FC2ブログ
 

NISSAN GT-R

NISSAN GT-R
















2013-nissan-gt-r-nismo-gt3-race-car-5_convert_20150125232214.jpg
















GT-R - 日産自動車
































GT-R(ジーティーアール)は、2007年から日産自動車が製造・販売しているクーペ型乗用車である。生産は仕向地に関係なく、全て栃木工場が担当。GT-Rは、これまで日産のスポーツモデルの象徴であったスカイラインGT-Rの事実上の後継車種で、初代のPGC10型スカイライン2000GT-Rから数えて6代目のモデルとなり、GT-Rシリーズとしては第3世代に当たる。車両型式は事実上の先代となるBNR34型スカイラインGT-Rの基本車台(スカイライン)型式R34に続くR35であり、スカイラインシリーズとしては11代目のV35型以降とは異系列となる。BNR34型まではスカイラインの中で競技用に最も競争力が高いボディ形式を用い[※ 2]、専用の特別なエンジンとそれに応じた駆動系とサスペンションとブレーキなどを備えた競技前提ないし高性能バージョンに過ぎなかったが、R35型GT-RからはKPGC10型以来伝統のトランクを分離した2ドアクーペデザイン、そしてケンメリからR34までの「スカイラインの象徴」とも言うべき4連の丸テールと言った歴代スカイラインのアイコンを踏襲するものの、開発・設計の面でスカイラインとは全く縁のない固有の車種となった。GT-Rは従来のモデルとは比較にならないほど高い速度でサーキットやアウトバーンなどを走行できる動力性能を持つが、街乗りにおける乗り心地、雪道や濡れた路面における操安性、静粛性、乗降性、トランクの積載性、後部座席の存在、燃費やCO2排出量などの環境性能にも配慮されて開発されており、日産はGT-Rを、運転スキルや天候や路面状況や使い方(日常使用か否か)に左右されず「誰でも、どこでも、いつでも」スーパーカーの魅力を味わうことができる、全く新しいジャンルの「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」をうたっている。 またスーパーカーの市場を広げるために価格にも配慮されており、競合他車に比べて高いコストパフォーマンスを実現するために、最終組み立ては専用ラインではなく、既存のラインを使用する混流生産で行われる。一方、元マツダ関係者から「GT-Rはスーパーカーではない」との反論が出ている。GT-Rは同社のフェアレディZのうち350Zや370Zと同様に全世界で販売されている。R33型、R34型スカイラインの時代に各100台の台数限定ながらイギリスでスカイラインGT-Rが販売されたという前例はあるが、左運転席仕様を用意した世界規模での販売はR35型GT-Rが初めてとなる。2007年10月24日に開催された第40回東京モーターショーで量産型の発表が行われ、日本では同年12月6日から発売されている。北米では12月のロサンゼルスオートショーで初公開された。車両の生産はR34型スカイラインGT-Rと同様栃木工場で行われる。毎年進化するイヤーモデル制を採っていることもGT-Rの特徴である。発売から約3年後となる2010年9月のモンディアル・ド・ロトモビルでは2011年モデル(=マイナーチェンジモデル)が披露され、翌10月18日に日本国内で正式発表された。エンジンを中心としたメカニズムと、空力性能を含めた内外装デザインが熟成され、新グレード「クラブトラックエディション」および「エゴイスト」が追加された。日本においては11月17日より販売が開始された。2011年11月7日には2012年モデルが正式発表され、同月24日から販売が開始、2012年11月2日には2013年モデルが正式発表され、同月19日から販売が開始、2013年11月19日には2014年モデルとNISMOモデルが正式発表され、12月2日から2014年モデルが、2014年2月末からNISMOモデルの販売が開始される。

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif