永遠の夢に向かってThe Spirit of Bruce McLaren

 

The Spirit of Bruce McLaren

The Spirit of Bruce McLaren













bruce-mclaren708x392.jpg













FlaheniteKingdomvg.png

The Official McLaren Website – McLaren.com


























ブルース・マクラーレン(Bruce McLaren 1937年8月30日 - 1970年6月2日)、ニュージーランドのレーシング・ドライバー、及びチームオーナー。現在もF1に参戦するマクラーレンチームの創始者。1966年にはル・マン24時間耐久レースで優勝している。

1963年にはテディ・メイヤー、テイラー・アレクサンダーらとプライベートチーム「ブルース・マクラーレン・モーターレーシング」を設立。1964年に創設されたタスマンシリーズにクーパーのマシンで参戦し、初代チャンピオンを獲得した。またフォードと提携し、開発とテスト・プログラムを担っていた。1966年にはクーパーから独立し、オリジナルシャシーを製造するコンストラクターとして活動を始める。F1では1966年・1967年共に不参加、リタイヤが多い不毛なシーズンとなった。1967年は、途中3戦のみイーグルを駆るが、その後再びマクラーレンから出走している。この2年間は、ブルースのみの1カー体制だった。北米のスポーツカーレス、Can-Amでは友人のデニス・ハルムと共に選手権を席巻し、「ブルース・アンド・デニー・ショー」と呼ばれた。ブルースは1967年と1969年、ハルムは1968年と1970年にそれぞれシリーズチャンピオンを獲得した。F1でも1968年よりハルムをチームメイトに迎え、他にも数人のドライバーが同チームから参戦するようになる。オーナーという立場であったが、ブルースは友人のハルムのNo.2という立場を喜んで引き受けたという。この年は第4戦ベルギーGPで優勝し、オーナー自らチームに初勝利をもたらす。自身の名前を冠したマシンでの優勝は、ジャック・ブラバムに続き2例目である。また、僚友のハルムは2勝を挙げ、グラハム・ヒル、ジャッキー・スチュワートと最終戦までチャンピオン争いを展開した(結果3位)。コンストラクターズでは2位に入るなど、チームは上位グループの仲間入りを果たした。1970年6月2日、ブルースはグッドウッド・サーキットで1970年用のCan-Amマシン、M8Dのテストを行った。しかしその最中に、マシンのリアカウルがウィングごと脱落してクラッシュし、この事故でマクラーレンは死亡した。チームはテディ・メイヤーに引き継がれ活動を続け、ブルースの死去から4年後の1974年、エマーソン・フィッティパルディがマクラーレンのマシンでF1チャンピオンとなり、初タイトルを手にした。その後低迷期を経て、1980年にチームはロン・デニス率いるプロジェクト4と合併、以後も複数のチャンピオンを輩出している。
















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif