永遠の夢に向かってPeter Gunn Theme

 

Peter Gunn Theme

Peter Gunn Theme
















women-redheads-green-eyes-pop-art-Roy-Lichtenstein-portr73-24.jpg

















The Art Of Noise - Peter Gunn Theme













































ジ・アート・オブ・ノイズ (Art of Noise, The Art of Noise) は、前衛的なエレクトロニック・ミュージックのグループ。トレヴァー・ホーンが立ち上げたZTTレコーズのサウンドエンジニアからなる正体不明のユニットとして結成された。ZTTレコーズからチャイナ・レコードへ移籍した際に、アン・ダドリー(キーボード担当)、J.J.ジェクザリック(サンプリング担当)、ゲーリー・ランガン(ミキシング担当)、ポール・モーリーのメンバー名が公表された。アート・オブ・ノイズの原型となった作品に、セックス・ピストルズの仕掛け人として知られるマルコム・マクラーレンのアルバム「Duck Rock」がある。(1982年にスクラッチの導入を試みたヒップホップ・トラック「Buffalo Gals」をシングルカットしている。)トレヴァー・ホーンがプロデュースし、アン・ダドリーとゲーリー・ランガンが、全トラックの作曲、演奏、ミキシング、プログラミングを担当した。1983年に発表されたイエスのアルバム「ロンリー・ハート」(原題:「90125」)では、トレヴァー・ホーンがプロデュースに起用され、J.J.ジェクザリックとゲーリー・ランガンの2人が、エンジニアリング、及びキーボード・プログラミングを担当した。また、シングルカットされた「ロンリー・ハート」は、全米チャート(Billboard Hot 100)1位を記録した。グループは1983年にミニアルバムの制作を経てデビューアルバム「誰がアート・オブ・ノイズを…」を発表。シングルカットされた「Close」は全英チャート8位を記録。その後、チャイナ・レコードへ移籍し、3枚のオリジナルアルバムを発表した。「Peter Gunn」(全英チャート8位)、「Paranoimia」(全英チャート12位)、「Kiss」(全英チャート5位)の3曲が、全英チャート(Music Week)にランクインした。1999年、アン・ダドリー、トレヴァー・ホーン、ポール・モーリー、ロル・クレームによって再結成され、ZTTレコーズに復帰しアルバム「ドビュッシーの誘惑」を発表している。グループ名は、イタリア未来派の画家・作曲家・楽器発明家 ルイージ・ルッソロの論文「騒音芸術(Art Of Noises)」から。1986年のMTV Video Music Awardsの表彰式にて、ギタリストのデュアン・エディと共に「Peter Gunn」のスタジオライブを行った。来日時の1986年8月6日には、フジテレビの番組「夜のヒットスタジオ」に出演し「Paranoimia」を披露している。(日本青年館にて東京公演が行われた。)また、本国イギリスでは1988年10月27日にBBCの人気テレビ番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」へトム・ジョーンズと共に出演し、プリンスの原曲で知られる「Kiss」のカバーバージョンを披露した。


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif