンテストで歌うようになり、フロリダ大学に入学した頃にはテレビにも出演するようになった。大学在学中の58年にエヴァリー・ブラザーズが在籍していたケイデンス・レコードと契約し、彼の自作曲のシングル「Dreany Eyes(夢見る瞳)」でデビューするが、全米63位とそれほどのヒットにはならなかった。その後も59年から60年にかけて54位、42位、57位と全米トップ100にはチャート・インするものの大ヒットとはならなかった。初の大ヒットから絶頂期へ。そうこうするうち、60年にリリースしたこの曲が全米2位の大ヒットとなり一躍スターの仲間入りを果たす。翌1961年には「Jimmy's Girl」(全米25位)、自作曲「Without You」(全米7位)と続き、1962年にはデビュー・シングルの「Dreany Eyes(夢見る瞳)」が再発売され全米35位を獲得、自作曲で後にエルヴィス・プレスリーなどにもカバーされる「It Keeps Right On A-Hurtin'(涙ながらに)」(全米3位)などがヒットする。1963年には自作曲「Out Of My Mind(涙でいっぱい)」(全米24位)、「You Can Never Stop Me Loving You(恋に弱い子)」(全米18位)などのシングルをヒットさせた後、ケイデンス・レコードからMGMレコードへと移籍する。レコード会社移籍。そして1963年の移籍後リリースしたMGM第1弾シングル「Talk Back Trembling Lips」(全米7位)は幸先良く全米トップテン入りの大ヒットとなったものの、その後1965年までにリリースしたシングルは全米トップ100入りはするものの以前のような大ヒットにはならず、1966年以降は全米チャートに入ることも無くなった。64年ころからはアメリカでもビートルズ旋風が起こりそれまでの明るく甘いジョニー・ティロットソンのようなアメリカン・ポップスは好まれなくなったことが関係してると思われる。この曲のシングル発売前にひっそりとEP盤のカップリングで入ってた。この曲の日本でのシングル盤発売は64年まで待つのだが、あまり知られていない事実として62年に4曲入りEP盤の中に入っていたのだ。メインの曲は当時アメリカで3位の大ヒットとなっていた「涙ながらに(It Keeps Right On A-Hurtin')」。日本での大ブレイク。一方で日本におけるブレイクはアメリカとかなり時間差があった。またその曲目の順序も様相が異なっている。1963年に日本での最初のヒットとなった自作曲「キューティー・パイ(Cutie Pie)」はアメリカでは上述の「Without You」のB面曲であった。伊東ゆかりのカバーがヒットしたこともあって、デビュー曲のヒットで人気に火が付いて日本でも人気者になった。続いてのヒット自作曲「プリンセス・プリンセス(Princess Princess)」はアメリカでは「Poetry In Motion」のやはりB面曲であった。そしてアメリカに遅れること4年経った1964年にやっと「Poetry In Motion」が邦題「ポエトリー」としてシングルでリリースされ、これが大ヒットとなった。遅れた理由としては63年まで所属したケイデンス・レコードが日本での販売権が無かったためとされている。上記「キューティー・パイ(Cutie Pie)」と「プリンセス・プリンセス(Princess Princess)」が日本で予想外のヒットとなったため、日本ではシングル未発売であったこの曲を慌ててリリースしたと思うのは勘ぐりだろうか。



















50s-style-wedding.jpg


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif