FC2ブログ

永遠の夢に向かってジャンカルロ・スタントン

 

ジャンカルロ・スタントン

ジャンカルロ・スタントン













pMLB2-11660565dt.jpg












Giancarlo Stanton 27 RF































ジャンカルロ・スタントン(Giancarlo Cruz-Michael Stanton,25歳 )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市パノラマシティ地区出身の野球選手。外野手、右投右打。現在は、MLBのマイアミ・マーリンズに所属している。メジャー初出場の2010年から2年間は、登録名をマイク・スタントン(Mike Stanton)としていた。


アマチュア、マイナー時代

父はアイルランド系アメリカ人、母はアフリカ系アメリカ人とプエルトリコ人の混血。にもかかわらずジャンカルロというイタリア系の名前をつけられたのは、単に両親がその名前が気に入っていたというだけで、特に深い意味はないという。子供のころの好きな野球選手はロサンゼルス・ドジャースのラウル・モンデシー。彼を観にスタントンは親子でドジャー・スタジアムを度々訪れており、1999年4月23日にフェルナンド・タティースが朴賛浩から史上初の1イニング2満塁本塁打を放った試合も球場で生観戦していた。地元カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーのバードゥゴヒルズ高校で2年間を過ごしたのち、近くのノートルダム高校へ転校。そこでスタントンは野球とアメリカンフットボール、バスケットボールの3競技それぞれで優れた才能を発揮する。最上級生となった2006年から2007年にかけて、秋にはフットボールでディフェンシブバック兼レシーバーとしてチームを11勝1敗の好成績に導き、冬にはバスケットボールで1試合平均19.7得点・13.2リバウンドを記録、春には野球で打率.386・8本塁打という数字を残した。

卒業を控えた頃には、スタントンの進路選択に注目が集まる。南カリフォルニア大学は野球とフットボールの奨学生としてオファー。特に全米屈指の強豪として知られるフットボールでは、ヘッドコーチのピート・キャロルがスタントンと直接面会してタイトエンドとして勧誘した。一方、6月上旬に行われたMLBのドラフトでは、2巡目(全体76位)でフロリダ・マーリンズがスタントンを指名。迷った末、8月上旬にスタントンはマーリンズと契約を結び、プロの野球選手になることを選んだ。契約後、スタントンはマイナーリーグでプロデビュー。最下層のルーキー級ガルフ・コーストリーグで8試合、SS-A級ジェームズタウンで9試合の計17試合に出場して2007年を終える。シーズン終了後には『ベースボール・アメリカ』の若手有望株ランキングで、マーリンズ傘下では最高のパワーヒッターという評価を受けた。2008年は、A級グリーンズボロで125試合に出場し、打率.293・39本塁打・97打点・OPS.993を記録。ただ「この成績は球場の狭さに助けられてのもの、翌年以降は続かない」という声があり、それがスタントンの耳にも入っていた。その一方でシーズン途中には、7月終了時点で58勝51敗のナ・リーグ東地区3位につけていたマーリンズが、ポストシーズン進出のためにボストン・レッドソックスからトレードでマニー・ラミレスを獲得しようとしたが、交換要員にスタントンを要求され拒否、結局トレードが実現しなかったということも起こっている。2009年はAdv-A級ジュピターでシーズン開幕を迎え、50試合で打率.294・12本塁打・39打点・OPS.968という成績を残して、6月上旬にはAA級ジャクソンビルへ昇格。7月にはマイナーリーグのオールスター "フューチャーズゲーム" に選出され、試合では5回表の守備からジェイソン・ヘイワードに代わって途中出場している。AA級昇格後は79試合で打率.231・16本塁打・53打点・OPS.766と成績を落としたが、翌2010年には同級にも適応。開幕から53試合で打率.313・21本塁打・52打点・OPS 1.171という数字を挙げる。5月6日の試合では推定飛距離500-550フィート(約152.4-167.6メートル)の大本塁打を放ち、それを見ていたダン・メイヤーがジョシュ・ジョンソンに「あんなに飛んだ打球は今まで見たことがないよ」と電話するほど、スタントンの持つパワーは20歳にして既にAA級でも抜きんでたものとなっていた。




Giancarlo+Stanton+Atlanta+Braves+v+Miami+Marlins+GjG7YjPjdcl_convert_20141116071833.jpg





7548716_convert_20141116071847.jpg




マーリンズ時代

6月6日にマーリンズはスタントンについて、AAA級ニューオーリンズを飛び越してメジャーへ昇格させることを決定。アラバマ州モンゴメリーに遠征に出ていたスタントンへ、球団オーナーのジェフリー・ローリアが自ら電話してそのことを告げた。8日、敵地でのフィリーズ戦に7番・右翼として先発しメジャー初出場を果たす。20歳212日でのデビューは、2003年のミゲル・カブレラ(20歳67日)に次いで、球団史上2番目に若い。この試合は2回表の初打席でカイル・ケンドリックから内野安打を放つなど、5打数3安打を記録した。メジャー初本塁打は9試合目の出場となった18日のレイズ戦で、マット・ガーザから満塁の場面で放った。6月終了時点で19試合に出場したスタントンだったが、打率.230・2本塁打・OPS.635・31三振と低迷。しかしその後は徐々に成績を上げていく。7月は月間打率こそ.233と前月と変わりないが、本塁打は7本放ち月間OPSも.906を記録。8月は、11日のナショナルズ戦で5打数5安打1本塁打4打点を挙げ、その日から3試合で4本塁打を放つなどの活躍で、その週の週間MVPを受賞した。最終的には試合数を上回る数の三振を喫したものの、新人最多の22本塁打で1年目のシーズンを終えている。AA級ジャクソンビルでの成績と合わせると、この年スタントンは計43本塁打を放ったことになる。フィリーズ監督のチャーリー・マニエルも「彼よりボールを強く叩けるやつはいない」と感心していた。

2011年はスプリングトレーニング序盤で太腿を痛め、オープン戦にはわずか6試合しか出場できず。4月1日のメッツとのシーズン開幕戦には4番・右翼として先発出場したが、やはり太腿の調子が思わしくなく途中交代し、翌日以降の1週間は出場を見合わせたり代打として1打席だけ登場したりした。この結果、4月は22試合の出場で本塁打は2本にとどまる。また、6月には右目の視界がぼやけて見えるため試合を欠場したこともあった。それでもシーズンを通しては持ち前の長打力を発揮し、リーグ5位の34本塁打。本塁打率15.2はプリンス・フィルダーに次いでリーグ2位だった。この年の6月からマーリンズの監督代行として指揮を執ったジャック・マキーオンは、かつて自分の下で若き主砲として活躍したカブレラとスタントンを「よく似ている」としたうえで、当時のカブレラと比べればスタントンの野球経験は短いのでまだ成長の余地があると期待を寄せている。2012年は7月に膝を痛めて一時戦線離脱したものの、自己最高の37本塁打を放ち、長打率はリーグ1位だった。8月17日のニューヨーク・メッツ戦(シティ・フィールド)では、この年のMLB最長不倒となる494フィート(約150.6m)の特大本塁打を放った。シーズン終了後の11月13日にはマーリンズが主力5選手をトロント・ブルージェイズに一斉放出する大型トレードが報じられ、スタントンは自身のツイッターで球団に対する怒りをあらわにするつぶやきを発信した。2014年1月17日にマーリンズと650万ドルの1年契約を結んだ。この年は、本塁打王となった。また、自身初めてのシルバースラッガー賞を外野手部門で受賞した。シーズンMVPの次点となるなど高く評価された(1位は投手のカーショウ)。












stanton070112.jpg

















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif