TOYOTA MR2

TOYOTA MR2
















yhjdfyhjdfhtrthhyhjd.jpg
















TOYOTA MR2 AW11












































MR2(エムアールツー)は、トヨタ自動車が、日本国内市場向けに昭和59年(1984年)から平成11年(1999年)までの期間に製造販売していた、日本の自動車メーカーで初の市販ミッドシップ車である。なお、欧州などの日本国外市場においては、MR-S(ZZW30型)が、引き続きMR2の名称を継続して新車販売が行われていた。日本向けモデルでは、MR2の名称をW10型とW20型までで、W30は別名称のMR-Sを用いている。日本国外向けモデルでは、W10型~W30型まですべてMR2で統一されている。MR2の名称の由来は、MR(ミッドシップ・ラナバウト=小型ミッドシップカー)2シーターからきている。1983年の東京モーターショーで発表された試作車SV-3をもとに、リアスポイラーの形状変更、デジタルメーター、Tバールーフの非装備など若干の仕様変更の後、1984年6月に市販された。製造はセントラル自動車(相模原市の旧工場)。1984年度の日本カーオブザイヤー受賞車である。安価で量産性を高めるため、足回りとエンジン、トランスミッションは既存の前輪駆動車(E80型カローラ)を流用し生産された。同様な成り立ちのX1/9やアメリカ・ゼネラルモーターズのポンティアック・フィエロを参考にしたとの話や、開発時期が英国ロータスと技術提携していたことから、一部ではロータスが設計した車両をトヨタが再設計してコストダウンしたものとの説もあった(ただしロータスの関与についての確認はヨーロッパでの実走テストにテストドライバーが参加したことのみ)。1986年にはビッグマイナーチェンジを行い、内外装がブラッシュアップされ、スーパーチャージャーやTバールーフの装備車が設定された(通称後期型)。1988年の一部改良で電動格納ドアミラーの設定、内装生地の変更、ハイマウントストップランプの設定が行われ、SW20型に入れ替わるかたちで生産を終了した(通称最終型)。AW型は全グレードにおいてパワーステアリングの設定は一切なかった。生産終了から20年ほどまでは中古車市場で取引されることも多く、維持管理部品のメーカー供給も(加工・流用で対応できる部品を除いて)ほぼ問題なく行われていたが、20年を超えるころから内外装関連で廃番部品が多くなり、部品取り車、リサイクルパーツが高騰しつつある。なお、AW1#系で採用されたエンブレムは七宝焼きで、AWの文字を模した鳥(猛禽類)が描かれているが、補給部品は2010年にプラスチックベースのものに変更された。


















Toyot001.jpg



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

MR2

MR2の突然の発売は自分にとって衝撃的でした。トヨタとしては、何年も前から入念な調査、開発の末、この時代に満を持してDebut!させたのでしょうが。当時、車に興味を持ちだした頃で、まるで自分のために用意してくれたような自意識過剰な錯覚がありま・・・した(笑)。なにしろ、多感な年頃だったので斬新な車に感じましたね。

NoTitle

これはおもしろい車でしたよね。
ライトウェイト車では、ぜひ一度オーナーになってみたい車のひとつでした。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif