永遠の夢に向かって★ Blackstar – David Bowie

 

★ Blackstar – David Bowie

★ Blackstar – David Bowie

















david-bowie-blackstar.jpg





















DAVID BOWIE

















































2013年1月8日、ボウイの66歳となる誕生日に突如、新曲「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」と10年ぶりとなる新作『ザ・ネクスト・デイ』を3月に発売すると発表。先行シングルの「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」は全世界119か国のiTunes Storeにて一斉配信開始され、リリースから24時間で27か国のiTunesチャート1位になった。ボウイ重病説を信じたエコー&ザ・バニーメンのフロントマン、イアン・マッカロクは、彼は亡くなるものだと思い込み、トリビュート・ソングを作っていたため、突然のカムバックに驚かされたらしい。2015年、自身が1976年に主演した映画『地球に落ちてきた男』が舞台化され、自身もプロデュースを担当することが発表される。舞台化作品のために、新曲の書きおろしと、過去の楽曲がアレンジされて提供される。2016年1月10日、18か月の闘病の末、肝ガン(かんがんr)により死去したことが公式Facebookにて公表された。2日前の69歳の誕生日にアルバム『ブラックスター』をリリースしたばかりであった。その収録曲「Lazarus」は、自らの死期を悟っていたボウイがプロデューサーのトニー・ヴィスコンティと共に、ファンへの最後のメッセージを盛り込んだ内容となっている。アルバムは、自身初の全米チャート(Billboard 200)1位を獲得した。

デヴィッド・ボウイと長年デザイナーとしてコラボレーションしてきたジョナサン・バーンブルックが、デヴィッド・ボウイの遺作となったアルバム『★(ブラックスター)』のアートワークについて語っている。『★(ブラックスター)』はデヴィッド・ボウイの25枚目のスタジオ・アルバムで、彼の69回目の誕生日となる1月8日にリリースされ、デヴィッド・ボウイはその2日後の1月10日に亡くなった。ジョナサン・バーンブルックは、このアルバムのカヴァーとスリーヴを手掛けており、過去には2002年の『ヒーザン』、2003年の『リアリティ』、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』、そして2014年のコンピレーション・アルバム『ナッシング・ハズ・チェンジド』でもデヴィッド・ボウイの作品に関わっている。『★(ブラックスター)』は、闘病中だったデヴィッド・ボウイからの「別れの贈り物」であり、ジョナサン・バーンブルックは、誰もが迎える死という概念がこのアルバムのアートワークには表れていると語った。「これは死という運命に直面した人間のことなんだ」とジョナサン・バーンブルックはデザインのWEBマガジン「デジーン」で先日インタヴューに答えている。「ブラックスターのシンボルは、“ブラックスター”と綴るより、最期であること、暗闇、シンプルさといった、この音楽に込められたものを表している」「発表された時には、このカヴァーは駄作だ、5分もあればデザインできると多くの人に言われた。しかし、シンプルさという概念に誤解があるのではないかと私は思う」レコード版の黒いスリーヴでは、星型の切り抜きから中にあるレコードが覗いている。「これは、レコードがもろい物体で、生まれ出ると同時に傷ついていくという事実を表している。つまり、これもまた死という運命を示唆するものなんだ」とジョナサン・バーンブルックは解説している。デヴィッド・ボウイとの仕事全般については、ジョナサン・バーンブルックは次のように語っている。「彼はいつも面白いことをやりたがっていて、レコード会社についてよく愚痴っていたよ。レコードのカヴァーの価値を理解していたね、他の人がその価値を忘れていた時でも」デヴィッド・ボウイの死を受けて、プロデューサーのトニー・ヴィスコンティは『★(ブラックスター)』は「別れの贈り物」であり、デヴィッド・ボウイの死は「アートのなせる業」であると評したメッセージを発表している。トニー・ヴィスコンティは次のように語っている。「彼はいつだってやりたいことをする人でした。そして、自分のやり方で、ベストな方法でやろうとする人でした。彼の死も彼の人生と変わりません。アートとしての作品だったのです。わたしたちのために彼は別れの贈り物として『★(ブラックスター)』を作ってくれました。こうなるであろうことは1年間のほど知っていました。しかし、わたしは準備ができていなかったのです。彼は桁外れの人物でしたし、愛と生活に溢れていました。彼はわたしたちと共にいてくれるでしょう。ただ、今は泣くときなのです」

















Bowie1044813531_convert_20160520035757.jpg




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif