永遠の夢に向かってAyrton Senna da Silva,

 

Ayrton Senna da Silva,

Ayrton Senna da Silva,













Ayrtomasmanrique200.jpg

















Tribute Ayrton Senna









































今なお多くのファンや関係者から史上最高と称えられている偉大なレーシング・ドライバー、アイルトン・セナ。 幼少期からゴーカートに親しみ腕を磨いた後、ヨーロッパに渡り本格的自動車レースへ。 1984年からは自動車レースの最高峰、F1世界選手権にトールマンからデビュー。 雨のモナコGPなど早くも才能の片鱗を見せ付け、翌1985年には上位チームのロータスへ移籍。 しばしば光る走りを見せ、次代のチャンピオン候補としての地位を確立する。この頃からすでに、1周の速さを競う予選ではポールポジション(予選1位・PP)を量産しており、 多少のマシン的ハンディキャップをものともせず、 見事なまでのマシンコントロールと集中力で、「速さ」ならセナにかなうものはいないことを知らしめた。 以後、通算PP数は65回を数え、予選での限界ギリギリの走りはセナの魅力の一つになっている。1988年にはトップチームのマクラーレンに移籍。 その年早くもチームメイトで2度のチャンピオンであるアラン・プロストを破り、 初のワールドチャンピオン。その後も1990年、1991年と王座を獲得し、名実ともにF1界の頂点に登りつめた。 1992年、1993年はライバルチームのウイリアムズの大躍進の前に苦戦を強いられるが、 そんな不利な状況の中で次々と伝説的なレースを展開し、セナの評価は一層高まった。1994年、さらなる飛躍を求めてウイリアムズに移籍。しかし神経質なマシンに苦悩する。 そんな中、第3戦サンマリノGPで1位走行中にマシンが操縦不能に陥りコンクリート壁に激突し事故死。 伝説になる。常に努力を忘れず全力・限界ギリギリでレースに取り組む姿勢は人々を感動させた。 日本人的にはそんな生真面目な性格と、ホンダとの友情などから、共感を覚えたファンも多い。 精密機械のような精確さと、情に厚い人間臭さを併せ持ち、 それは芸術的なドライビングとして如実に現れ、 多くのファンを魅了した。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

アイルトン・セナ

セナの乗ったマシンとイベントなどがあると、よく足を運びました。ほんとうに美しいマシンで実車は、何度見ても飽きることがありません。世界的なドライバーの展示物は、迫真に迫り、感動的です。

NoTitle

NHKのセナの番組、観ましたよ!
「2位は、敗者のトップでしかない・・・」
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif