FC2ブログ

永遠の夢に向かってThe 2015 Kawasaki Ninja H2R

 

The 2015 Kawasaki Ninja H2R

The 2015 Kawasaki Ninja H2R














kawasaki-ninja-_convert_20141130015037.jpg





kawasaki-ninja-h2r-25_convert_20141130015112.jpg















川崎重工業株式会社


































「最近のバイクがどうにもおもしろくない」、「カワサキらしいユニークで個性的なバイクを出して欲しい」といったユーザーの声に応えて開発されたNinja H2/H2R。その開発テーマは“究極のロードスポーツモデル”、“全てのライダーに夢を”、そして“クラフトマンシップ”というもの。カワサキ重工グループにおける川崎重工ガスタービン・機械カンパニーや航空宇宙カンパニー、そして技術開発本部との協働によって、グループの総力をあげた1台に仕上げられています。特筆すべきはそのエンジンです。エンジンに過給器を取り付けた“過給器付きエンジン”ではなく、あくまでも“過給エンジン”であるということ。別々に開発されたエンジンと過給器をマッチングさせるのではなく、川崎重工ガスタービン・機械カンパニーからの技術移管を受けたバイク部門のエンジン開発者が、過給器を含めたエンジンとして、ゼロから作り上げています。そのため極限まで効率化を行うことができ、インタークーラーも不要、さらに懐の深い出力特性をも実現しています。フレーム構成においては、あえてショートホイールベース化し、チューブラートレリスフレームを組み合わせることで、外乱収束性を高めています。これによりプロライダーでなくとも安心して性能を楽しむことのできるキャパシティの広さを実現しています。特長的なボディワークは“インテンス(激しい、強烈な)フォースデザイン”をコンセプトに強いアピアランスと機能美を併せ持ったもの。航空宇宙センターの流体解析技術を活かし、最新のエアロダイナミクスを取り入れています。H2Rでは2種のウイングによりダウンフォースを発生させ、強烈な加速で生まれるフロントのリフト量を低減。H2においては、上部ウイングのかわりにウィンカー内蔵型ミラーが装備され、そのステーを翼断面形状とし、さらに後端部にガーニーフラップを設けることで、高速安定性やダウンフォースを実現しています。意欲的な商品企画、こだわり抜いた開発と製造工程、そしてグループの技術がふんだんにもりこまれたNinja H2/H2R。旧H2やニンジャと同様、カワサキの歴史に残る1台と言えるでしょう。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif