FC2ブログ

永遠の夢に向かってHonda Civic Type R 2015

 

Honda Civic Type R 2015

Honda Civic Type R 2015
















honda-type-r-concept-15-1-1.jpg
















Honda Civic Type R 2015 Sound
































ホンダは、今後、日本車ではまだ少数派の過給ダウンサイジング・エンジンによる攻勢をかけるようです。 新聞報道などによると、ホンダは欧州向け次期「シビック Type R」を皮切りに低燃費化を図った直噴ターボエンジンを複数車種に搭載して欧州、日本、米国、中国などに導入、中期的に年間100万台を超えるグローバル販売を見込んでいると言います。実際、ホンダの伊東社長は2012年9月の記者会見の中で「2015年にFFでニュルブルクリンク最速のシビック Type Rを欧州へ投入する」と発表しており、その手段が今回の「直噴ターボエンジン」だったという訳です。 ホンダはジュネーブモーターショー2013のプレスカンファレンスでもWTCCマシンで培った技術をフィードバックしながら同車の開発を進めていることや、2013年中にニュルブルクリンクでテストを開始、市販目標が2015年であることを発表しています。またスバルもBOXERエンジン搭載全モデルの直噴ターボ化を予定しているようで、既販のレガシィに続くインプレッサなどへの搭載が注目されています。こうした直噴ターボエンジンは低燃費化だけでなく、「走りの愉しさ」も期待できるだけに、この分野で先行する欧州車は勿論のこと、国内でもホンダやスバル以外のメーカーからの本格参入も考えられます。 過給ダウンサイジング・エンジンは「スポーティ」なエコカーの切り札として、日本でも今後のトレンドとなるかもしれません。


















honda-type-r-concept-03-1-1.jpg




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif