永遠の夢に向かってシャナイア・トゥエイン

 

シャナイア・トゥエイン

シャナイア・トゥエイン

















2+(1)_convert_20160515051042.png





















SHANIA TWAIN


















































シャナイア・トゥエイン(Shania Twain)は、カナダ オンタリオ州出身のカントリー歌手。過去4枚のアルバムで累計8500万枚のアルバムセールスを誇る。 サードアルバム『Come On Over』はカントリージャンルのアルバムとして全世界4000万枚売り上げを記録しトップ10チャートに50週間ランクイン。シャナイア・トゥエイン(Shania Twain)は女性アーティストのアルバムとして歴史上最高の売り上げを記録している。5つのグラミー賞を受賞する。1965年、オンタリオ州のウインザーに生まれるが、2歳の頃に母親の離婚・再婚などで同じオンタリオ州の田舎町、ティミンズのインディアンコミュニティーに移り、実母と先住民族オジブワ族の義父のもとで他の異父弟妹3人と共に育てられる。経済的に貧しい生活だったが、母親のサポートにより音楽的才能が見出され、地元のレストランやバーなどでの演奏で家計を助けるようになる。1987年、彼女が22歳の時、両親が事故により他界。 オンタリオ州のハンツビルに移り住み、地元観光ホテルなどのステージに出演しながら 未成年である弟妹達を育てる。1991年にナッシュビルの音楽関係者にスカウトされ、アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルに移住。1993年にマーキュリー・レコードからアルバム『Shania Twain』でデビューを果たす。本名はアイリーンだが、デビュー前にオジブワ族の言葉で「我が道を行く」という意味のシャナイアに変えた。2枚目のアルバム『ウーマン・イン・ミー』の制作でタッグを組んだ音楽プロデューサーのロバート・ジョン・"マット"・ランジと結婚(2001年に長男が誕生したが、2008年に離婚)。故郷の地元紙が、シャナイアが母親の連れ子であり オジブワ族の父親とは血縁にない事を暴露する。 プロフィールや芸名でインディアンのアイデンティティーを売りにしている部分もあったため、一部の先住民族団体などからクレームが付く。 これに対して彼女は「私は自分の中に実際どれだけのインディアン血が流れているかは知りません。 しかし、父ジェリー(義父・母親の再婚相手)に引き取られた娘として、私は50%北米インディアンと登録されました……これは私の心であり魂、そして私はそれを大変誇りにしています」とコメントした。1996年に発表した3枚目のアルバム『カム・オン・オーヴァー』でグラミー賞カントリー・女性ヴォーカル部門受賞。 同アルバムはカントリーアルバムの売上世界一(約4000万枚)を記録している。収録曲「ホエン」はテレビドラマ主題歌になった。2002年にアルバム『アップ』をリリース、ビルボード・アルバム・チャートに初登場から5週連続1位、初週874,000組の売り上げとなった。さらに世界各国でトップ・テンに入るヒットになり、1,700万枚を超える売り上げを記録した。2004年に新曲3曲を含むベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』をリリース。2005年に『デスパレートな妻たち』のサウンドトラックに新曲「Shoes」を提供した。2009年8月、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」シーズン9(シカゴオーディション)でゲスト審査員を務めた。



















9ad25b0edcb298d9285ef58fa1754ef7.jpg
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif