FC2ブログ

音楽

該当する記事は見つかりませんでした。
ichiran16.png カテゴリで記事を検索
Hi-Fi オーディオ - Technics(テクニクス)ハウス・ミュージック(House music)は、1977年にアメリカ合衆国シカゴで誕生した音楽ジャンルの一つ。単にハウスと呼ばれることが多い。70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源としている。ルーツとしては、ゲイなどに対する性差別解消をテーマにしたカルチャーが存在した。「ハウスミュージック」は、ディスコや、フィラデルフィア・インターナショナル...
 2019.03.17. 

ハウス

edit-notes24.gif
The Rolling Stones - Paint It Black「黒くぬれ!」 (Paint It, Black) は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞作曲はジャガー/リチャーズ。ローリング・ストーンズが本格的にシタールを取り入れた最初の事例として知られる。シタールを弾いているのはブライアン・ジョーンズで、『エド・サリヴァン・ショー』に出演した際にも、彼は座ってシタールを弾いていた。キース・リチャーズは「17世紀のファンキーなソナタとしては素晴ら...
 2019.03.15. 

『黒くぬれ!』

edit-notes24.gif
「タイムマシンにおねがい」 - Browny Circusパンクキッズからガールポップファンまでサーフ必至のハード&マジカルブラウニーサウンドのマスターピース。LET'S GO TO SUMMER BEACH!!M8には深田恭子主演の映画「下妻物語」のエンディング曲「タイムマシンにおねがい」(サディスティックミカバンド)のバーストカヴァーパンクキッズからガールポップファンまでサーフ必至のハード&マジカルブラウニーサウンドのマスターピース!LE...
 2019.03.15. 

「タイムマシンにおねがい」

edit-notes24.gif
「タイムマシンにおねがい」 - サディスティック・ミカ・バンドサディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mika Band)は、日本のロックバンド。1972年デビュー。1974年発表のアルバム『黒船』は、当時英米でも発売されていた。活動中の1975年にはイギリスでツアーを行っている。1975年の解散後もこれまでに3度、ゲストボーカリストを迎えて再結成されている。バンド名の由来であるが、ジョン・レノンが結成していた「プラスティッ...
 2019.03.14. 

「タイムマシンにおねがい」

edit-notes24.gif
ON YOUR RADIO - LUV-ENDERSスキーター・デイヴィスの「The End of the World」を筆頭に、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、フー、キンクス、スモール・フェイセス、ラモーンズなどの名曲をカバーしたアルバム...と聞くと、なんだ、ずいぶんとベタな企画だなと特にミドルエイジのロック好きは思うかもしれない。東京生まれLA育ちの21歳女性ヴォーカリスト・AKIRAを中心に今年結成された、平均年齢25歳のメンバーからなるラヴェ...
 2019.03.13. 

ラヴェンダーズ

edit-notes24.gif
Wilko Johnson, Roger Daltrey - Going Back Homeモッズ (Mod、Mods、Modernism or sometimes Modism) は、イギリスの若い労働者の間で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッション、それらをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。ロンドン近辺で発祥した。モッズファッションとしてよく連想されるものとして、髪を下ろしたMod Cut、細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーパーカー、多数のミ...
 2019.03.12. 

Going Back Home

edit-notes24.gif
Misery - LUV-ENDERSスキーター・デイヴィスの「The End of the World」を筆頭に、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、フー、キンクス、スモール・フェイセス、ラモーンズなどの名曲をカバーしたアルバム...と聞くと、なんだ、ずいぶんとベタな企画だなと特にミドルエイジのロック好きは思うかもしれない。東京生まれLA育ちの21歳女性ヴォーカリスト・AKIRAを中心に今年結成された、平均年齢25歳のメンバーからなるラヴェンダー...
 2019.03.12. 

ラヴェンダーズ

edit-notes24.gif
Eagles - Take It Easy「テイク・イット・イージー」(Take It Easy)は、イーグルスが1972年に発表したデビュー曲。代表曲の一つである。グレン・フライとジャクソン・ブラウンの共作。リード・ボーカルはグレン・フライ。1972年5月1日、デビュー・シングルとして発売された。B面は、フライが書いたアルバム未収録の「Get You in the Mood」。同年6月1日発売のアルバム『イーグルス・ファースト』に収録された。バーニー・レドン...
 2019.03.08. 

テイク・イット・イージー

edit-notes24.gif
Best Songs of The Rolling Stones「黒くぬれ!」 (Paint It, Black) は、ローリング・ストーンズの1966年のシングル。ジャガー=リチャーズ作詞作曲。イギリス、アメリカ両国でシングルチャートの1位を記録した。イギリスではシングルで、アメリカでは『アフターマス』に収録されリリースされた。「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において、174位にランクイン。ローリング・ストーンズが本格...
 2019.03.04. 

STONES

edit-notes24.gif
The Rolling Stones - Paint It, Black 「黒くぬれ!」 (Paint It, Black) は、ローリング・ストーンズの1966年のシングル。ジャガー=リチャーズ作詞作曲。イギリス、アメリカ両国でシングルチャートの1位を記録した。イギリスではシングルで、アメリカでは『アフターマス』に収録されリリースされた。「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において、174位にランクイン。ローリング・ストーンズが...
 2019.03.01. 

「黒くぬれ!」

edit-notes24.gif
Creedence Clearwater Revisited official site「雨を見たかい」(Have you ever seen the rain?)は、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルが1970年に発表した楽曲。アルバム『Pendulum』収録。翌年シングルカットされ、全米8位を記録した。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival、略称CCR)は、アメリカのロック・グループである。カリフォルニア州サンフランシスコ出身であるが、元...
 2019.03.01. 

雨を見たかい?

edit-notes24.gif
The Beatles「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。ポールは当初...
 2019.02.24. 

Let It Be

edit-notes24.gif
Red Hot Chili Peppers レッド・ホット・チリ・ペッパーズ Warner Music『バイ・ザ・ウェイ』 (By the Way) は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの8枚目のスタジオ・アルバム。チャド・スミスが「very John」と表現したように、ジョン・フルシアンテ色が全面に押し出された作品となった。アルバムチャートでは、ついにイギリスで1位を獲得した。コーラスの多用や、ヴォーカル・ハーモニーの強化により、全体的にポップな仕上がり...
 2019.02.16. 

バイ・ザ・ウェイ

edit-notes24.gif
maroon 5 | マルーン5 - UNIVERSAL MUSIC JAPANマルーン5(Maroon 5、マルーンファイヴ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド。全世界トータルセールスは1億1000万枚を記録している「世界で最も売れたアーティスト集団」の一つ。トップ40チャートの歴史の中で唯一、グループで1位のシングル(9枚)の記録を打ち立てており、また、ウォール・ストリートジャーナルの複数の統計から算出した「史上最も...
 2019.02.09. 

ガールズ・ライク・ユー

edit-notes24.gif
ザ・クラッシュ | ソニーミュージック オフィシャルサイトロンドン・コーリング (London Calling) は、イギリスのパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュの2枚組アルバム。イギリスでは1979年12月、アメリカでは1980年1月の第1週に発売された。このアルバムによってクラッシュはバンドとしての新境地を切り開き、それまで以上に高い評価と商業的成功を勝ち得た。クラッシュの初期の作品と比較すると直球勝負のパンク・ロックは鳴り...
 2019.02.08. 

スーパーマーケット

edit-notes24.gif
DOWN TOWN (CROSS THAT BRIDGE) - The Stray Catsストレイ・キャッツ(Stray Cats)は、1980年代に活躍したアメリカ合衆国のネオロカビリーバンド。ブライアン・セッツァーを中心とした男性3人によって構成される。ネオロカビリーブームの火付け役として一世を風靡した。メンバーはブライアン・セッツァー、リー・ロッカー、スリム・ジム・ファントムの3人。サウンドの特徴として、シンプルなビートのブルース、ビバップやカントリ...
 2019.02.08. 

DOWN TOWN (CROSS THAT BRIDGE)

edit-notes24.gif
The Beach Boys - Fun, Fun, Funブライアン・ウィルソンとマイク・ラブのコンビによる作品。1964年Billboard HOT 100で5位を記録。アルバム「Shut Down Volume 2」に収録。B面は「Why Do Fools Fall in Love」でFrankie Lymon & The Teenagersが「恋はくせもの」としてヒットさせた曲のカバー。「ファン、ファン、ファン」の歌詞の内容は父の車に乗って遊ぶに出かける10代の少女が父親には図書館に行ってくると騙します。運転を楽...
 2019.02.02. 

ファン・ファン・ファン

edit-notes24.gif
Palisades Park - Freddy Cannon玄人好みのロックンローラーチャック・ベリーやリトル・リチャードらのR&R勢、カール・パーキンスやエディ・コクランといったロカビリー勢とは一線を画す、ロックンローラー、フレディ・キャノン。洒落の効いたタイトルを小気味良く、パワフルに歌う彼のヴォーカルは、今の耳で聴いても充分刺激的だ。後にビーチ・ボーイズやラモーンズがカバーする「パリセイズ・パーク」はフレディ・キャノンの代...
 2019.01.30. 

パリセイズ・パーク

edit-notes24.gif
Eagles - Hotel California「ホテル・カリフォルニア」 (Hotel California) は、イーグルスのアルバム『ホテル・カリフォルニア』のタイトル曲。架空のホテルを舞台としている。1976年作品。作詞・作曲は、ドン・フェルダー、ドン・ヘンリー、グレン・フライ。なお、イントロの印象的なギター、メロディー、後半のツインギターソロも含め、作曲したのはドン・フェルダーであり、ドン・ヘンリーは作詞を手掛けた。グレン・フライの...
 2019.01.17. 

ホテル・カリフォルニア

edit-notes24.gif
★彼女は彼のもの★CAROL(キャロル)は、日本のロックバンド。1972年デビュー、1975年解散。約2年半という短期間の活動ながらも強いインパクトを残し、以降の日本のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンドと称される。1972年4月、矢沢永吉が川崎駅近くのイトウ楽器店に自ら書いた貼り紙で募集をかけ、同年6月結成される。貼り紙の文句は、「ビートルズとロックンロール好きなヤツ、求ム!」だった。当時はフォークがメジャー...
 2018.12.29. 

『彼女は彼のもの』

edit-notes24.gif
Elvis Presley - A Big Hunk O' Loveエルヴィス・プレスリー (Elvis Aron Presley, 1935年1月8日 - 1977年8月16日)は、アメリカのミュージシャン、映画俳優。ミドルネームは公文書、サイン共にAronだが、墓石にはAaronと表記されている。1950年代にチャック・ベリーやファッツ・ドミノ、リトル・リチャード、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイス、ビル・ヘイリーらと共にロック・アンド・ロール(ロックンロール)の誕生...
 2018.12.29. 

A Big Hunk O' Love

edit-notes24.gif
Palisades Park - Freddy Cannon玄人好みのロックンローラーチャック・ベリーやリトル・リチャードらのR&R勢、カール・パーキンスやエディ・コクランといったロカビリー勢とは一線を画す、ロックンローラー、フレディ・キャノン。洒落の効いたタイトルを小気味良く、パワフルに歌う彼のヴォーカルは、今の耳で聴いても充分刺激的だ。後にビーチ・ボーイズやラモーンズがカバーする「パリセイズ・パーク」はフレディ・キャノンの代...
 2018.12.23. 

パリセイズ・パーク

edit-notes24.gif
Weezer - Buddy Holly『ウィーザー』(Weezer) は、アメリカ合衆国のオルタナティブロックバンド、ウィーザーのデビュー・アルバム。ジャケットの色から、ザ・ブルー・アルバム (The Blue Album) と呼ばれる。2001年の復帰作の「ウィーザー」は、ザ・グリーン・アルバムと呼ばれ、区別される。ザ・カーズ のリーダーであったリック・オケイセックをプロデューサーに迎え、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで録音され...
 2018.12.15. 

『ウィーザー』

edit-notes24.gif
the distillers - drain the bloodブロディ・ドールは激しくカッコいいロック姉さんだ。オーストラリア出身のブロディ・ドールと言えば、The Distillers(ザ・ディスティラーズ)というパンクバンドのボーカリスト。ザ・ディスティラーズは新しい世紀を迎えた頃のカリフォルニアのパンク・シーンにおいて第一線で活躍し、2000年から2003年にわたって多くの評価を得た3枚のアルバムをリリースしている。ドラマーの アンディ・グラネ...
 2018.12.15. 

ザ・ディスティラーズ

edit-notes24.gif
Spinnerette - Ghetto Loveブロディ・ドールは激しくカッコいいロック姉さんだ。THE DISTILLERS解散後、ブロディ姉さんとトニー・ブラッドレー(Gt.)は、元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジャック・アイアンズを誘って「Spinnerette(スピナレット)」というバンドを結成します。しかし、2009年に1stアルバム「A Prescription for Mankind」をリリースするも翌年には解散。このバンドはアルバム1枚のリリースをもって終了となっ...
 2018.12.15. 

スピナレット

edit-notes24.gif
Brody Dalle - Meet the Foetusブロディ・ドールは激しくカッコいいロック姉さんだ。オーストラリア出身のブロディ・ドールと言えば、The Distillers(ザ・ディスティラーズ)というパンクバンドのボーカリスト。ザ・ディスティラーズは新しい世紀を迎えた頃のカリフォルニアのパンク・シーンにおいて第一線で活躍し、2000年から2003年にわたって多くの評価を得た3枚のアルバムをリリースしている。ドラマーの アンディ・グラネリ...
 2018.12.15. 

ブロディ・ドール

edit-notes24.gif
Lady Gaga - Bad Romanceシチリア島をルーツとするイタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生誕。家は裕福で箱入り娘として育てられた。4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先...
 2018.12.10. 

LADY GAGA

edit-notes24.gif
Queen クイーン公式サイトアメリカの女性シンガーソングライターのレディー・ガガの名は、このクイーンの曲が由来だ。「RADIO GA GA」(レディオ・ガ・ガ、ラジオガガ、Radio Ga Ga) は、イギリスのロック・バンドであるクイーンが1984年にシングルとして発表した楽曲。同年発売のアルバム『ザ・ワークス』に収録された。作曲はロジャー・テイラー、プロデュースはクイーンとラインホルト・マック。シングルはイギリスで2位、アメ...
 2018.12.10. 

RADIO GAGA

edit-notes24.gif
Billy Joel - We Didn't Start the Fire 「ハートにファイア」(We Didn't Start the Fire)は、ビリー・ジョエルの楽曲。アルバム『ストーム・フロント』からの第1弾シングルとして、1989年にリリースされた。ビリーの誕生年である1949年5月9日 (現在・年齢 69歳)から、この曲が発表された1989年に至るまでの、世界の歴史に関する様々な事象を並べた歌。ビリーが20代の若者と話していた時、若者は世界の様々な問題を深刻に考えて...
 2018.12.08. 

ハートにファイア

edit-notes24.gif
スウィート (SWEET)"Ballroom Britz" (ボールルーム・ブリッツ)のボールルーム(BALLROOM)とは「舞踏場(ぶとうじょう)(ダンスホール)(ボールルーム)」とブリッツ(BRITZ)「電撃(でんげき)・急襲(きゅうしゅう)」といった意味です。ごく一般的な部屋や街角が、突如としてダンスホールのように大騒ぎの場所になってしまったとかいうことを意味します。日本語題名の「ロックンロールに恋狂い」は、原題名とはまったく意...
 2018.12.08. 

『ボールルーム・ブリッツ』

edit-notes24.gif
SHAED: TrampolineSHAED(シェイド)。ワシントンD.C.。女性ボーカルのChelsea Lee(チェルシー・リー)。楽器を担当するSpencer Ernst(スペンサー・アーンスト)とMax Ernst(マックス・アーンスト)の3名によるエレクトロ・ポップバンドです。曲は「Trampoline(トランポリン)」。エレクトロ・ポップ(Electropop)は、1978年から1981年にかけて最初に流行したエレクトロニック・ミュージックの一形式。エレクトロ・ポップは、チャ...
 2018.12.01. 

SHAED(シェイド)

edit-notes24.gif
Tia Carrere Ballroom Blitzスマイリーフェイス(Smiley face)は、黄色い円形に笑顔の描かれたキャラクターグッズ用キャラクター群である。1963年12月、アメリカ・マサチューセッツ州ウースター市にある「ステート生命保険」の関連会社で年明けからの社内キャンペーンとして、ポスター、カード、バッジ等で使うデザインを地元の商業美術家であるハーベイ・ボールに依頼、ボールによってデザインされた。ボールはこのスマイリーフ...
 2018.12.01. 

The Ballroom Blitz

edit-notes24.gif
The Queers "Little Honda"イギリスのパンクバンド、ザ・クイアーズ。1996年にパンクの歴史に名を残す名盤5th『Don't Back Down』をリリース。パンク(punk)は、パンク・ロックを中心に発生したサブカルチャーである。音楽、イデオロギー、ファッション、アート、ダンス、文学、映画などの表現形態がある。パンクは独自に派生を遂げた小さな派閥から構成されており、その一部はさらに発展してパンクとは異なる独自のサブカルチャ...
 2018.12.01. 

ザ・クイアーズ

edit-notes24.gif
The Beach Boys「リトル・ホンダ」 (Little Honda) は、ブライアン・ウィルソンとマイク・ラヴが共作した、アメリカ合衆国のロック・バンド、ザ・ビーチ・ボーイズの楽曲。この曲は、1964年のアルバム『オール・サマー・ロング』に収録され、EP『Four by The Beach Boys』にも入れられた。この曲はホンデルズ (The Hondells) によってカバーされ、Billboard Hot 100 で最高9位まで上昇し、後にはジャン&ディーンやヨ・ラ・テンゴも...
 2018.12.01. 

リトル・ホンダ

edit-notes24.gif
The Features - How It Startsバブルガム風味の60'sメロディを多用するインディー・ポップ・バンドは、全世界にそれこそ星の数ほど存在する。がしかし、この『ザ・フィーチャーズ』ほど、プログレッシヴなテクスチャーでそれを鳴らすグループは他に存在しないであろう。ニューウェイヴ/カントリー/ディスコ/ラウンジ/パンクと実にさまざまな要素を随所にちりばめながらも、全体像はあくまでキャッチーかつノスタルジックな60's...
 2018.11.25. 

ザ・フィーチャーズ

edit-notes24.gif
Trashmen - King of the surfザ・トラッシュメン (The Trashmen) は、アメリカ合衆国のロックバンド。ミネソタ州ミネアポリスで1962年に結成された。グループのオリジナル・ラインアップはリードギター、ヴォーカルのトニー・アンダーソン、ギター、ヴォーカルのダル・ウィンスロー、ドラム、ヴォーカルのスティーヴ・ワーラー、ベースのボブ・リードの4人であった。グループはガレージロックの要素を含んだサーフィン・ミュージッ...
 2018.11.21. 

ザ・トラッシュメン

edit-notes24.gif
Eddie cochran - C'mon everybody「カモン・エヴリバディ」(C'mon Everybody)は、エディ・コクランが1958年に発表した楽曲。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では411位にランクされている。作詞作曲はエディ・コクランとジェリー・ケープハート。ケープハートはコクランのマネージャーであり親しい友人でもあった。「サマータイム・ブルース」に続くシングルとして1958年10月に発表された。1959...
 2018.11.21. 

カモン・エヴリバディ

edit-notes24.gif
Do You Want to Dance-Bobby Freeman「踊ろよベイビー」(Do You Want to Dance)は、ボビー・フリーマンが1958年に発表した楽曲。多くのミュージシャンにカバーされた、ロックンロールの古典である。ボビー・フリーマンは1940年6月13日にカリフォルニア州アラメダ郡に生まれ、サンフランシスコで育った。アフリカ系アメリカ人である。10代の初めからザ・ロマンサーズというドゥーワップ・グループで歌を歌っていた。ザ・ヴォーカ...
 2018.11.21. 

Do You Want to Dance?

edit-notes24.gif
James Dean Official Website1970年代後半に登場した英国サーフ、ガレージ、パワーポップの至宝、THE BARRACUDAS(バラクーダズ)。60年代の息吹を、時代の勢いと載せてパンキッシュに炸裂させ、数々の名作を残した彼ら。ジェームズ・ディーン(James Dean、1931年2月8日 - 1955年9月30日)は、アメリカの俳優。身長170cm。ジミー・ディーン(Jimmy Dean)とも呼ばれる。(24歳没)。ロサンゼルスの退役軍人病院に勤める歯科技工士...
 2018.11.21. 

I Want My Woody Back

edit-notes24.gif
Marilyn Manson Official Websiteこの曲が収録されてるアルバム『Mechanical Animals』は前作『Antichrist Superstar』から作風を変えて暗かった曲調から一変しポップ要素を取り入れて聴きやすさを増した作品。中でも「Rock Is Dead」は映画マトリックスで使用されるなどキャッチーさで支持を得ており、特にこのアルバムの曲は歌詞の内容が興味深く音楽と歌詞の両方で味わうことが出来るおいしいアルバムとなっています。『Antichr...
 2018.11.21. 

『ロックは死んだ』

edit-notes24.gif
The Clashロンドン・コーリング (London Calling) は、イギリスのパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュの2枚組アルバム。イギリスでは1979年12月、アメリカでは1980年1月の第1週に発売された。このアルバムによってクラッシュはバンドとしての新境地を切り開き、それまで以上に高い評価と商業的成功を勝ち得た。クラッシュの初期の作品と比較すると直球勝負のパンク・ロックは鳴りを潜め、幅広い音楽スタイルを盛り込んだことが大...
 2018.11.18. 

ロンドン・コーリング

edit-notes24.gif
EMINEM エミネム - UNIVERSAL MUSIC JAPANEminem(エミネム)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、プロデューサー、俳優。身長173cm。エミネムというステージネームは、本名のイニシャル「M&M」を早口にしたら「Eminem」になったというものが由来とされる。また、「スリム・シェイディ(Slim Shady)」という道化師の別人格が存在するとし、スリムあるいはシェイディという名前が歌詞にも頻繁に登場する。スリム・シェイディのコン...
 2018.11.11. 

Venom

edit-notes24.gif
Styx-Mr. Robotoミスター・ロボット (Mr. Roboto) は、スティクスの1983年のコンセプトアルバム『キルロイ・ワズ・ヒア(Kilroy Was Here)』に収録されているデニス・デ・ヤング(Dennis DeYoung)作詞、作曲による楽曲である。この曲はBillboard Hot 100の第3位を記録し、スティクスにとって1981年の"トゥー・マッチ・タイム・オン・マイ・ハンズ(Too Much Time on My Hands)"以来のヒット作となった。"ミスター・ロボット"は...
 2018.11.11. 

ミスター・ロボット

edit-notes24.gif
「ELO」公式ウェブサイト『トワイライト』、オタク文化をメインストリームに押し上げたあの名曲今や、政府が『アニメは日本の文化だ』などと言い出してクールジャパン担当大臣がコスプレ姿で海外イベントに登場するまでになった。自称ゴスロリ大臣の画像がネットに流れた時、ふっとバニーのコスプレ美少女とELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の「トワイライト」(1981年)がリフレインしたのは僕だけだろうか(汗)。別...
 2018.11.11. 

『トワイライト』

edit-notes24.gif
公式ウェブサイト『ELO』「ロックン・ロール・イズ・キング」 (Rock 'n' Roll Is King) は、エレクトリック・ライト・オーケストラが1983年に発表した楽曲。アルバム「シークレット・メッセージ」の最終曲である。50年代を意識したようなタイトル通りのロックンロール。ただし様々な音やエフェクトが使われているため、アルバム「シークレット・メッセージ」の他曲に劣らず非常に派手。 元メンバーであるミック・カミンスキーのバ...
 2018.11.08. 

ロックン・ロール・イズ・キング

edit-notes24.gif
Blondie - Call Meブロンディ (Blondie) は、アメリカのロック・バンド。女性ボーカリスト デボラ・ハリーが在籍し、1970年代末から隆盛した「ニュー・ウェイヴ」の代表的グループとして知られる。1982年に一度解散したが、1997年に再結成。全世界のアルバム・セールスは4000万枚以上。2006年『ロックの殿堂』入り。1974年、ガールズ・バンド「スティレットーズ」に所属していたデボラ・ハリーと、バックバンドにいたクリス・シュ...
 2018.11.08. 

"Call Me"

edit-notes24.gif
Marilyn Manson Official Websiteティンテッド・ラブの意味は「汚れた(汚染された・腐敗した)、愛」です。もしフロリダ州が奇行を生み出す土地なのだとしたら、その誇るべき功績は、1989年に史上最高に奇妙なロック・アクト、マリリン・マンソンを生み出したことである。このバンドの名目上のフロントマン、ブライアン・ワーナーは、地元フォート・ロダーデールの友人でギタリストの故スコット・ピュートスカイ(別名デイジー・...
 2018.11.08. 

ティンテッド・ラブ

edit-notes24.gif
Soft Cell - Tainted Loveソフト・セル(Soft Cell)はイギリスの音楽ユニット。マーク・アーモンド(ヴォーカル)とデイヴ・ボール(シンセサイザー)のふたり。ニュー・ウェイヴの代表的なグループのひとつである。1981年にグロリア・ジョーンズの1964年の曲(全くヒットしなかった)をカヴァーした『汚れなき愛』(Tainted Love)が大ヒットし全英チャートで1位になり、全米チャートでも最高で8位、43週間もチャートした。二人と...
 2018.11.04. 

テインテッド・ラブ

edit-notes24.gif
BILLYJOEL.com『グラス・ハウス』(Glass Houses)は、ビリー・ジョエルが1980年に発表したアルバム。通算7作目。全米アルバム・チャートで6週連続1位。ビリーにとって2作目の1位獲得アルバムとなった。アルバム・ジャケットで、石を持ったビリーが狙っている家は、ビリーが一時所有していた邸宅。多くのゲスト・プレイヤーを起用した前作とは対照的に、レギュラー・バンドによる演奏を前面に出しており、ロック色の強い内容となっ...
 2018.11.04. 

ガラスのニューヨーク

edit-notes24.gif
Styx-Mr. Robotoミスター・ロボット (Mr. Roboto) は、スティクスの1983年のコンセプトアルバム『キルロイ・ワズ・ヒア(Kilroy Was Here)』に収録されているデニス・デ・ヤング(Dennis DeYoung)作詞、作曲による楽曲である。この曲はBillboard Hot 100の第3位を記録し、スティクスにとって1981年の"トゥー・マッチ・タイム・オン・マイ・ハンズ(Too Much Time on My Hands)"以来のヒット作となった。"ミスター・ロボット"は...
 2018.11.03. 

ミスター・ロボット

edit-notes24.gif

MENU anime_down3.gif