永遠の夢に向かってLet's Go honda !

 

Let's Go honda !

Let's Go honda !

















img01L.jpg



















本田技研工業株式会社































世界最大のエンジンメーカーであり、最も多くの国際モータースポーツに参加している自動車メーカーであるHondaのモータースポーツの歴史は、22歳で独立し、修理工場を経営し始めた創始者、本田宗一郎が自らの手で創ったレーシングカーでレースに出場したことに始まる。1936年にはピストンリングの生産を始めて、修理工場から製造業へ転身、1948年にはモーターサイクルの製造を開始し、本田技研工業株式会社が誕生した。当時、国内のモーターサイクルメーカーはレースに参加して自社の優位性をアピールしていたが、Hondaはその中でも強さを発揮していた。54年には日本メーカーとして初めてブラジル、サンパウロにて行われた国際モーターサイクルレースに参加、1959年からマン島TTレース125ccクラスに出場、61年には125cc/250cc両クラスのタイトルを手中にし、世界最大のモーターサイクルメーカーに育っていった。設計者、メカニック、ライダー、エンジン性能テストマン、材料技術者などが集まり、最大の能力を出し合いながら激しいエネルギーを集中させて、戦後の苦難から立ち上がって作り上げたひとつのモニュメント、それがHondaの1960年代のモーターサイクルレーシングであった。そして、モーターサイクルの次は自動車だと、Honda社内の誰もが思っていた62年に、Hondaはプロトタイプのスポーツカーを発表する。翌年にはHonda初のスポーツカーであるS500を発売した。次は当然、レースである。やるなら頂点を目指すという目標で、無謀にもいきなりF1にチャレンジすることに決めたのだ。ホンダでは伝統的に「RA」で始まる型式名としているが、これは第1期のF1参戦時において、すでに実績を残していた2輪と区別する意味において、「Racing Automobile」を示す意味で付けられたもの。なお、その後に付けられる数字については参戦時期において下記のように異なる意味が込められている。系統だった命名規則はなかった模様。最初に作られた試作エンジンの「RA270E」については、「最高出力270馬力(最高時速270kmという説もある)を目標とする」というところから「270」とつけられたと言われている。1967年の「RA300」以降については、シャシーの開発体制を日本の研究所が中心だった旧体制からイギリスの現地部隊中心の新体制に改めたことから、新たな飛躍を目指す意味で当時の監督だった中村良夫が番号を一新することを決め、きりの良いところで「300」とした。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif