FC2ブログ

永遠の夢に向かって僕らは愛の花咲かそうよ

 

僕らは愛の花咲かそうよ

僕らは愛の花咲かそうよ
















imgJGFJGJFGHJ.jpg















オフロードバイクの総合情報サイト




































デュアルパーパス(dual purpose)は、オートバイの車種を分類するカテゴリの一つで、未舗装路や不整地(オフロード)での走行を考慮した装備や構造を持ち、なおかつ舗装路や公道(オンロード)での走行にも対応しているものを指す。「オフロードバイク」や「オン・オフモデル」または「オフロードタイプ」などと呼ばれることもあるが、公道を走るための保安基準を満たしていないオフロード専用の車種とは区別してデュアルパーパスと呼ばれる。「デュアルパーパス」という言葉は、英語で「2つの用途」といった意味で、この場合はオフロードとオンロードの2つの用途を指す[1]。この場合の「オフロード」は不整地や未舗装路、公道ではない場所を指し、「オンロード」は舗装路や公道を指す。かつてはオフロード専用か公道走行可能かの区別なく「スクランブラー」とも呼ばれていた。日本国外では「dual-sport」や「Trail」などとも呼ばれている。デュアルパーパスとして分類される車種は、オフロードで充分な走行性能とオンロードで一定の走行性や快適性を持ち、主としてオンロードを走行することを前提として設計された他の分類の車種とは大きく異なる特徴を持つ。オフロードでの走行性能や車体の特徴は一様ではなく、オフロードでの車体特性とオンロードでの車体特性のどちらに重きを置くかによって多様性に富み、さらに細分化して分類されることも多い。同様にデュアルパーパス車用タイヤはユーザーの用途に応じて選択できるようにトレッドパターンの種類が豊富で、未舗装路でのグリップ性能を重視したブロックパターンタイヤからオンロードでの性能を重視した製品まで数種類のものがある。オンロード走行を主眼に設計された車種に比べると、軽量で細身の車体で、単気筒ないしは2気筒のエンジンを搭載するものが多い。タイヤは細く径が大きいものが装着され、サスペンションは柔らかくストロークが長いが、オフロード指向の強い車種ほどその傾向が強くなる。最低地上高やシート(座席)の高さが高い車種が多い。最高出力よりも中低速域での過渡特性を重視して、オフロードで扱いやすい出力特性のエンジンを搭載している。総じて、オンロード用の車種に比べると、オンロードでの性能や快適性は劣り、オフロードでの走行性能は優れていて、オフロードで取り回しやすい車種は市街地での走行で扱いやすい。ただし程度は比較する車種によって異なる。一方、モトクロッサーなどのオフロード専用の車種と比較すると、メンテナンスフリー性や公道での運用に耐える耐久性、あるいは荷物の積載や二人乗りに耐えられる強度を持たせた設計となっていて車重がやや重い。さらに保安部品に適合した灯火類や消音効果の高いマフラーが装備されている。先進国では公道走行が認可される条件として排気ガスの濃度に規定があるため、オフロード専用の車種に比べるとエンジンの出力がやや抑えられる。シート高はモトクロッサーほど高くなく、長時間の着座でもオフロード専用車種よりは快適な構造となっている。オフロード専用タイヤはブロックが高く柔らかいため公道での使用が危険で認可されていないのに対し、デュアルパーパス用のタイヤはオフロードでの性能を犠牲にして舗装路でも十分な安全性が確保されている。サスペンションやステアリングの特性は衝撃吸収性能や旋回性能よりも、高速安定性や直進安定性などを重視した設定となっている。また、市街地から高速道路まで幅広い速度域に対応するため、トランスミッションはワイドレシオになっている。総じて、オフロード専用車と比べると、公道での日常的な利用にも対応できる一方で、オフロードでの走行性能が多少犠牲になっている。なお、夜間や一部に公道を利用したコースを走行するエンデューロレース用やラリー用の競技車両のように、オフロード専用車種の中には部分的に保安基準に適合したものもあるが、デュアルパーパスに分類されないのが一般的である。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

HONDA XR250 BAJA

若い頃、会社の先輩が桶川でオフロードレースをしていて、その先輩がHONDA XR250 BAJA に乗っていて、強い憧れを持ちました。でも、自分はロードバイクに向かってしまいましたが。BAJAの強烈な印象が、今でもぜんぜん残っています。

NoTitle

バイクで山を登るには、スタンディング・ポジションが基本です。
急な坂なら、トライアルマシンでもなければ、一気に登り切るしかありません。
半クラの技術は必須です。
半クラを使って、エンジンの回転数が下がらないようにしないと登れないですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif