永遠の夢に向かってF1サーカス 開幕

 

F1サーカス 開幕

F1サーカス 開幕
















Flaustraliconvertedsvg.png
















『F1グランプリ2015』 BSフジ








































決勝 2015年3月15日(日曜日)  17:00~18:40 放送

BSフジが無料放送する今シーズンの「F1 GRAND PRIX」。2015シーズンも「F1グランプリ」全20戦の予選・決勝を送!大幅なレギュレーション変更が各チームの明暗を分けた昨シーズンだったが、今シーズン最大の話題は何と言っても「マクラーレン・ホンダ」の復活。ジェンソン・バトンと、フェラーリから移籍したフェルナンド・アロンソが新しいホンダのエンジンを操る。またレッドブルを離れたセバスチャン・ベッテルはフェラーリでキミ・ライコネンと共に王座を狙い、昨シーズンのコンストラクターズチャンピオン、メルセデスAMGはワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンと、最後までチャンピオンシップを争ったニコ・ロズベルグという組み合わせで、今シーズンも白熱のレースが期待される!

オーストラリアグランプリ(オーストラリアGP Australian Grand Prix)はオーストラリアで行われている自動車レースで、1985年以降はF1世界選手権の1戦となっている。1985年から1995年まではアデレードのアデレード市街地コースにて、1996年からはメルボルンのアルバートパークサーキットにて行われている。オーストラリアは元々イギリスからの移住者が多い土地柄もあり、フォーミュラカーのローカルレースが様々なサーキットで開催されていた。1928年にはフィリップ・アイランドで最初のオーストラリアGPが開催された。1957年には国内選手権 (Australian Drivers' Championship) が創設され、1964年には国内トップフォーミュラ (Australian National Formula) が制定された。南半球のモータースポーツシーズンは北半球ではオフシーズンにあたるため、当時の世界の一流ドライバーを招き、地元のドライバーが挑戦し競争した。1960年代にはタスマンシリーズの主要なイベントとなり、ジャック・ブラバムやブルース・マクラーレン、クリス・エイモンといった地元出身のF1ドライバーがウィナーとなった。1970年以降はF5000やフォーミュラ・パシフィック、フォーミュラ・モンディアルといった国際的な車両規格を取り入れて行われた。オーストラリアGPがF1世界選手権の一部になったのは1985年である。季節が逆転する南半球で行われるこのレースは冬を避けるため、シーズン最終戦として開催された。アデレード市街地コースはモナコのモンテカルロ市街地コースほどではないにしろ、ドライバーやギヤボックスにとって厳しく、ドライバー・チーム双方からは不評を買っていた。その一方で、市街地レースとしては抜きどころが多く、観戦ポイントが整備されているなど、観客には最も人気のあった市街地サーキットのひとつであった。また、アデレード市街地コースになってから、盛大にチェッカーフラッグを振る名物オフィシャルがいた。1996年以降はアルバートパーク・サーキットでシーズン開幕戦として開催されている。緑樹の美しい公園内の特設コースで行われ、新シーズンの始まりを盛り上げるイベントも充実している。ただし2006年はコモンウェルスゲームズ(英連邦大会)開催の関係で、また2010年もバーレーンGPに開幕戦を譲ることとなった。アルバートパークとの契約は2015年まで結ばれているが、ここ数年開催赤字幅が拡大しており、ビクトリア州の財政支援が議会で批判されている。赤字幅拡大の理由は、市街地(公園)サーキットであるために毎年ガードレールなどの設置をする必要があること、観戦者の消費が減少していること、開催権費用が高騰していることなどである。このためフィリップ・アイランド・サーキットへの移転計画が伝えられている(ただしF1基準のサーキットではないため、開催には大幅な改修が必要となる)。また、ヨーロッパとの時差の関係上、ヨーロッパでのテレビ観戦が未明になってしまうことから、バーニー・エクレストンはナイト・レース開催を要求している。2009年以降は現地時間17時スタートのトワイライトレースとして開催されているが、セーフティカー出動などにより時間が長引くと日没が迫り、視界不良になってしまうという懸念もある。


















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

セナのVTR、泣けます!
あの時代のターボエンジンを搭載したマクラーレンホンダのマシンと
セナのドライビングは、いまでも最強だと信じています。
そして、復活したホンダのターボエンジン!
セナはもういないげと、活躍が楽しみです。

ブラジルでも放送されるようです。ブラジルでもF1は関心が高く、たぶん日本よりテレビで情報を得られます。こちらの時間で日曜朝9時からなので、見てみます。こちらの実況はもっと熱いかな?

セナのホンダへの思いが見られるすばらしいビデオですね。セナが勝利したビデオを見るよりもきますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif