永遠の夢に向かってトヨタ ランドクルーザー 70

 

トヨタ ランドクルーザー 70

トヨタ ランドクルーザー 70

















carlineundcruiser2.png















トヨタ ランドクルーザー 70 トヨタ自動車WEBサイト

































ランドクルーザー(LAND CRUISER )は、トヨタ自動車が製造する最上級モデルの大型四輪駆動車である。日本では「ランクル」と通称される。(トヨタ自身も2014~15年に出したWeb広告に「ランクルなら辿り着ける世界がある。」と言うキャッチコピーを使用しており、半ば公式略称の様相を呈している。)2014年8月25日に"70"シリーズの発売30周年を記念して2015年6月30日生産分までの期間限定で約10年ぶりに復活した[2]。ラダーフレーム構造の採用による優れた堅牢性・耐久性を引き継ぎつつ、エンジンは日本国内向けでは初採用となるV6・4.0Lの1GR-FE型に置換。軽量・コンパクト設計のアルミ製シリンダーブロック、吸気効率を高めるVVT-i、ACIS(2段階可変吸気システム)を採用しすることで「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得する環境性能と最高出力170kW(231PS)、最大トルク360N・m(36.7kgf・m)の高い動力性能を両立。トランスミッションは信頼性と操作性に優れた5速マニュアルを採用するが、2速と3速にトリプルコーンシンクロメッシュを組み込むことで滑らかなシフトワークを実現し、ラフロード走行時の素早いシフトチェンジにも対応。駆動方式はトランスフォーレバー操作による駆動モード切替が可能なパートタイム4WD(デュアルモードオートマチックロッキングハブ付)を採用。市街地や高速道路での走行には静粛性や燃費性能に優れた2輪駆動モードで走行し、不整地や雪路、急な坂道などを走行するときには路面状況に応じた2種類の4輪駆動モードに切り替えることで走破性を高めた。また、時代の要請に合わせてフロントフェイスやインテリアはより現代的なデザインとなる。フロントグリルやフードの形状を変更し、フロントグリルに装着のエンブレムはトヨタのCIを用い、ヘッドランプはウインカー一体型の異形タイプとなった。インパネはオフロード走行時に車体の姿勢が把握しやすいように水平基調のストレートデザインとすることで機能性を確保。特別感を付与するため、ボディサイド両側に30周年記念の専用エンブレムを装着し、キーボックスや車検証入れは本革仕様とした。併せて、運転席・助手席SRSエアバッグやABSを標準装備するなど安全性も高めている。ボディタイプはランドクルーザーらしいフォルムと高い居住性を実現する「バン(GRJ76K型)」に加え、最大600kgの貨物を積載できる堅牢なデッキスペースを備えた、日本国内でのピックアップトラックでは初のダブルキャブ仕様となる「ピックアップ(GRJ79K型)」の2種類を設定した。

















2014toyodruiseran_convert_20150604093930.jpg





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ビリー・ジーン  ←ビリー・ジーン 【2015年06月】の更新記事一覧 →TOYOTA MR2  TOYOTA MR2
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif