リアリティ

リアリティ

















gghnjcfgjghj.jpg





















Reality 2003年9月15日



















































リアリティ(Reality)はイギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイの26thアルバム。 2003年9月にISOコロムビア(日本ではソニーミュージック)よりリリースされた。また2007年にソニーミュージックより紙ジャケット版がリリースされている。前作『ヒーザン』からわずか1年3ヶ月で発表された。共同プロデュースに前作同様トニー・ヴィスコンティを迎えている。収録曲のほとんどはニューヨークをテーマに書かれているが、それぞれの楽曲ごとに異なるイメージに仕上がっている。前年のツアーで獲得したライヴ感もエッセンスに加えられている。またジョナサン・リッチマンやロニー・スペクター、キンクス(ボーナス・トラック)などのカヴァーにも取り組んでいる。本作リリースに伴い大規模なワールドツアー『リアリティ・ツアー』も行われ、ダブリンでの公演の様子をDVDで見ることができる。日本では「ネヴァー・ゲット・オールド」がシングル化され、ミネラルウォーター「ヴィッテル」のCFにも使用された。本作ツアー中にボウイはハンブルクにて動脈瘤による心臓の痛みを訴え緊急入院、残りの公演は中止となった。これ以降のボウイは、創作活動に対し一時は消極的になり、次回作『ザ・ネクスト・デイ』の発表まで10年を要することになる。

デヴィッド・ボウイのアルバムジャケットのアートワークはどれも、デザイン性と表現が豊かなのが特徴です。特にアルバム「ヒーザン(Heathen)」以降のアートワークは秀逸で、驚きをともなうものでした。これらのデザインを手掛けたのはジョナサン・バーンブルック(Jonathan Barnbrook)という英国のデザイナーです。日本でも六本木ヒルズのVI(ビジュアル・アイデンティティ)を手掛けるなど、数多くの仕事で評価を得ています。「ヒーザン」の重い写真とは打って変わってイラストでジャケットは飾られています。「ヒーザン」と「リアリティ」のアルバム発売間隔は1年という短さで、姉妹アルバムといっても差し支えありません。「ヒーザン」が「静」ならば「リアリティ」は「動」の印象が強いことから、陰鬱な写真表現からポップなイラスト表現になっていると思われます。しかし、どちらも宇宙人的な印象を与えることで(ヒーザンのジャケット写真では目が特徴)宇宙から来たデヴィッド・ボウイのアイデンティティを表現しているように感じます。このジャケットの内側はポップで明るい色彩と大胆なタイポグラフィが特徴になっています。ここでも書体を逆さまにした表現が見られますが、ヒーザンのような深い意味はなく、動的な明るさを表現したものと思われます。デヴィッドボウイが提示した「Reality(現実)」というテーマにイラストという非現実で回答したバーンブルックの力量に驚きを禁じ得ません。



















714xS7m1HR_convert_20160520032623.jpg




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif