永遠の夢に向かってマン島TTレース

 

マン島TTレース

マン島TTレース
















image-10-hammond-03-06-11-594996570.jpg
















The Isle of Man Tourist Trophy Race










































マン島TTレース(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of man)で開催されているオートバイ競技である。競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した公道閉鎖令に基づき公道を閉鎖して行なわれる。マン島TTレースは当初、ツーリング・マシンと呼ばれる市販車と同じオートバイのために開催されていて、まもなくツーリスト・トロフィーとして知られるようになった。TT(Tourist Trophy - ツーリスト・トロフィー)レースという名称は、レースの形態が現在のように周回コースを使用して行われるようになるまで、ヨーロッパの都市と都市を結ぶ公道を使用して行う都市間長距離移動レースという形態であったため、"tourist"(旅行者ではなく「遠征するスポーツ選手」という意味で、マン島TTレースの場合はライダーのことを指す)によって競われるレースという意味合いを持つことに由来していて、自転車競技のステージレースで「ツアー(フランス語では「ツール」)」という語が用いられるのと同様である。当初のマン島TTレースの目的は、市販車の改良であった。そのため、レースに出場するオートバイは年々スポーツタイプと化していった。伝統的に5月最終週から6月第1週にかけて開催され、コースは島の南東部にある首都ダグラスを起点として、西へ北へと大きく曲がりながら、北東海岸部の町ラムゼイに入り、スタート地点まで戻る。1周の長さは37 3/4マイル(60.7km)で、200以上のカーブが存在し、海抜0ftから1,300ft(396m)を超える高低差がある。コースは普段一般道として日常生活や観光のために使われており、レース中は一般車両の通行を封鎖する。授与されるトロフィーはマルキ・ド・モウジリ・サン・マルス(the Marquis de Mouzilly St. Mars )が寄贈したもので、その銀のフィギュアはオリンピックの神ヘルメースが羽の生えている車輪にまたがっているものである。このトロフィーは、マン島・ツーリスト・トロフィー・自動車レースの勝者に授与されるモンタギュー・トロフィーに似ている。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif