FC2ブログ

永遠の夢に向かってホンダ ステップ ワゴン スパーダ

 

ホンダ ステップ ワゴン スパーダ

ホンダ ステップ ワゴン スパーダ
















CA391127b.jpg

















本田技研工業株式会社



































ステップワゴン(Step wgn)は、本田技研工業が生産、販売するミニバン型の乗用車である。1990年代までの日本のワンボックス型乗用車の多くが、キャブオーバータイプの後輪駆動レイアウトを用いていた中、FFレイアウトの箱形ミニバンである。パッケージングの良さと、価格帯の広さから販売面で成功を収め、他社からも対抗車種の展開がはかられた。1996年5月8日デビュー。クリエイティブ・ムーバーの第3弾として発表された(発売は5月10日)。当時 日本のワンボックス型乗用車は、商用車ベースで運転席下にエンジンがあるキャブオーバータイプが多かったが、FFレイアウトによる床の低さや、四角いシンプルなスタイル、戦略的な低価格などにより、一気に人気モデルとなった。車名は、同社のステップバンに由来するものであるが、当時 日本では「ミニバン」という用語がまだ定着しておらず、「商用車」を連想させる「バン」を止め、「ステップワゴン」となった。英語表記は「STEP WGN」で、タイプ名を「W」、「G」、「N」とする「お遊び」もあった。収益率を向上させるため、コスト低減に関する施策は徹底され、運輸省(現 国土交通省)の型式認定を受ける際の費用を抑えるため、エンジンをB20B型のみ、トランスミッションをコラム式4速ATのみとそれぞれ一種類ずつに絞り、車体設計では、有限要素法解析(FEM)による使用鋼材の削減、パネル分割の工夫による部品点数とプレス型の削減を、従来以上に推し進めた。その他にも、車体剛性確保のため右側スライドドアを設けず、フロントドア以外のガラスをスイング式にすること、溶接痕の目隠しと、リアコーナー部のシール作業を省略するため、無塗装の太い樹脂モールと、大型リアコンビランプで車体の角を覆うことなど、多岐に及んだ。副産物として、車重も1,410〜1,530kgと、軽量に仕上がった。しかし、行過ぎた設計には弊害もあり、車体剛性の低さや、それに起因する、ステアリングコラムとブレーキマスターシリンダー(バルクヘッド部)の取り付け剛性不足、リモートケーブルの剛性不足とフリクションの大きさ、ノブ自体の質量不足による、ATセレクターレバーの操作性(節度感)の悪さなどが指摘された。これらは、構成が近いCR-Vにも当てはまるが、両車とも販売が非常に好調であったため、大幅な設計変更が許され、部分的には改善が施された。また、販売面でも、運転席SRSエアバッグやABSをオプション扱いにするなど、車両価格を抑える戦略が採られた。そのため、重量区分の関係もあり、エアコンをメーカーオプションとした「N」の価格は184.8万円と安価で、販売店の集客に貢献した。しかし、実際のセールスでは(工場でのエアコン取り付け作業を減らすためもあり)「N」を薦めることは無く、販売比率は5%前後と非常に低い。シート配置は、荷室重視の「N」以外は3列シートが基本で、2列目は、1:2分割の回転対座シートと、3席一体で折りたたみ、荷室を拡大できる「ポップアップシート」の2種類が選べた。「N」は2列シートで、「ポップアップシート」のみとなっている。サスペンションは、前輪側がストラット式。後輪側のサスペンションは、オデッセイと同様の形式のアッパーアーム/ロアデュアルアーム+トレーリングアームで構成してダンパーとスプリングを別体配置している。全タイプにFFと4WDの設定があり、シート配置と駆動方式の組み合わせで、「W」と「G」は4車種、「N」は2車種と、非常にシンプルなグレード展開となっていた。エンジンは、CR-Vに搭載されているB20B型 直4 2.0L DOHCのみで、トルク特性はステップワゴン用に低速寄りにチューンされ、出力は125PSに抑えられていた。4WD機構は、通常時はFFで、前輪が空転すると後輪に駆動力が伝わるスタンバイ式で、駆動力の伝達には「デュアルポンプ」が使われている。デュアルポンプ式は「ビスカスカップリング」に比べるとつながりが唐突なため、雪上走行の多いユーザーではこれを嫌う向きもある。2003年6月5日に、専用フロントグリル、エアロフォルムバンパー等のエクステリアや黒を基調としたインテリアが特徴の「スパーダ」シリーズ(ワイドフェンダーを装着し、全幅が1.7mを超えるため、3ナンバー登録。「S」と「24T」の2タイプを設定)も追加された。SPADA:イタリア語で剣を表す。元は1988年に発売された同社のオートバイ VT250 SPADA に使用されていた呼称が、2・3代目の後期型及び4代目以降のタイプ名として転用されたもの。また、静寂感が漂う弓道場。1人の女の子が、弓矢を構えます。矢が放たれると、SPADAが現れ、矢の速さと力強さで走りぬけます。今回は、ホンダのステップワゴン SPADAのCMで、凛とした佇まいで弓矢を射る女の子を紹介します。松木エレナ(まつき えれな)さん、2003年11月11日生まれ。趣味・特技:バレエ、ピアノ、歌。エレナちゃん、日本とイタリアのハーフです。雑誌などで活躍するモデルさんだそうです。ドラマなどには出演していなく、CMも今回が初めてのようです。このまま、今のように、普通の女の子でいて欲しいような・・でも、ドラマなど幅広く活躍する様を見てみたいような・・・たぶん、このCMをきっかけに、注目されることは間違いなしです。

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif