永遠の夢に向かってトワイライトゾーン

 

トワイライトゾーン

トワイライトゾーン













P1218034.jpg



















Manhattan Transfer - Twilight Zone





































『トワイライト・ゾーン』(The Twilight Zone )は、アメリカ合衆国で1959年から1964年まで放送されたSF のテレビドラマシリーズ。このシリーズの脚本を多く手がけたロッド・サーリングがホストを務めていた。元々はサーリングが大学卒業直後に書いた『ザ・タイム・エレメント』が、『Westinghouse Desilu Playhouse』の1エピソード(主演はウィリアム・ベンディックス、マーティン・バルサム。監督アラン・ライスナー)として放送され、好評だったことから製作されたシリーズである。CBSで1959年10月2日から放送され人気を博した。シリーズは5年間続き、5シーズン・全156話が製作された。通常は30分枠での放送であったが、第4シーズンのみ一時間枠である。日本では1960年に日本テレビで『未知の世界』のタイトルで第1シーズンが、それ以降はTBSで1961年から1967年まで『ミステリー・ゾーン』のタイトルで放送された。一部は『ミステリー』のタイトルで放送。日本において放送されたエピソードは152本で、4本は未放映である。(131話「A Short Drink from a Certain Fountain」、142話「An Occurrence at Owl Creek Bridge」、147話「Sounds and Silences」、151話「The Encounter」)全話がモノクロ作品であり、21世紀に入ってからはCSのスーパーチャンネル、AXN、チャンネル銀河にて放送された。しかし、日本テレビ放送分である第1シーズンの全36話は日本語音声を紛失しているため、日本では再放送されていない。ビデオやDVDでは字幕や新規吹替で第1シーズンの販売実績はある。

マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer)はアメリカ合衆国のジャズ・コーラス・グループ。男女各2人による4人編成。卓越したボーカル技術とハーモニーを持ちながらも親しみやすい音楽性でポップ分野でも人気を博している。1972年結成。当時のメンバーは、ティム・ハウザー、アラン・ポール、ジャニス・シーゲル、ローレル・マッセーの4人。1975年に「The Manhattan Transfer」でレコード・デビュー。当初はアメリカよりもイギリスから人気が出た。グループ名は、ジョン・ドス・パソスの小説「マンハッタン乗換駅(Manhattan Transfer)」から。1978年交通事故で大けがをしたマッセーに代わりシェリル・ベンティーンが正式加入して現在のメンバー構成となる。1979年テレビ番組「トワイライト・ゾーン」の同名テーマ曲をジェイ・グレイドンのプロデュースでディスコ調にカバーし、これがヒットしたことで広く注目を浴びるようになる。1980年にウェザー・リポートのカバー曲「バードランド」でグラミー賞の最優秀ジャズ・フュージョン・ヴォーカル賞とヴォーカル編曲賞を受賞。1981年には「ボーイ・フロム・ニューヨーク・シティ」がポップチャートでも大ヒットし、最優秀ジャズ・ヴォーカル賞など3部門でグラミー賞を受賞した。その後も1983年1985年1987年1990年にグラミーの主要な賞を獲得している。日本では1980年代前半にサントリーブランデーのCMに出演した。頻繁に来日公演しており特に2000年からは毎年来日している。来日公演のライブ盤や日本限定盤アルバムもいくつかリリースしている。


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif