永遠の夢に向かってKawasaki Ninja ZX-10R

 

Kawasaki Ninja ZX-10R

Kawasaki Ninja ZX-10R
















im254f99d49d579ca396fce06b57bfe2353211.jpg
















川崎重工業株式会社

































川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー(かわさきじゅうこうぎょうモーターサイクルアンドエンジンカンパニー Kawasaki Heavy Industries Motorcycle & Engine Company)は川崎重工業のモーターサイクル部門である。本社は兵庫県明石市。当カンパニー名は2010年4月1日に「汎用機カンパニー」から改称された。二輪車のほか、全地形対応車、汎用エンジン、水上オートバイも製造している。川崎重工業の二輪車の生産は、川崎航空機(現在の航空宇宙カンパニー)が戦後の1958年(昭和33年)にメイハツとして二輪車用エンジンの製造を始めたことに由来する。1964年(昭和39年)に大型二輪車メーカーのメグロを吸収し、大型車の製造に進出、以降当カンパニーが製造を担当している。オートバイメーカーとしてのコーポレートカラーはライムグリーンとしている。日本国内においては二輪車市場の多くを占める50ccクラスや実用車およびスクーターをまったく持たず、他の日本メーカーとは異なる市場戦略を取っている。付加価値の高い大型二輪を得意としているため、二輪車愛好者の間では「大排気量のカワサキ」として認知度はきわめて高い[独自研究?]が、中間排気量の新型車も多い。モーターサイクル部門は2007年現在の川崎重工全体の売上高のうち最大の約3割を占め、大型二輪車の販売台数は第2位となった。二輪車全体におけるカワサキの販売シェアは長らく日本の4大オートバイメーカーのうち4位だったが、軽二輪(250cc以下)については2013年2月の月間新車販売台数でシェアが2位となった。2008年(平成20年)9月からの平成18・19年国内二輪車排出ガス規制全面施行で、規制への対応を行った車両を除き日本国内向け一般市販車両全車種の生産終了を公表し、大幅に日本向けのラインアップは減少させたが、2010年(平成22年)現在では規制に対応させ発売する車両数を徐々に増やしている。日本国内への正規販売は販売子会社であるカワサキモータースジャパンが行っている。日本国外では1986年(昭和61年)にインドのバジャージ・オートと技術提携が結ばれ、ライセンス生産や共同開発製品などを行っている。2012年(平成24年)には中国・ロンシンモーターと事業提携が結ばれ、合弁会社によるカワサキブランドの二輪車の中国国内における製造・販売を開始することとなっていたが2013年1月16日に合意に至らず円満解消となった。レース活動ではカワサキレーシングチームとして参加しており、ロードレース世界選手権(MotoGP)には2003年(平成15年)からZX-RRで参戦し、2008年(平成20年)までメーカーチームとして参加、2009年(平成21年)まで他チームへの車両提供を行っていた。スーパーバイク世界選手権では2013年(平成25年)シーズンにトム・サイクスがZX-10Rでライダーズチャンピオンを獲得している。なお2013年現在、海外のワークスチーム向けの車両提供やモトクロスに関してメーカーチームでの参戦を継続している。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif