FC2ブログ
 

TACOBELL JAPAN

TACOBELL JAPAN
















1110930326052444238863449154912788691899.jpg
















Taco Bell Japan(タコベル日本)










































Taco Bell(タコベル)、日本再上陸へ

アスラポート・ダイニングは2015年4月21日(火曜日)、東京都渋谷区道玄坂に、メキシカン・ファストフード「Taco Bell(タコベル) 道玄坂渋谷店」をオープンした。「タコベル」は、1962年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したメキシカン・ファストフードのブランド。「タコス」は、トウモロコシの粉や小麦粉を焼いたトルティーヤに肉やレタス、チェダーチーズなどの具材を入れた商品。「ブリトー」は、好みの肉、サルサ、ライスと野菜をトルティーヤで巻いた。チーズを使った「ケサディーヤ」や、具材を層にして5角形に包んだ「クランチラップ」など、いずれもオーダーを受けてから仕上げ、さらに肉など具材をカスタマイズできるのが特徴となる。ほか、トルティーヤチップスをチーズ、アボカドソース、サワークリームなどのトッピングとともに食べる「ナチョス」、日本限定メニュー「シュリンプ&アボカドブリトー」「タコライス」も提供する。価格はタコス320円、ブリトー500円、タコス2つとサイドメニュー、ドリンクのセットが790円など。

場所は東京都渋谷区道玄坂2-25-14。営業時間は10時~23時。




0420nabe-tako-0.jpg





メキシコブームの大本命、世界的チェーン「Taco Bell」オープン!タコスはヤミツキになるぞ!!

メキシカン・ファストフード『Taco Bell(タコベル)』日本1号店が満を持して2015年4月21日(火曜日)東京・渋谷にオープンしました。Taco Bellは、1962年にアメリカ・カリフォルニアで登場したファストフードブランド。フレッシュさを売りにしたタコス、ブリトーなどオリジナリティーあふれるメニューは幅広い年代から支持を得て、現在、全米を中心に世界で6000店舗以上、毎週4200万人以上が利用する世界有数のファーストフードと成長しています。日本では数年にわたって熱意を持ってオファーをしたアスラポート・ダイニングがパートナーとなって、若者の街、渋谷の道玄坂に上陸。オリジナルのメニューも用意し日本でのファン獲得を目指します。気になるTaco Bell 1号店。グランドオープンに先駆けて行なわれた記者発表会にて、その味を体験することができましたよ!メインとなるメニューは定番の“タコス”、“ブリトー”、“クランチラップ”、“ケサディーヤ”と、日本限定の『シュリンプ&アボカドブリトー』、『タコライス』の2品を加えた計6品。単品での注文のほか、ドリンクとセットのサイドメニューのコンボセットが用意されています。ほかにもサイドメニューの“ナチョス”も、Taco Bellの看板商品のひとつです。価格は、タコス1個は320円でほかのメニューは単品で500円以上。財布にはワンコイン以上の準備があったほうがよいでしょう。タコス、ブリトー、クランチラップ、ケサディーヤは、肉やソースの辛さのカスタマイズが可能。レジではメインの商品、肉、辛さ(マイルド、ミディアム、ホット)、サイドメニューの選択という4つのステップでオーダーを案内してもらえます。タコスは加えて生地をコーン、トルティーヤの2種類からの選択が必須。この選択の過程は、正直慣れていないと戸惑うかもしれません。「タコスお願いします」というだけでは注文はとおらないので。しかし、カスタマイズこそTaco Bellの醍醐味。サンドイッチチェーン『サブウェイ』に行ったような感覚で、何度か通いながら自分の好みの味を模索できるというのが楽しみのひとつです。Taco Bellでは注文を受けてから調理するスタイルが特徴。食材を新鮮なままで提供してくれます。また、渋谷店では店内に広いオープンキッチンを儲けており、調理の活気あふれる様子が見えるようになっているのもポイント。食の安全性などクリーンさをアピールする意図があるそう。ソフトドリンクは気軽なセルフスタイル。私としては残念なことに、アルコール類は提供していませんでした。タコスとビール合うだろうにな~!料理は、注文してから調理をスタートするスタイルだけに提供時間が気になりますが、この日の場合はある程度注文が集中したにも関わらず5分程度とストレスない待ち時間で提供してもらえましたよ。今回お願いしたのは定番のタコスが2入ったコンボメニュー。ビーフ(タコミート)とポークをひとつずつ、コーン、柔らかいトルティーヤの両方の生地でお願いしました。それぞれサワークリーム、チェダーチーズ、新鮮なレタスとトマトを挟まれています。手づかみガブッと行きます。口に含むと、肉やレタスが漏れてきてしまいますが、そのあたりがメキシカンな感じがして非常に楽しい。スパイシーに味付けされた肉と、ピリッとしたソースがおいしく、あとをひきます。ヤミツキになる味とはこのことかと納得。特にタコミートと言われるビーフは、ほかでは味わえないメキシカン~な味付けでトウモロコシ由来の生地がしっかりと受け止めてくれます。ソースはホットとミディアム両方を食べてみましたが、ホットでも飛び上がるような辛さではないので、辛いのが苦手という人以外は気軽にチャレンジてみて良いでしょう!サイドメニューとして注文したポテトも、スパイシーな味付けでおいしいです。ハンバーガーチェーンの一般的な塩味のポテトより食欲をそそる味付けです。ビールに合うだろうなぁ、本当に。なお、店頭で販売している商品は全品テイクアウトで持ち帰りすることもできます。なので、私のようにどうしてもアルコール類と一緒に楽しみたい場合は、持ち帰って別途お酒を用意すると良いでしょう!私がイチバン気になっていたのはタコライス。タコライスって、沖縄発祥の料理だから、本場のメキシカンではないんですよね。それをあえてTaco Bellが出すというのが興味深いです。メキシカンライスの上にタコミートとチェダーチーズ、フレッシュサルサ、レタスが乗ったTaco Bellオリジナルのタコライス。食べてみてびっくり! サルサの中に香草のような香りがあり味がやや複雑で本格的。チェダーチーズが後をひき、これもまたヤミツキにります。渋谷という立地を考えると、お酒のしめの最後の食事としても人気が出るのではないかと思いました。中にプリピりのシュリンプ(海老)と、アボカドソースが入っています。味はニクいことにワサビマヨ。日本人の好みをわかっています。アボカドとシュリンプの相性の良さといったらバツグン。ブリトータイプは食べやすいので、女性でも手の汚れを気にせず注文できるというのもうれしいですね。




0420nabe-tako-05.jpg


















Taco Bell USA


株式会社 アスラポート・ダイニング
















タコベル(Taco Bell)は、カリフォルニア州アーバイン市に本社を置く。アメリカ合衆国の大手ファストフードチェーン。ヤム・ブランズが親会社である。以前は一時ペプシコーラの一部であった。タコス、ブリート、ナチョス、ケサディーヤなど、「テクス・メクス料理」(テキサス風メキシコ料理)や「カル・メクス料理」(カリフォルニア風メキシコ料理)風の食品を提供する。タコベルは、マクドナルドやバーガーキングなどのハンバーガーを販売するファーストフードチェーン店との差別化を図るために、ハンバーガー等に使用されるバンズの代わりにトルティーヤを一貫して使用しており、「think outside the bun(バンズを脱して考えよう)」というスローガンを掲げている。1980年代中盤から後半にかけて、ハンバーガーチェーン店に対抗するために、タコス風味に調理した牛肉と、レタス、チーズ、トマトをバンズで挟んだ「ベル・ビーファー」という商品が存在した時期もあったが、人気が出なかったために販売停止となった。また店舗とメニューがより小規模の販売店、「Taco Bell Express(タコベルエクスプレス)」がフードコート、ショッピングモール、空港のターミナルビル、デパート、ホテル、喫茶店、ガソリンスタンド、大学の学生食堂他に存在する。タコベルはケンタッキーフライドチキンやピザハットなど、他のヤム・レストラン店と小売の場を共有することがある。タコベルの公式ウェブサイトによれば、2006年時点でアメリカ合衆国本土48州とハワイ州、グアム、プエルトリコにおいて6500を超えるフランチャイズ店舗を経営しており、その他アメリカ州、アジアとヨーロッパに280超の店舗を展開している。日本には1980年代に一度進出(東京、名古屋地区などに)したがすぐに撤退し、2014年時点では在日米軍基地内のみとなっていたが、2015年2月、アスラポート・ダイニングと日本国内におけるフランチャイズ契約を締結し、本格的に再進出する運びとなり、第1号店が2015年4月21日に渋谷区道玄坂にオープンした[2]。今後の展開に関して、タコベル インターナショナルのメリッサ・ロラ社長は、「日本については、当面は渋谷の1店舗に注力して、いろんな情報を発信していく」「まずは渋谷店を成功させたい。その後はフライチャイズ先であるアスラポートと相談しながら決めていく。日本における今後の出店数については白紙の状態だ」とコメントしている。













o-TACacebook_convert_20150427022344.jpg





Tacoeverages_convert_20150427030117.jpg



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
万里  ←万里 【2015年04月】の更新記事一覧 →LAMBORGHINI  LAMBORGHINI
 

~ Comment ~

ミートタコス

自分も今は、ほとんど行ってませんが、とても美味しいタコスが食べられる店がありました。お酒も飲める店です。そこのオーナーは、メキシコじゃないですが、東南アジアで味の勉強などをして来て、店作りも凝っていて最高でした。インド、アジア、メキシコ、などが混ざり合った店でしょうか。ライスも、細長いタイのごはんで調味料がいいのか、すごくおいしいです。それを塩が付いたグラスで飲むコロナビールがめちゃくちゃ旨い(笑)。そこのミートタコスは、必ず注文します。なぜ、行かなくなったかというと移転して、店を大きくして普通の料理しか出さなくなってしまったからです。自分みたいな人も多く、小さな店だった頃のファンも多いと聞きます。あの頃の味と店が好きだったタコスの思い出(笑)。渋谷も行けたら、新たな発見があるかも、小さな冒険の旅(笑)!つかりこさん、タコベル食べたら、記事お願いしますね(笑)。

NoTitle

これは行ってみたいですね。
新宿に個人経営のタコスの店が昔からあって、
ちょくちょく行っていたんですが、
大手チェーンの味がどんなものか、確かめてみたいです。
タコスは大好きで、スーパーでトルティーヤだけ買ってきて
自分でも作って食べたりします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif