FC2ブログ

永遠の夢に向かってインテルラゴス サーキット

 

インテルラゴス サーキット

インテルラゴス サーキット














一周4km程の短いトラックで、比較的アップダウンが激しくバンピーな反時計回りのサーキット。これまで多くの劇的なレース展開の舞台となっており、変わりやすい局地的天候が荒れたレース内容をもたらすのが特徴的である。














InterlagosTFDGDFGDFGD_convert_20150412031148.jpg
















VBCVBCVBCVBCsvg.png

Autódromo José Carlos Pace



















































サーキットの特徴

インテルラゴス・サーキットとは、ブラジルサンパウロ近郊にあるサーキットのこと。「インテルラゴス」は「湖と湖の間」という意味があり、20世紀前半に水と電気を供給するために造られた2つの人工湖のほとりにある。正式名称は「アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ」であり、これはブラジル出身でブラバムに在籍し1977年に飛行機の墜落によって死亡した地元出身のF1ドライバー、ホセ・カルロス・パーチェに由来する。一周4km程の短いトラックで、比較的アップダウンが激しくバンピーな反時計回りのサーキット。これまで多くの劇的なレース展開の舞台となっており、変わりやすい局地的天候が荒れたレース内容をもたらすのが特徴的である。


歴史に残る2008年最終戦ブラジルGP

見るものすべてを興奮させた2008年最終ブラジルGP。ファイナルラップまでワールドチャンピオンが決まらないという劇的な展開に。レースを制したのはフェリペ・マッサ。マッサがチェッカーを受けたとき誰もがそのワールドチャンピオンを疑わなかったが、チェッカーフラッグの手前からふたつ目のコーナーで突如失速したトヨタのティモ・グロックをルイス・ハミルトンが抜き去り5位になり、ギリギリのところで史上最年少F1ワールドチャンピオンとなった。こんなワールドチャンピオンの決まり方は後にも先にもこの2008年ブラジルGPのみである。





rd2GHJKVJJBra.gif





サーキット情報

インテルラゴスは"湖と湖の間"という意味があり、文字通り、20世紀前半に水と電気を供給するために造られた2つの人工湖を指している。アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ、通称インテルラゴス・サーキットはサンパウロ郊外に位置する。もともとは家を建てるために2人の不動産開発業者が購入した土地で、家屋の建設に不適当だと判明したことから代わりにサーキットが建設されたのだが、サンパウロが急成長を遂げるに伴い、サーキット周辺を家々が囲むのにそう時間はかからなかった。インテルラゴス・サーキットは古くから存在していたが、F1開催地ではなかった。エマーソン・フィッティパルディの成功がブラジルにF1グランプリをもたらしたと言える。1973年にF1カレンダー入りを果たす以前、1971年と1972年は非選手権を開催。サーキット名"アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ"は1977年に飛行機の墜落事故でこの世を去ったホセ・カルロス・パーチェに由来する。パーチェが記録した唯一のF1勝利がインテルラゴスだったのだ。1978年はリオデジャネイロのジャカレパグア・サーキットへ移ったが、翌年にはインテルラゴスに戻る。しかしながら、1981年から1989年まではリオでの単独開催が続き、1990年にインテルラゴスに戻って以降は同じ場所で開催されている。インテルラゴス・サーキットの旧バージョンでは現存するタイトでツイスティなインフィールド区間とすこぶるつきの高速セクションが共存していた。オリジナルのレイアウトには4つの高速コーナーがあり、それをつなぐ長いストレートではマシンが20秒ほど全開のままになる。1周を通じてかなりのバンプがあり、特にグラウンドエフェクトカーがさかんに取り入れられた1980年までは非常に危険なサーキットだとみなされていた。それに加えてサーキット周辺にファベーラ(貧民街)が迫ったため、ブラジルGPの舞台はより魅力的なリオデジャネイロのジャカレパグア・サーキットに移転。1990年、インテルラゴスにレースが戻る際には1500万ドルの再開発プランがサーキットを今の姿に変貌させた。F1カレンダーの中でも、まれな反時計回りのコースであるインテルラゴスは長く緩やかな曲線部分ときついコーナーが連続する部分で構成されている。かなりアップダウンの激しいコースで、高速で駆け抜けるマシンにとって苛酷な狭過ぎるコーナーなど、さまざまな状況に対応できる柔軟性とマシンコントロール能力が求められる。第1コーナーにシケインが置かれているのはマシンを安全なス ピードまで落とさせるためだ。ワールドチャンピオンであり続けたブラジルの天才ドライバーで国民的ヒーロー、アイルトン・セナの死後もブラジル人ファンの情熱は冷めることなく、グランプリ週末は今でも印象的な観客数を誇っている。



ブラジル・インテルラゴスサーキット(F1) - Google


概要

インテルラゴス・サーキットは、ブラジルの南部サンパウロ市にあるサーキット。インテルラゴス (Interlagos) とも呼ばれる。F1ブラジルGPが行われる。サンパウロ近郊のグアラピランガ湖とビリングス湖の近くにあるサーキットで、「インテルラゴス」は「湖の間」という意味がある。もともとインテルラゴスの湖畔地域は著名な別荘地であるものの、サーキット周辺の土地は湖からも遠いため不動産業者が宅地開発に不向きと判断して1930年代にサーキットを建設し、1936年にオープンした。しかし、1970年代以降のブラジル経済の急成長によりサーキット周辺に住宅地が形成され[2]、現在は高層アパートが立ち並ぶベッドタウンになっている。サーキット名は1970年代にブラバムに在籍したサンパウロ出身のF1ドライバー、ホセ・カルロス・パーチェに由来する。パーチェは1975年のブラジルGPで地元においてF1初優勝を達成し、1977年に飛行機の墜落によって死亡した。1936年の開設後、サンパウロ周辺で最大のサーキットであることからF1から国内選手権、地方選手権まで多くのレースが開催されている。ブラジルGP初開催は1973年。南米におけるF1開催は1998年までアルゼンチンGPが行われていたが、現在は当地で行われるブラジルGPのみである。旧レイアウトでのグランプリ開催はグランド・エフェクト・カーの台頭による安全面の問題や、サーキット周辺の治安悪化問題が原因となり1980年で終了し、1981年からはリオデジャネイロのジャカレパグアへ移った。その後レイアウトを短縮し、1990年にブラジルGPの開催地がインテルラゴスに戻り、最初の優勝者はアラン・プロストとなった。1991年から2000年までの10年間のうち、1993年のアイルトン・セナ以外はこのグランプリの優勝者がワールドチャンピオンになっており、一時はブラジルGP(インテルラゴス)を制すものはタイトルを制すと、一部でジンクスのごとくささやかれた。2004年以降はシーズン終盤の開催となり、2005年から2009年まで5年連続でチャンピオン決定の場となった。サンパウロは標高800mの高原地帯に位置するため天候が変わりやすく、レース中に通り雨が降ることがある。ブラジルGPでは1993年のセナの逆転優勝や2003年の赤旗レース終了前にトップとなったジャンカルロ・フィジケラの逆転優勝、2008年の最終ラップのチャンピオン決定劇といったドラマを演出している。


レイアウト

旧レイアウトは全長約8kmの非常にツイスティかつ起伏に富んだロングコースで、現在のコースの外側を大きく外周し、現コース部分をインフィールドエリアとして活用するサーキットであった。現在の旧コースは1コーナーの先をスタンド兼駐車場として活用されている他、旧インフィールド部分も一部が取り壊されている以外はほぼ残っており、ヘリコプターからの空撮時等に確認することが出来る。1990年に約4.3kmに短縮する大改修を受け、新しい2コーナー~6コーナー間は旧コースを逆走するレイアウトを取り、小変更を加えながら現在の形になった。2006年までは路面の起伏が激しく状態が良くなかったが、2007年に再舗装され路面が滑らかになった。20世紀中に造られたF1開催サーキットとしては珍しい左(反時計)回りのレイアウトを持つ。各所にロングコーナーがあるためドライバーの首への負担が大きく、特に6・7コーナーではF1サーキット最大の5Gがかかる。下り勾配のホームストレートエンドにある1・2コーナーは、地元の英雄であり、サーキットの再改修にアドバイザーとして携わったアイルトン・セナの名を取り「エス・ド・セナ」(セナのS字)と命名されている。3コーナーの「クルヴァ・ド・ソル」は土地が低いため、ウェットレースではコース上に川ができ、ハイドロプレーニング現象によるコースオフを起こしやすい。かつては2コーナー出口にピットロード合流地点があったが、安全面から3コーナー先に変更された。バックストレート「レタ・オポスタ」の先にある複合の4・5コーナーは、1コーナーと並んでオーバーテイクポイントとなる。コースはそこから上り坂となり、高速の6・7コーナーを経て、低速のインフィールドセクションに入る。この区間はラップタイムへの影響が大きいため、空力セッティングはダウンフォースレベルを強めに設定する。ヘアピンを立ち上がると下りの高速コーナーを通過し、12コーナー「ジュンカオン」で急減速。あとは緩く左にカーブした上り勾配を全開加速する。この最終区間ではエンジンパワーが要求される。最終15コーナーはピットロード入口を跨ぐラインを走行する。1周に要する時間は72秒ほどである。これは現在のF1開催サーキットの中では1番短い。


危険性

以前よりホームストレートの手前14コーナー「スビダ・ドス・ボセクセス」付近の危険性が指摘されており、近年では負傷事故の他4件の死亡事故が発生している。アウト側にタイヤバリアはあるがエスケープゾーンが非常に狭いため、クラッシュしたマシンがコース上に跳ね返され重大事故に繋がるケースが多い。2003年のF1ではマーク・ウェバーが14コーナーでクラッシュし、後続のフェルナンド・アロンソが破片に衝突する多重クラッシュが発生しアロンソが負傷した。2007年には2月にオートバイレースでライダーが死亡し、12月9日に開催されたストックカーV8ライトではラファエル・スペラフィコがクラッシュ。後続のレンタオ・ルッソが衝突し、他の車両数台を巻き込む多重クラッシュによりスペラフィコが死亡した他多数の負傷者を出した。2011年には4月3日と4月17日にストックカーレースで立て続けに事故が発生。3日は豪雨の中の多重クラッシュによりグスタボ・ソンダーマンが、17日には67歳のパウロ・クンゼが横転事故によりそれぞれ死亡した。これを受けブラジルモーターレーシング連盟 (CBA) および国際自動車連盟 (FIA) のチャーリー・ホワイティングによる検討・視察の結果、2012年前半に二つのグランドスタンドを撤去し、14コーナーと15コーナー間にランオフエリアを設置する事が決定された。しかし2014年11月30日のWECではLPM1-Hクラスのポルシェ・919ハイブリッドに乗るウェバーが14コーナーでクラッシュし、LM-GTEクラスのフェラーリ・458イタリアを巻き込む多重クラッシュを起こした。


設備

ブラジル国内レースでも使われているコースだが、常設の観客席は少なく、毎年、F1のグランプリ期間前に突貫工事で仮設スタンドなどの整備をしている。管理が行き届いているとは言えず、2000年には予選中にメインストレート脇の看板が相次いでコース上に落下したことで赤旗中断を繰り返し、その内の一度は走行中のジャン・アレジを直撃するというハプニングが起きている。ピット施設が老朽化している上にピット裏のパドックエリアも狭いため、大掛かりな改修が予定されている。計画では現在の3コーナーと4コーナーの間のストレート区間へピットを移設し、ここに新たなスタート・フィニッシュラインが置かれる。


交通

公共交通機関によるサーキットまでのアクセスは地下鉄とバスを乗り継ぐ必要があったが、サンパウロ州知事であったジェラルド・アルキミンが、サンパウロ市内の鉄道CPTMのC線をインテルラゴス・サーキットまでの延伸すると表明。2007年10月に、C線改め9号エスメラルダ線(CPTM L09 Esmeralda)の路線延長が完了し、同年10月17日、サーキットの東約500mほどの地点に、アウトードロモ駅(Autódromo)が開業し、郊外鉄道から徒歩でサーキットに向かうことができるようになっている。


周辺

サンパウロ市街の高層アパートが立ち並ぶ住宅地にあるためアクセスは良いものの、最終コーナーの奥にはスラム街(「ファヴェーラ」と呼ばれる)があるなど周辺の治安は良くない。特にグランプリウィークになると、レース関係者を狙った盗難や強盗事件などが頻発しており、レース関係者であることを隠すためにチームスタッフに対して、サーキット外でのチームユニホーム着用禁止を発令しているチームもあるほど。2010年にはジェンソン・バトンを乗せた車が武装した強盗団に狙われ、危うく難を逃れるという出来事があった。なお、ルーベンス・バリチェロの実家はサーキットのすぐそばにあり、ここで初期のレースキャリアを過ごした。バリチェロにとってブラジルGPは「ご当地レース」であったが、優勝することは叶わなかった。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

高原地帯

サンパウロ市を含むサンパウロ州の多くの都市は標高800mぐらいの高原地帯なんです。そのため通り雨は基本的に多いです。高原のため昼間30度を越えても夜は涼しくなります。日本みたいに寝苦しいことは少ないです。天候+高低差+パンピーな路面って感じかな?
高低差は実際に見て少し驚きました。

波乱と感動のサーキット

インテルラゴス サーキットのことを考えていたら、記憶がだんだん蘇ってきて、セナがマクラーレン・ホンダで活躍していた頃、ここインテルラゴス サーキットのめまぐるしく変わる天候でレースが大荒れになった年がありました。何年か忘れましたが、何しろこのサーキットは波乱を生むレースと総合優勝が決まるGPも多く、それがたまらなく面白かった記憶があります。レインマスターの異名を持つセナだけに雨を見方に奇跡に近い追い上げとか、F1ファンを大いに楽しませてくれました。そんな気候とハードなレイアウトで人々に感動を与えるインテルラゴスでした。

インテルラゴス

少し前にブラジルのこの開催地を失う可能性もあり、サンパウロ市は多額の予算で2014年に改修をしたそうです。特にバンピーと言われていた路面の再舗装。ところで、ファベーラはすぐに確認できます。駅からの歩きは少し怖かったです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif